« 珈琲の香りにつつまれて | Main | ふや町映画タウン付近 »

December 08, 2004

【映画】「誰も知らない」@COCON KARASUMA 

京都にかって朝日シネマというミニシアター系映画館がありまして、惜しまれつつ閉館したのですが、復活をのぞむ声に支えられこの12月4日に「京都シネマ」という名前で再開しました。「京都シネマ」の入っているのは四条烏丸のCOCON KARASUMAという新しいビル。今日は前からみたかった映画「誰も知らない」が再映されるのをみにいきつつ、COCONの偵察に行ってきました。

まずは映画の感想から。4人きょうだいの物語で、長男役の男の子がカンヌで受賞していましたが、どの子も(そしてきょうだい以外の出演者も)監督の表現したいことを的確に表現できる人材だったと思います。わたしの苦手なつくったような子役はひとりもいなくすごくナチュラル。結構過酷なおはなしなのですが、わたしが思ったのは自分の生きている世の中ってかっちりした制度のもとにある、と思っているのは実は勘違いで、世の中、制度の中なんかに組み込まれない現実がたくさんあって、実はかっちりしたものなんか何もなくて、その中で尊いのはとにかくなんとかかんとかどんな形でも生き延びていくこと。。生き延びていくことが人生だ。。とこんなことでした。

松尾スズキさんの「宗教が往く」を読んだときもそういう感想をもちました。この映画とはタッチが全然違うし、この映画の方がグロテスクな部分がなくてナチュラルな気分で味わえるのですが。。。

そして過酷、と書いたのですが、過酷の原因を作っているお母さんをYouさんが演じていたのですが、彼女が演じることで、ああこういうことあるかも。。というリアリティがすごくでていましたし、きっついいやな話にもならなかった。。

パンフレットを買ったら宇野亜喜良さんが映画の中で移りゆく季節の話を書かれていたのですが、わたしもこの映画に出て来る季節感がすごく好きでした。特に春先、雑草の花が咲いているのをみつける時の感じとか、夏の終わりの虫の声とか。。本当にその季節に自分がいるようななんともいえない気分になるんです。

ゴンチチの音楽も、透明感あふれる画面も、このおはなしをしんどいものにしなくて、かなり長い映画なんですが、観客を最後までじっと見守る気持ちにさせていたと思います。こどもたちも四季に応じて成長がみてとれて、とても丁寧に撮られた映画なんだなぁと痛感しました。うーんこれもすばらしくて印象深い映画でした!一生心に残りそうです。

さて、ビルの話にうつって。。
cocon.jpgcoconはこんなビル。京唐紙の「唐長」さんも入っているのですが、唐紙を思わすような壁面。
お香のlisnがはいっていたり、一乗寺のラーメン屋さん天天有がはいっていたり、今まで京都市の北のエリアに行かないと味わえなかったものが、町の中心部で味わえるようになった、というところに特徴があるように思います。天天有は一乗寺のお店は夜だけの営業で今まで自分は行けなかったのですが、coconの方はお昼もやっていて味わえてうれしいです。

映画館も本当にたったばかりのいいにおいがとてもしていて居心地がよかった!3シアターあるんで、ちょこちょこ行きたいな~と思っています。

|

« 珈琲の香りにつつまれて | Main | ふや町映画タウン付近 »

Comments

京都シネマ、音響がすごく良い!って聞きました。新しい劇場ってだけで居心地いいですよね~。
ぽんちゃんは会員なんですか?私はDM貰ったけど、プレミアム会員に成る程映画好きって訳じゃないし、
どんな映画をもってくるのか?見てからかな・・と考え中。
ハリウッド大作は気に入れば大きなスクリーンでみたいけど、京都シネマがチョイスするようなヨーロッパ物~邦画、は絶対。。という気持ちにならないからねぇ。
特に今までは、みなみ会館しかなかったから、椅子が古いからって理由もあったので。。
近々、ココンは覗いてこようと思っています。
ラーメンやさん、お昼間は女性客が多いって聞きましたよ。
本店はちょっと行きにくいから。。ここなら、って気持ちなんでしょうか?
そうゆう私も食べに行こうな、、とたくらんでおります(笑)

Posted by: しまにゃん | December 09, 2004 at 12:11 AM

こんばんはー初めまして!
私も京都在住なのでとっても楽しくこちらのブログを拝見しておりました。
京都自転車生活という本、私もお薦めの本としてサイドバーに置いているんです♪一緒で嬉しくなってしまいました。
cocon、行ってみたいなあ。ほんと、北にあるお店が街中で楽しめるって感じなんですねー
ではまた遊びに来ます(^o^)丿

Posted by: ilikewalking | December 09, 2004 at 10:18 PM

>しまにゃんさん
はい プレミアム会員になりました。
レディースディ(っていうかあそこは
このあいだの水曜男女とも1300円とか
書いてあったけど。。)も
会員はさらに安くて、
会員が損しないようにできてる感じでした。
(あ 2枚招待券ももらったし
このあいだは招待券で入場しました。)

もうひとつやってる
「みんな誰かの愛しい人」
http://www.gaga.ne.jp/dare-ai/

「ディディエ」の、
犬を預けられた人が出てるよね。
(ジャン ピエール バクリ)
こっちも興味があります。

>ilikewalkingさん
コメントとトラックバックありがとうございます!
実はすてきなblogだな~とちょくちょく
のぞかせてもらっていたので
ご縁ができて本当にうれしいです!

「キョウト自転車生活」よい本ですよね~!
わたしがしょっちゅう行っている
ふや町映画タウンも紹介されていたし。。
なんかお店とか
共感できるチョイスなんですよねー。

わたしもそちらにうかがいますね。
トラックバックとかコメントとかしたいなーって
思っています。
どうぞよろしくお願い致します!

Posted by: ぽん | December 10, 2004 at 08:23 AM

プレミアム会員だったら、どこかに名前の張り出し?かなんかあるんでしょ?
私は一応、普通の会員になるかな・・?と思ってます。
「みんな誰かの愛しい人」よさそうですね。

Posted by: しまにゃん | December 11, 2004 at 12:02 AM

もうプレミアムの方は締め切られたと思う。
お名前のはりだし いやなひとは断れるのだけど
そのままお願いしちゃった~!
またわたしの名前チェックしてみてね!
ハンドルとかでもよかったみたいだけど
さすがにこのハンドルはなー。。

わたしマクドナルドの人体実験映画も
いきたいわー!

Posted by: ぽん | December 11, 2004 at 08:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/2201035

Listed below are links to weblogs that reference 【映画】「誰も知らない」@COCON KARASUMA :

» 【DVD】《誰も知らない》 [まぁ、お茶でも]
昨夜から、二日がかりで《誰も知らない》を見ました。 映画は、淡々とした長回しが多く、とても重い主題(子捨て)でした。映像は、手を差し伸べたり、行政にゆだねることは、一切否定し、それでも母親を信じて、健気に毎日を送っている兄を中心とした家族(そう呼べるのかどうか?)。 ... [Read More]

Tracked on July 20, 2005 at 10:01 PM

« 珈琲の香りにつつまれて | Main | ふや町映画タウン付近 »