« gris-grisはいずこに? | Main | 恋におちたシェークスピア »

September 21, 2004

茗荷

大人になってからおいしさに気がついたものの代表格に茗荷があります。

一筋縄ではいかない、あの不思議な風味。

いつも大阪の店に行くときに、四条河原町のタカシマヤの地下の古市庵おむすび紀行というところでおにぎりを買っていき、ささっと二人がけの椅子でたべることが多いのですが、この夏のお気に入りは茗荷とちりめん山椒をあえたもの。もうさっぱりしておいしいのです!9月に入ってからそのおにぎりが消えてしまい、茗荷の季節は終わりかな。。と思っていたところ、市場などでは大ぶりの茗荷もみかけ、「茗荷の旬っていつ?」って思っていたら、

れもんさんのblogで、おいしそうな茗荷のレシピが紹介されていました。(こちら。)

調べてみるとどうやら夏茗荷と秋茗荷の二種類があるんですね。(こちら参照)今日もお漬け物屋さんのちらしに茗荷のおつけものが載っていたし(こちら参照)、いまは秋茗荷が楽しめる時期なんですね。

ちなみにれもんさんは岩手の方なのですが、
今日読み終わった「北東北のシンプルをあつめにいく」という本にもお隣の秋田の献立がいっぱい載っていて、夏にはどじょう鍋に入れる茗荷の話が紹介されているし、10/20の献立のところには、ゆでた茗荷の繊切りなどにきのこの辛煮を煮汁ごとかけて食べるお料理がきれいな写真と一緒に紹介されていて楽しいです。
雑貨の本に時々あるうわついた感じがなくて、本当にそのものの味わいをそのものらしく味わうタッチの本で好感がもてます。
 
そして二年前の東北旅行の時、れもんさんとお会いした盛岡のこともたくさん紹介されています。すてきだった釜定という南部鉄器のお店(こちら参照)、白沢せんべい店の南部せんべい、そして時間の都合でいけなかったけれど思いがつのるばかりの光原社。

今年の夏行ったばかりの角館のこと、大館の比内鶏のこと。買おうかと思っていた曲げわっぱのこと。行くたびに知る度にどんどん東北が好きになっていっている自分にうってつけの本です。
kitatouhoku.jpg「北東北のシンプルをあつめにいく」と、北東北とはいわないだろうけれど、今年鳴子で買った小皿。アイスをのせても、お料理を載せても映えてすごく重宝しています。東北の魅力にうっとりの私。

|

« gris-grisはいずこに? | Main | 恋におちたシェークスピア »

Comments

れもんさんのところに初トラックバックした記事なんですが、トラックバックしてから本文の修正をすると何度もトラックバックしたことになってしまうようで。。

上の文章、タカシマヤで買ったおにぎりは阪急電車の二人がけの椅子でたべるのですが、電車って部分がぬけていて、「え?どこの椅子」って感じもなきにしもあらずですね。。でも修正するとまたトラックバックになっちゃうのでここに書いておきます。。

Posted by: ぽん*管理人 | September 21, 2004 at 05:21 PM

ぽんさんトラックバックありがとうございます。

みょうが~詳しく調べていただいて感激ですし、
さすがぽんさんの記事は素敵です。

川上さんがエッセーで春みょうがについても
楽しく書かれていたのですよ~。
そして秋のみょうがを使っての料理。
川上さんのリズミカルな文章につられて作ってみたら
とてもおいしかったのです。

ぽんさんの記事に私の名前があって驚いたり嬉しかったりで
ひとり赤くなっていますが
本当にぽんさんが東北を好いてくださって嬉しいです~。

大曲の花火にもトラックバック飛ばしてみました。
私もトラックバック初めててどうなるのかなぁ~
と思っていたのですがなるほど便利なものですね。
blogにしてよかったなぁ~と思いました。

「北東北のシンプルをあつめにいく」!!
も欲しい!です。探しに行って見ますね~。

Posted by: れもん | September 21, 2004 at 06:10 PM

初トラックバック れもんさんのおかげで挑戦することができました。
(いままで自分の記事でしかしたことがなかった。。しかも一方通行なトラックバックの仕方でした。。)

川上さんの本読んで、ほんとお料理好きそうな感じがしてたんですが、やっぱりなんですね。わたしもまねしてみたいな。。好みの感じがします。

大曲の方もありがとうございました!
「北東北~」にも大曲何度か出てきます。「北東北~」に、五城目というところが載っているのですがここにも行きたくなってます。また写真も載っている光原社の朱と黒の塗り分けのお椀っていうのがすごくかっこよくていいなぁ。。って思っています。

Posted by: ぽん*管理人 | September 21, 2004 at 10:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/1487468

Listed below are links to weblogs that reference 茗荷:

» なすのお味噌のあれ [れもん めもりぃ]
日本経済新聞の日曜日に連載中の 川上弘美さんエッセー『此処 彼処(ここかしこ)』 [Read More]

Tracked on September 21, 2004 at 05:36 PM

« gris-grisはいずこに? | Main | 恋におちたシェークスピア »