« 下鴨神社 | Main | 曼殊院 »

May 07, 2004

上賀茂神社

「ふくよかなお子様」と、散歩を続けること約半年。学校のある時は朝一番に歩くのですが、ゴールデンウィーク中などは出かけるのが面倒になり、散歩の時間がずれこむこともたびたび。でかける時に気合いが必要になってきたりします。5月5日の連休最終日もそんな気分で、いっそ道をかえてみようと、かきつばた目当てで上賀茂方面に行くことにしました。

連休の初日に右京区の宇多野に用事があったとき、わざと直通のバスに乗らず、京福電車の鳴滝駅で降りて20分ほどぶらぶらしたらとても楽しかったので、今回も最寄りバス停でなく、叡山電車の二軒茶屋駅という上賀茂神社からみると奥の山にあたる場所で下り、そこから山をくだっていきました。京都産業大学の前やゴルフ場の横をバス通りに沿って30分強ほど歩いているうちに上賀茂神社前に到着。

横道から上賀茂神社に入ろうとすると縄のようなものが張り巡らされ、それまで気づいていなかったのですが、その日は、「競馬会神事(くらべうましんじ)」の日だったんですね。きいてみると2時からはじまるとのこと。ちょうど1時頃だったので、お昼を食べて、神事を観覧することにしました。

Yakimochiお昼を門前のそばやさんですませて、ちょっとデザートがほしくなったもので、やきもちの有名な神馬堂へ。自分の前には15人くらいの人。ちゃっちゃとまわるかな、と並んでみたのですが、てづくりのおもちってなかなかすぐにできるものではないのですね。写真左側に小さな白く丸いものが並んでうつっていますが、これがお餅を焼いているところ。「ああ やっと焼けた!」と思ってから、包みはじめられるまでがまた一拍(あるいは五拍ほど?)あるんです。どうやらちょっと冷ましてから包まれているんですね。水蒸気とかついてしまうからでしょうか。。でも本当にその場で焼いておられるから香ばしい香りがすごい!どうしてでも焼きたてのおもちを手に入れたくなってきます。

「せっかく並んだんだから」ということでしょうか、一挙に30個買い、なんて人がざらにいて、さらに悪循環に。一回に焼けるお餅が50個ほどなもので、自分の番はなかなかまわってきません。そこにいる人たちは「並んでいる内にくらべうまが始まってしまうのでは?」ともうじりじり。わたしもじりじり熱が伝染し、30分ほど並んだあげくに結局断念。香りをかいだもので、中途半端に未練だけ残してしまいました。

Kurabeumaさて、肝心のくらべうま。これは赤軍黒軍にわかれて、競馬をする行事です。しかし、きいていた二時になってもなかなかはじまらない。。やっとはじまったと思ったらまず赤軍がゆっくりと出発地点まで練り歩く。その後また間をおいて、黒軍が。(写真は練り歩く黒軍の姿です。)そして解説の人までがじりじりして「早く出発しろ!」とどなるまで(なぜかこの声がマイクにはいってしまっていた。。)なんだか悠長でなかなか競走がはじまらないのです。多分一番手の馬が走ったのをみたのは、3時前?もう一日仕事。そのゆっくりさは平安時代のノリなのか、動物を使う行事だからか。。

さすがに馬が駆け抜けていくところは迫力があるのですが、自分の前を通り過ぎるのはほんの一瞬。なぜだか、二頭がばらばらに走ってきたり、一頭がいったあと、二馬身ほど遅れて競争相手がスタートしたりして、どっちが勝っているのだかわかりずらかったり。。二回ほどレースをみた時点で「帰ろうか。。」となった人が多かったみたいです。

Kamigamoそんなこんなで、本来の目的である、かきつばたの大田神社へと向かったのですが、その時みえたのが上賀茂神社東側のこの風景。そう、行事以外の時に来る上賀茂神社は本来広々していて、すがすがしい水が流れる、リラックススペースなんです。下鴨神社のことを書いたときも「普段の顔の下鴨神社が好き」とコメントしてくれた人が多かったのですが、上賀茂神社もやっぱり特別な日でない日に来る方がいいかもしれないなぁ。。やきもちもまだ買いやすそうだし。。

かきつばたは5日現在7分咲きとかいうことでした。平安時代から自然にそこに育って天然記念物になっている大田神社のかきつばた。群生しているものって写真が難しいですね。

Kaki1
Kaki2

2015年秋付記:最近大田神社見学はカキツバタ育成協力金300円が必要になっているようです。

|

« 下鴨神社 | Main | 曼殊院 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/553514

Listed below are links to weblogs that reference 上賀茂神社:

« 下鴨神社 | Main | 曼殊院 »