« 風曜日へようこそ | Main | はしだて印オイルサーディン »

April 23, 2003

桜だよりは終わったけれど

この欄でも紹介した京都新聞の桜だよりは4/13で終了。先週末遠来の客をもてなそうと思ったわたしは、遅咲きで有名な御室仁和寺に赴いてみました。

いろいろな種類の桜の花が咲いていて「桜だよりは終了」なんていうのがもったいないくらいでした。ソメイヨシノにはすごく日本的なものを感じるのですが、八重咲きの桜はなんだか西洋のお菓子みたい。。(古い表現ですが。。)
翌日は祇園方面めぐり。辰巳稲荷近くの川辺では、雨もあいまって夕方なんとも幻想的な雰囲気になっていました。まだまだ桜現役なり!
散歩の際にみつけて入ったのが京都大骨董祭の主催をされている吾目堂さんの店舗。ユニークなアナウンスで有名なのですが、アナウンスされているのは大津の吾目堂さんで、写真の祇園お店はお姉さんがされているそう。。アナウンスからは、吾目堂さんのお商売へのまじめな気持ちが伝わってきて、骨董祭の雰囲気がとてもいい感じになっているのです。祇園のお姉さんの方も、とっても愉快な方で、説明をきいていると、俄然周りにおかれているお皿が生命を宿したように生き生きとみえてきました。押しつけは全然ないし、ああいうやりとりがあってこそ骨董を買う楽しさがあるのではないかなと思います。店内もとっても広くてゆったりした気分でお道具をみさせてもらえます。挨拶のできない人はおことわりだそうですが、ふつうにしていれば全く敷居は高くありません。吾目堂さんのページはこちら。(2008年4月調べたら夢工房と名前がかわったようです。)

桜にあわせて、京都に。。というのをよくきくのですが、もちろん時期があえばそれもいいですが、ソメイヨシノのシーズンが終わってから京都にこられてもなんとでもなるものです。花の時期をあまり心配しないで、安心して京都にきてくださいね!

|

« 風曜日へようこそ | Main | はしだて印オイルサーディン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/6777765

Listed below are links to weblogs that reference 桜だよりは終わったけれど:

« 風曜日へようこそ | Main | はしだて印オイルサーディン »