« ふゆのshizuku | Main | 【映画】カンフーハッスル@MOVIX 京都 »

January 07, 2005

狸谷山不動院

tanukiお正月、一乗寺の狸谷山不動院というところにお参りに行きました。場所は詩仙堂などの辺りをどんどん山の方につきすすんだところにあり(地図はこちらのサイトに)、写真の清水寺のような建物、かなり高いところに位置していて京都市内が一望できます。

狸谷のお不動さまは眼光鋭くすごく迫力があります。本当に自然に頭がさがる感じ。何段もの階段をのぼっていく形になるのですが、登り終わった後は爽快感があります。宮本武蔵ゆかりの滝などもあり、一度訪れられるとよいスポットかもしれません。

掲示板でもはなしが出ていたのですが、奥の院の裏山は、北は比叡山、南は北白川にも通じる自然歩道。ちょうど狸谷の奥には勝軍山城の跡があって、いつもここにたどりつくと山ばかりのところに突然史跡があらわれてはっとするんです。鎖場なども体験したい人はできるようになっていて、まさに掲示板に話が出ていた通りの「野趣あふれる場所」。検索していたらふーむさんという方がこの勝軍山城についてとても詳しくまとめておられたのでぜひこちらもごらんになってみてください。あの道を通られたことのある方なら大変興味深く読むことができますよ。

200601030854000最近、かわいらしいお守りを紹介した本などもでているようなのですが、狸谷さんで売っているわらじの健脚お守りがまたとてもかわいらしいです。お守りファンの方にぜひみていただきたいなぁ。。

nobotokeそして狸谷さんの帰り道、いつも心惹かれるのがこの野仏庵。いつも狸谷さんで全精力を使い果たしてしまって外から「よい感じだな~」と思うだけなのですが、いつか中でゆっくりしてみたいです。去年もこちらの前を通って看板を読んでいたのですが、その時はなんにもおもわなかった「新撰組に追われて」のフレーズが、2004年の大河を楽しんだ後の私の目にはそれだけ太字で書かれているかのように飛び込んできました。一年前の自分と一年後の自分 大きくはかわっていないけれど、同じ看板をみてのリアクションに変化が起きている。。それがなんだか感慨深かったです。

大変な災害も起きていて、のん気な話をしている場合ではない感じですが、皆がのんびりできる年になってほしいなと心から願っています。どうぞ今年もおつきあいのほどよろしくお願い致します。

|

« ふゆのshizuku | Main | 【映画】カンフーハッスル@MOVIX 京都 »

Comments

ぽんさん、あけましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いします(^^)/
実は私はお守りファン?(笑)今回記事で触れられていて嬉しかったです!わらじ~お守りに興味しんしんです♪(私は結構集めてしまうタチで、今10個以上あります。)昨年もぽんさんの記事には感嘆させられるばかりで毎回楽しく拝見させていたのですが、今年も早々に素敵な記事と写真をありがとうざいます♪

Posted by: tomo | January 07, 2005 at 10:28 PM

すみません、誤字ありましたー。
下から二行目。
「毎回楽しく拝見させて頂いていたのですが、」
の間違いです(;^^)ごめんなさい!

Posted by: tomo | January 07, 2005 at 10:31 PM

お~ お狸さんですね
10年ほど前まではここがσ(^_^)の初詣の定番だったのですが
最近はちょっとご無沙汰してます
たしかにあの階段登り切るのは大変だけど、
登り切った後は景色も良くって爽快ですよね

ここは車の交通安全の守り神というか、
車のお祓いでも有名ですよね
σ(^_^)も車買ったらまずここで祈祷してもらいます
そのせいかお正月はあの車すれ違うのがやっとの
坂道が大混雑、その間を縫って人が歩くもんだから
けっこう大変です

しかし奥の院からの山道、いまだに未踏の地です
今度歩いてみようかな

Posted by: ふぃりっぽ | January 08, 2005 at 12:14 AM

tomoさん ふぃりっぽさん
コメントありがとうございます!

>tomoさん
おお お守りファンでしたか!
よくみるとほんとにかわいいお守りってありますね。
わらじの、ストラップみたいにつけたい感じでしたよ!
息子がひいたおみくじになっているお守りも
かわいかったです。
なんか財布にはいるくらいの
小さな守り神がはいっているのですが
息子がひいたのは金色のゼニガメでした。
息子は動作がすごくゆっくりで
ネットであそぶときのハンドルも「カメ」なんで
びっくりしてしまいました。
またかわいいお守りがあったらご紹介しますね!

親のわたしもひどくゆっくりになってしまいましたが
本当に今年もよろしくお願いします!

>ふぃりっぽさん
うんうん あちらのお札がはってある車
ほんとによくみかけるねー。
あちらのご祈祷 
車の方は未体験なのだけど
ほら貝とかならされたり
火を使われたり 迫力ありますね。

奥の院からの山道 三十六童子というのが
まつられていて、少し熊野古道も
思い出しました。
こちら↓に三十六童子のこと載っています。
http://www.geocities.co.jp/Athlete/4001/yama8.htm

windさんも掲示板でちらっとおっしゃってた
バプテストからの道のことも載っているけれど
あの道は結構静かでひとりではよう行かんなぁ。。
あ 狸谷の裏山も ひとりよりは誰かと。。って
でも よく考えたら大文字もひとりでは登ろうと思わないし
どこでも私にとって山ってそうなのかな。。

Posted by: ぽん | January 08, 2005 at 07:36 AM

あけましておめでとうございます!

昨年はぼんさんのおかげで、ワタシのサイトにどなたでも書き込みが出来るようになり(←ホントです)ありがとうございました。
あと、ぼんさんのブログを読んでいたら北白川にまた行ってみたくなり、お正月にダンナの要望で八坂さん、清水さんから一乗寺付近までまわって帰りました。時間潰しに寺町通りをぶらぶら…。
さすがに人出も多くて、寒くて大変でしたが、またオフシーズンに年内ゼヒ訪れたいな〜と…。
お店とかは変わっているけれど、ずっとそのままの所もあって、とても懐かしかったです。
では、本年も宜しくお願い致します〜!!!

Posted by: garam | January 10, 2005 at 04:53 PM

garamさん コメントありがとうございます!
わたしももとからの知り合いの方と
トラックバックしあったり。。っていうのは
あったのですが、
トラックバックで知り合ったのは
garamさんがはじめてで 
ああ こんな感じなんだ~って感動しました。

garamさんのとりあげられる映画
ほんと好みの感じで、いろいろそれの派生情報も
載せておられるのがとてもすてきなので
今年も楽しみにしています。

お正月の清水さん付近ってすごいですよね。
東大路通もぎっしりで。。

寺町はわたし大好きです。
(二条のあたりがベストかな~。。)
またゆっくり来て下さいね~!

Posted by: ぽん | January 11, 2005 at 08:21 AM

ぽんさん

こんばんは!
別ブログの「下妻物語」のところへTBありがとうございました〜。
あちらのサイトが、日記のような感じで「お茶」と「映画」中心にだらだら書いていて、
review review reviewに、映画と読書系をデ−タベ−ス的にまとめています。
楽天だとAmazonへのリンクがNGなので、紹介出来る画像が少ないのと(特に書籍)、検索が出来ないのと…メンテが多くてちょっと不便で。
どちらでもごゆるりと、お越し下さいませ!

寺町…少し落ち着いていて、大好きなんです。
学生の頃は、今出川からてくてく四条まで歩いてました。
今度はゆっくり宿でもとって、行きたいです〜!


Posted by: garam | January 12, 2005 at 03:31 AM

ブログのつかいわけ上手にされていますね。

観た映画のリストを、と友人にリクエストされたとき、garamさんのサイト管理がヒントになってわたしも映画メモという形で別の場所にまとめはじめています。
http://blog.kansai.com/momerath

でもあたらしくみた映画はどっちに投稿しようと思っちゃったりもしますが、まぁ結局こっちは日記っぽくあっちはデーターベースっぽくしようか、なんて考えてます。
garamさんのココログの扱いと反対パターンかな。。

今出川から四条まで寺町沿いを。。
おお 自転車ではよく通ります。
ちょっと今出川~丸太町は歩道がせまくて
はしりにくいですが。。って自転車はほんとは車道か。。

Posted by: ぽん | January 12, 2005 at 10:48 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/2502234

Listed below are links to weblogs that reference 狸谷山不動院:

« ふゆのshizuku | Main | 【映画】カンフーハッスル@MOVIX 京都 »