« 【映画】モーターサイクル・ダイアリーズ | Main | 【カフェバー】Annabel Lee »

March 10, 2005

京都の休日~【映画】バレエ・カンパニー

この2月から新しい仕事について慣れない日々、更新もままならぬ毎日を送っていたのですが、昨日と今日はひさしぶりのお休みで、映画や京都の町を楽しめる時間を持て、とても楽しく生き返った心地でした。

2005umeこの二日間、特に昨日は天気も良くてうちの近所の梅もこんなにきれいに咲いて、ずっとスティービー・ワンダーの往年のヒット曲「ファンディ」が頭の中で鳴り続けていたのですが、調べたら廃盤のようですね。もしかして私だけのヒット曲?

写真もいろいろ撮りました。

yubiningyo寺町二条でいつも気になっている紙のお店の和紙でつくった指人形や、
milky御幸町二条あたりの八百屋さんの中にあるこんなかわいい看板。(もとお菓子屋さんだったそうです。)絵のタッチがすごくすてき!

milky2八百屋さんの外観も沼田元氣さんだったらきっとノスタルジックな写真に仕上げられるだろうな、と思うような風情のあるものでした。

そして今日。今日は京都シネマにアルトマンの「バレエ・カンパニー」という映画を観に行きました。もともとThe Companyというタイトルのようで、たしかにバレエに限らずひとつの組織を動かしていく話としてもみられるし、また仲間としてのダンサー同士の交流なども描かれていて、バレエの世界を味わう以外にも自分に身近な共感も得られる映画だと思います。失敗が許されない仕事にのぞむ人々のぴりぴりした気持ちも、自分が今 新しい世界で緊張しまくっているのですごくわかって、苦しいほどでした。アルトマン得意の群像劇ではあるのですが、一応主人公的な女の子がでてきて、この人の描写も感情移入しやすく、決して安っぽく泣かせに来たりするわけではない映画なのですが、ふっと女の子の状況にあわせて涙が出てしまったりしました。

ジョフリー・バレエ・オブ・シカゴというところが舞台になっていてシカゴの風景が出てくるのですが、自分はシカゴにいったことはないもののERと同じような乗り物が出てきたりして、生意気にも「そうそう シカゴってこういうの走っているんだよな。。」なんて思ったりもしました。

すごい存在感でかっこよく、またのらりくらりな感じが実力者らしい芸術監督が出てくるのですが、これが「時計仕掛けのオレンジ」の主人公だったマルコム・マクダウェル。わたしこの方の映画は「時計仕掛け~」以外ほとんどみていないのですが、とっても役にぴったりの演技をみせてくれました。

関東では秋にはいってすぐ上映していた映画なのですが、こうして京都で改めてしてもらって本当にありがたかった!これからみにいかれる方のためにひとつ注意書きしておきますと、パンフレットの「物語」というところにはストーリーがまるまる出てしまっているので上映前に読んでしまわないようにした方がいいと思われます。

ジェフリー・バレエ・オブ・シカゴというところはかなりモダンな舞台を発表していて、衣装や装置などもとってもおもしろい!その様子がきれいに撮られているのもこの映画のよいところですね。

|

« 【映画】モーターサイクル・ダイアリーズ | Main | 【カフェバー】Annabel Lee »

Comments

新しい環境に慣れるまでは精神的にも肉体的にもヘトヘトになりますね。
私ならたぶん、くたっと寝ているだけだろうと・・・。
本当にいい季候になってまいりました。
春の足音が聞こえてきましたね!

Posted by: てんちゃん | March 11, 2005 at 10:01 AM

ぽんさん、素敵な「梅」の写真ありがとう!
お店のお手伝い、今までお疲れさまでした。いよいよラストスパートですね。

私も末っ子の卒園式がもうすぐで、上の子の入園も昨日のことのようなのに(そんなはずはないけど^^)、まだ実感が湧きません。。

卒園式に歌ううたをお風呂の中で歌ってくれたりすると、そのなんとも言えないメロディーと相まって、じいい~んときます。

たくさんの毎日をここで過ごしてきたね
何度笑って、何度泣いて、何度風邪をひいて
たくさんの友達とここで過ごしてきたね
(中略・忘れた)

さよなら僕たちのようちえん
僕たちの遊んだ庭
桜の花びら降る頃は
ランドセルの一年生~♪

Posted by: ゆっけ | March 11, 2005 at 10:08 AM

てんちゃん ゆっけさん コメントありがとう!
相変わらず不器用で自己嫌悪の毎日です。。
どうも同僚とくらべて要領が悪い!
なさけなー。。がんばります!

>てんちゃん
このあいだ 谷町4丁目のnestでちぐさんに
あったとき 
てんちゃんのことおうかがいしてたんですよ~!

ひなたにいる率高し!とか。。
きっといつか会えますね~!
nest界隈の雰囲気もすごく好きでした~!

>ゆっけさん
昨日ラジオで
「想い出のアルバム」がかかっていて
じーんときたわ。
windさんの息子さんとうちの息子の卒園のとき
あの歌の練習でないてしまったわたしでした。
確かwindさんも涙腺ゆるんでいたような。。

幼稚園と学校また全然違うから
この春は感慨無量ですね。
わたしのとこも もうあと一年で中学生とは。。
男子中学生 むずかしいんだろうなー。。
今はすごい幼いのだけど。。

Posted by: ぽん | March 11, 2005 at 10:58 PM

「思い出のアルバム」。。。
う。。。だめですねえ。。。
卒園の日、号泣してしまいそうなのをこらえるのに必死でした^_^;
楽譜で顔隠したりして。。
来年、また、困ったなあ。。
今日は、子どもの11歳の誕生日で
(ケーキは恒例・ご近所さんです(^_-))
一緒に祝ってくださった方たち(大人)の前で胸がいっぱいになってしまいました^_^;

>ゆっけさん
一緒に行ってお歌を聴きたい気分です。
どんどん進んでいってほしいような
流れをしばし止めたいような
二度と来ない大切な日々ですね。
なんだか、うっとり。。。

Posted by: wind | March 13, 2005 at 11:20 PM

ponさん、今が一番キツイ時ですね。
月曜日から、院生の研修生が着始めて、こちらもパニックになりそうですが、若い人たちは、柔軟な心で、現実を受け止めて行きます。最近は、病院実習も長くやられるから、対人関係で悩む学生さんは少なくなりました。プロの研修生も来ますが、こちらが難ありです。私の経験からすると、3ヶ月くらいは、同じ注意を受けても、全く覚えていませんでした。新しいことは、時間が解決します。それに関わる時間が長くなれば、自然とベテランになれるということです。
ponさん、ガンバレ!

連休に花灯路見に、京都へ行きます。やっと、時間が取れて、嬉しいです。

Posted by: mari | March 13, 2005 at 11:33 PM

>windさん
すてきなバースディでしたね。
息子さんと同級生のうちの子も
まだまだ自分のバースディとか特別に思っているみたいで、
それにこたえてやりたいな、と思っています。

男子は中学生になったらぐんとかわるっていうねー。
変わらなきゃ困るんだけどさ。。
対応も考えなきゃならんのだろうなー。

>Mariさん
具体的に元気付けてくださる意見ほんとに
ありがとうございます。

ちょうど 研修医のコミック
「ブラックジャックによろしく」なんかも
思い出したりしていたので
やっぱりそうだよね~なんて思ったりして。

できるだけ慣れるよう 
場数を踏むようにしてます。

連休 花灯路にこられるのですねー。
http://www.hanatouro.jp/index.html
をみていたらとてもきれいそう。。

またご報告まってますね~!楽しみ。。
わたしも友人が京都にきたりするので
また すてきな場所があったら
教えてくださいね!

Posted by: ぽん | March 14, 2005 at 12:07 PM

ぽんさん、土曜日に、『バレエ・カンパニー』のDVDを借りて、見ました。
ストーリーは、バレエの舞台を邪魔せず、完成度の高い内容でしたね。
貸しDVDは、情報が何も無いので、先ず、理解できるか、から始めてます。最後まで理解できない物もありますが、それでもメゲズに、観ています(笑)

Posted by: mari | April 05, 2005 at 12:12 AM

mariさんもごらんになったのですねー!
そうそういわれてみれば
舞台が十分楽しめましたね。
mariさん よくコンサートとかも行かれるみたいだし、mariさんならではの着眼点だなー。

わたし 若手たちのパーティで
それまでの場面をおちょくってるようなシーンが
あるのもすきでした。

アルトマンの映画って人がいっぱいでてくるし
説明がわざとらしくないから
「ひょっとしてさっきのあの人が今これしてるの?」とか推測しないとついていけない時が
あって。。
でも気がつくととっても楽しいのだけど。。
「ゴスフォードパーク」の時はすごい体調不良で
ついていけないまま終わってしまって。。
ほめる人が多いのに仲間はずれで。。
再トライの予定なんです。

Posted by: ぽん | April 06, 2005 at 08:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/3248748

Listed below are links to weblogs that reference 京都の休日~【映画】バレエ・カンパニー:

« 【映画】モーターサイクル・ダイアリーズ | Main | 【カフェバー】Annabel Lee »