« 全国和紙展 | Main | 辰巳芳子さんの講演会 »

June 08, 2004

曼殊院

一乗寺下り松町といって宮本武蔵ゆかりの地の名のついたバス停が割合近くにあるのですが、観光客の方がちょっとした山登りくらいならできるような格好でたくさん降りられ、歩いておられるのをよく見かけます。先日そんな方々にまざってちょいと散歩してみましたのでご報告いたします。

バス停のある白川通はツタヤやスーパー、パチンコ店にカフェなどが雑多に立ち並びにぎやかな通りなのですが、白川通からちょっと山(東)の方にはいると途端に蔵のある細い道、清水の流れる溝など旅情!という感じの風景が広がります。

地図で見て、そのあたりの散策のちょっとした終点の感のある曼殊院をめざして歩いてみたのですが、比叡山の山なみともいえるあたりの道は勾配がきつくて、晴れるだけ晴れて蒸し暑い日に歩くにはあまりふさわしくない感じ。

どういうわけか息があがってしまい、ほんとに毎日散歩しているのか主人にうたがわれた頃
突然、道がゆきどまりになり目の前に曼殊院が。

そして、目に飛び込む曼殊院前の弁天さんの境内の緑。なんとすがすがしくほっとしたことでしょう。。ここで一息ついていいんだよ、と声をかけられているようでした。

近くにありながら、曼殊院をおとずれたのは多分生まれてはじめてだったのですが、今まで両親にも連れてきてもらわなかったのは、ここに至る急勾配のせいかな、などとも思いました。

お寺の中に入ってしまえば、天井も高くとても広々していて、すずやかで、なるほど日本家屋というのは冬より夏すごしやすくつくられているのだな、と実感。

さて、曼殊院の特色は門跡寺院といって、皇室一門の方々が住職であったことを意味するそうなのですが、たとえば鴨居の部分にも菊があしらわれていてその彩りが凝っていたり、

お部屋のちょっとした部分にも細かい細工がほどこされ、職人さんの技をみる、という意味でも楽しい寺院でした。

そして、曼殊院で特筆したいのは、売店。掲示板でも高山寺の鳥獣戯画グッズや、奈良の法華寺の犬グッズにひかれる、というおはなしで盛り上がったりもしたのですが、こちらも、曼殊院印のグッズが多数。だからといって商売っぽい感じでなく、そこは宮様のお寺、なんだか鷹揚に「お気に召すものがあればご購入いただいても結構ですよ」というさりげない感じが漂っていました。わたしたちが深くひかれたのはお香。「洛北曼殊院薫香」などと、いかにも他では買えない名前のお香もありましたが、きゃーっとなったのは「親王」という名前のお香。さすがさすがのネーミングです。売店で販売していることとあたかも関係がないように、庫裡でお香がたかれていて、それがとてもいい香りをしていて結局はそれにつられてお香を買っていた私たちですが、おしつけがましくない、あんなやり方ならいくらでものせられたい!(ホームページには香の寺、であるとも書いてあったので有名なのでしょうね。。)

そして、なんといってもうれしかったのは、売店にいらっしゃった方がとっても親切なこと。時々京都のお寺では、一日中観光客の相手でつかれているのか、いい思いをしないことがあるのですが、ここはまたなんとゆったりしたお寺であろう!という好印象に寄与しました。

そうそう 重要文化財クラスのものがすごくさりげない感じで並べられているのも鷹揚な感じでよかったですね。カメラも三脚や一脚などの床に傷をつけるものさえつかわなければOKだし、(もちろんご本尊など撮影禁止のものもいくらかありますが。。それは当たり前。)とにかく苦労してのぼっていく価値のあるお寺だという思いを強くしました。。苦労してのぼるからこそゆったりできて楽しいという部分もありますね。

曼殊院、以前は幽霊の掛け軸を所有していることで有名で、たしか限られた日程でしか公開されていなかったとは思うのですが、実はそれがこわくて大人になって自分一人で来られるチャンスにもあまりおとずれなかったのですが、今は滋賀のお寺にその掛け軸はかえされたそうで、こわがりのあなたも安心しておとずれることができますよ。

今年の9/1~12/5には「上之台所」特別公開というのが行われるそうです。上之台所とは、特別な来客を接待する時にだけ使われる特別な厨房ということで、「都の文化を今に伝える唯一の遺構」とパンフレットにかかれています。9/29~10/3までの間は重要文化財の立花図特別公開と生花展もあるようで、そういう機会におとずれるのもいいかもしれませんね。

。。冒頭に書いた軽登山風のひとびとは、曼殊院くらいは軽く訪れられてその後比叡山とかでも平気で向かわれたりしているかもしれません。登山の格好まではする必要はありませんのでそのつもりでお越し下さい。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/733199

Listed below are links to weblogs that reference 曼殊院 :

Comments

Post a comment