« 【映画】カンフーハッスル@MOVIX 京都 | Main | 関美穂子さんの型染め作品展@アトリエ箱庭 »

January 21, 2005

哲学の道のカフェ 「Margaret」

*Margaretは閉店しました。(2012 秋追記)

冬休みが終わったかと思ったらいきなり成人の日の三連休。
お子様をお持ちのご家庭は今週になってやっと「ペースが取り戻せた。。」という感じではないでしょうか。。
まさに私がそういう気持ちで、今週は早々から前から行きたかったお店を探検しました。

それは哲学の道の法然院近くのオーガニックカフェ Margaret.
掲示板でお子様もお持ちの男性Pさんがお父様と寄られたところ、かわいらしい外観にもかかわらず男性二人でも充分なじめる雰囲気だった、そして、フードメニューがしっかりしていた、と教えて下さったので、近所の方と行ってみました。

margaret手作り感覚あふれるかわいらしい玄関をはいると

marga2木を基調とした広々として落ち着く店内。石油ストーブのぬくもりがとってもあったかい!

marcurrおひるごはんに頼んだカレーは、野菜の味が濃くて元気な感じで食べていてゆったりした気持ちになりました。添えられているパンがとってもおいしかった!
他にも納豆チャーハンやらサンドイッチやらのメニューが載っていました。
ランチ 850円~。

手作りっぽいカフェって、なんかチャーミングな人のおうちに行ったような気分になり、お手洗いをみるのもなぜだか楽しみになってしまうのですが、ここもとってもあったかいのだけどシックで手入れの行き届いた感じになっていて嬉しかった!さらに喜びが増したのが、私の大好きな監督ウディ・アレンの写真が飾ってあったこと。久しぶりのおともだちとゆっくりした時間を過ごせて、本当に気持ちのよいカフェだなあと思っていたのですが、帰り際入ったトイレのウディ・アレンの写真でもうすっかり参ってしまいました。哲学の道方面に行ったときは一番に寄りたいカフェに。

markan哲学の道に出ているこの看板が目印。

|

« 【映画】カンフーハッスル@MOVIX 京都 | Main | 関美穂子さんの型染め作品展@アトリエ箱庭 »

Comments

お久しぶりです。
神戸にお引越ししてくる前から何度か京都を訪れたことがあるのに、いまだに銀閣寺に行ったことがない(=哲学の道を歩いたことがない)わたしです。
もうあこがれいっぱい、行ってみたくて、歩いてみたくてたまらないのに。不思議です。
このお店、夢が実現したときにはぜひランチさせてもらおうっと。迷子というマッチのお店も雰囲気ですねー。良いお店教えていただけて嬉しいです。

Posted by: umi | January 27, 2005 at 02:50 PM

umiさん コメントありがとうございます!
銀閣寺~哲学の道 まだ歩かれたことなかったですか!
うちやふろりんさんのところから
一番近い観光地ではないかしら。。

Margaret サンドイッチもおいしいらしいです。
迷子は 昔から有名な「OTENBA KIKI」という
洋館の喫茶店(いまは「GOSPEL」という名前になっています。)の一階にあります。
きっちり紹介してあったサイトをみつけたので
載せておきます。
http://www.lookpage.co.jp/topics/no021102/maigo.html

Posted by: ぽん | January 27, 2005 at 10:33 PM

ぽんさんこんにちは。

umiさんはじめまして。
こちらの紹介でumiさんのほんとうに素敵な通信や
芦屋での展覧会の様子など
ため息混じりに拝見してました。
これからも、どうぞ、ときめく作品を
誕生させてくださいませ。

さてぽんさん
草間彌生展の後
近美でお茶することも考えたのですが
あまりのよいお天気に
自転車をチャリチャリこいで
「Margaret」まで行って参りました。
そして、見つけてびっくり!
その昔、働き始めの腰かけ仕事(!)の職場の民が
仕事の終わりに愛用していた
「ボビー・ソクサー」という店のあったところだったことに。
アメリカンな店名ですが、ピザやパスタのおいしいお店で
素晴らしく賑わっていたことを思い出します。
有能な先輩方に憧れながら
そのお店のご夫婦にも憧れておりました。
その後、いくつか、お店が変わったようですが
通りを2~3段降りてお店に入るあの感じ
まさにまさに。。。。

そして「Margaret」
またまた、時間的に、貸しきらせていただけて
メニューでおすすめのウィンナコーヒーをいただきました。
ひざ掛けをお尻の下に敷くように持ってきてくださったり
微妙にストーヴを調節してくださったり
そのさりげなさが、いい感じ。
いただきたい品がいっぱいあって
次回はぜひ。。。。

「迷子」
いつも気になりながら、うかがったのは1度だけ。
子どもの頃の、日暮れに一人ぼっちの
心細さとワクワクするような感じが
入り交じったあの感じを
大人になって、知と美の中で思い出せるような
そんなお店でした。

Posted by: wind | January 29, 2005 at 02:47 PM

ああ ボビーソクサー!
銀閣寺の本屋さんで高三の春休みはじめてのバイトをしたとき
大人っぽいバイトさんが
「ボビーソクサーいいよ」とおっしゃってたのを
思い出しました。
彼女の雰囲気からしてよい店だろうな~と
思っていたのを思い出しました!

Margaret本当に居心地いいよね~。
石油ストーブのぬくもりがなんともいえずいい!

「迷子」も題材にされている関さん
関田町かどこかに住んでられるみたいで
自分のみじかなもの 他にも題材にされていそう。。

Posted by: ぽん | January 29, 2005 at 07:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/2649976

Listed below are links to weblogs that reference 哲学の道のカフェ 「Margaret」:

« 【映画】カンフーハッスル@MOVIX 京都 | Main | 関美穂子さんの型染め作品展@アトリエ箱庭 »