« 哲学の道のカフェ 「Margaret」 | Main | 一乗寺、高野 »

January 21, 2005

関美穂子さんの型染め作品展@アトリエ箱庭

恵文社においてある型染め蔵書票にいつもほれぼれしている私。関美穂子さんという京都在住の方が作っておられて、その展覧会が大阪 北浜のアトリエ箱庭というギャラリーで開かれると知って、訪れてみました。

hako1地下におしゃれっぽいお店(写真にうつっているお店がそうです。)がはいっている豊島ビルという古くて小さなビルの301号室にアトリエ箱庭はあります。

hako2ちゃんと探さないと見落としてしまうようなマンションの一室で営業されていて、

hako3扉をあけると本をじっくり座って味わえるお部屋空間が広がっているところは京都のアスタルテ書房を思い出したりも。。(アスタルテは古本もおいてある私的応接室のような書房ですが、箱庭は古本のあるカフェという感じです。)

sekitenu普段みる関さんの作品は小さな蔵書票だけなのですが、この展覧会では、てぬぐいやらマッチやらわたしには目新しい分野でまたまたすてきな作品が多数展示されていて、小さな展示室なのですがとても堪能できました。

sobachoko珈琲をいただいたテーブルにも関さんの作品が、テーブルクロスのようにしかれていました。箱庭さんには70年代の芸術系の雑誌が割合多く、興味深く読むことができましたし、適正な価格で販売されていて好感を持ちました。

sekimatchすばらしい作品群の中で特に気に入ったマッチ作品。右は京都の美容院の、そして左は銀閣寺のアンティーク+古本喫茶 「迷子」のマッチ。表と裏は違う絵が描かれていてとても凝っています。(美容院の方の裏は図案化されたハサミや櫛の絵でした。)「迷子」の存在自体 近所に住んでいながらも、何年も知らずにいて、掲示板で教えてもらっていってみてその本の傾向の楽しさなど「大発見!」という感じだったので、こちらでまた出会えてとてもうれしかったです。関さんも行かれているのですね。あのお店。
箱庭さんにはまだまだ他にいっぱいのバリエーションのマッチがありましたので、ぜひじかにみていただきたいと思います。

アトリエ箱庭での展覧会は2/6(日)まで午後1時~8時まで。火曜 土曜は休廊。型染め体験講座が開催される日もあるようです。(1/23と2/6に午後3時~5時 要予約 06-6203-5877) 

|

« 哲学の道のカフェ 「Margaret」 | Main | 一乗寺、高野 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/2650645

Listed below are links to weblogs that reference 関美穂子さんの型染め作品展@アトリエ箱庭:

« 哲学の道のカフェ 「Margaret」 | Main | 一乗寺、高野 »