« 黒谷和紙 | Main | 下鴨神社 »

April 28, 2004

四月の天神さん

四月の天神さん(北野天満宮の市 毎月25日開催)は日曜日ということで、最近着物に興味をもちはじめているK子ちゃん&M坊(といっても女子。一児の母。)が兵庫県から遊びに来ました。二人とは十歳くらい年が違うのですが、(向こうが下)、なんか落ち着いた趣味&すてきな感性でいつも居心地のいい時間が過ごせます。今回も二人のおかげでいいものをみつけられたので記しておきます。

阪急電車利用の二人とは大丸で待ち合わせ。最近てぬぐいを半衿に使ったりすることが多いと思うのですが、有名な永楽屋細辻伊兵衛商店にまだ行ったことがない、ということで、室町通を四条からずっとあがっていきました。途中、旧明倫小学校に。ここは鉾町の町衆によってつくられた立派な小学校建築で、その場所を利用して京都芸術センターというものが出来ています。最近他府県の方に建物だけさらっと紹介することが多く、なかの施設とか詳細にみることもなかったのですが、お二人の好奇心にひっぱられるように、今回じっくりみてみたら図書館には演劇関係の本(といってもクラシックなのばかりでなく、若手のもちゃんとあります。)だとか、かっこいい昭和映画のビデオだとか、シュヴァンクマイエルのDVDだとか並んでいて「これは利用しなきゃもったいない!」と強く思いました。映像資料は、その場でみるだけなのか、貸し出しもあるのか、そこはわからなかったのですが、本の貸し出しは2週間できるみたいだし、また改めて登録にでかけるつもりです。

Tama永楽屋さんを見学したあと、ちょっとおなかがすいてきたので、2年くらい前に行ったたま妓という大正時代の元商家の後を利用したお店に。以前行った時は、洋もののランチと和風の手軽な定食があり、いずれも1000円以内だったと思うのですが、今回はパスタランチ(値段不明)か松花堂弁当(1500円)の選択制。和風の手軽な定食の方は、日曜日ということもあったのかもしれませんが、見あたりませんでした。たま妓の和風の定食すきだったのだけどな。。再度日曜以外にチェックしないと。。(2008年秋現在、たま妓のページをみるとランチはかなりかわったようです。)

Tenten一応天神さんが目標のお二人ではありましたが、店じまいまでに着けばいい、という気楽なスタンスだったので、ぶらぶら歩きをしながらさらに北上。御所がみえてきたところで、K子さんが前から気にかけておられた京のてんてんというお店にも足をのばせば寄れるな、とまた寄り道。(この記事を書いたあと てんてんは移転がありました。ごらんになっている現在の場所はてんてんのHPでご確認ください。)

手ぬぐいをつかった手作りのかわいいのれんもすてきだし、
Ten2並んでいるものが、永楽屋さんのような老舗系ショップとはまたちがったcozyな魅力があり、ほんとに寄ってみてよかったです。うつっている巾着は裏表二枚のてぬぐい地でできているのですが、その色のあわせかた柄のあわせ方がとってもかわいらしい!
てぬぐいの生地は、反物単位でも売っているようで、自分でつくる人にもすごく楽しい刺激になりそうです。

Turu2その後、いよいよ天神さんへ!と、いさんで、堀川通を北上するバスに乗るも、途中下車した堀川今出川の鶴屋吉信のお休み処でさっさと休憩。
Turuエレベーターも設置されているようなビルの二階なのに、こんな坪庭も用意されていて、店内も広々。本当にゆっくりできます。お年寄りもわかいものも皆楽しめる懐の広いお店ではないでしょうか。評判のおぜんざいももちろんとてもおいしかったです!

Kitano天神さんについたのは、もしかしたら店じまいの1時間くらい前だったかも。。だけど、最後の投げ売りなどにも立ち会えて、ちょうどよかった感じ。北野をどりの昼の部を見終わった、きちんとしたなりの奥様方の姿も目にしたり、端午の節句にあわせて、かぶとなどの出品を多数みたり、天神さんにはその月その月の楽しみがあるものだ!と体感しました。

|

« 黒谷和紙 | Main | 下鴨神社 »

Comments

なんて楽しそうな1日なんでしょう・・!私は今日から着付け教室に通い始めました。ホントにてんやわんやでしたが楽しかった。小物を買いに呉服屋さんに寄るだけでもちょっと世界が広がった?感じです。半襟や柄足袋の生地を探しに京都に行ってみようかなっ。シュヴァンクマイエル、一時期結構見ましたよ。アリス、ファウスト・・対話の可能性っていうのが面白かった(確か)。チェコ映画は今でもついチェックしてしまいます。

Posted by: セロ | April 28, 2004 at 09:27 PM

セロさん コメントありがとうございます!
自分で着物着られたら ほんとに うちにある
おさがりの着物とかもうまく活用したりどんどん
自由にいろいろなことできそうですよね。
派手なブローチもらったのですが、帯留めによさそう。。
とか空想したりしています。
空想だけでなく、
着付けの心得があれば
もう自由にいろいろ実験できるんでしょうね!

シュヴァンクマイエル、セロさんの書いて下さった中で
「アリス」はみたことがあってすごく好きでした。
「ファウスト」は芸術センターにあったのを
おぼえています。その辺おさえていきたいです。

Posted by: ぽん | April 29, 2004 at 11:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/505193

Listed below are links to weblogs that reference 四月の天神さん:

« 黒谷和紙 | Main | 下鴨神社 »