« デルフィーヌ エ ソロンジュのカバン展@mizuca | Main | 【cafe】yugue »

October 07, 2005

秋!文化祭!

今日 娘の学校の文化祭に行ってきました。娘の学校は女子校なので門を入るなり映画「櫻の園」をみたときみたいなちょっと甘酸っぱい気持ちになったのですが、女の子たちって遠目でみておくのが一番いい!って感じ。あるいは二人組くらいまでがいいなぁ。。いざ演劇とかをみるときに集団でそばにいられると結構がさがさしていて落ち着かない気分に。。「櫻の園」にでてきた女の子たちだって結構がさがさしていてそこがかわいいのに、現実には適応できない私だったりして。。。

せっかく家からでてきたのだから。。と帰りに前から気になっていたカフェと雑貨のkitoneによりました。
kitone1烏丸松原の路地裏、というロケーションがいいです!都心部なんだけど懐かしさを感じる町並み!

kitone2店内から外をみたところがこういう感じ。ビルもある町並みだけど、町家が「いまそこで生活している」という本当に自然な感じでたっていてそこがとてもいいと思いました。

kitone3こちらの食事はバジルソースの野菜たっぷりスープとバターチーズホットサンド 850円。ほどよい細かさに切ってあるたくさんはいったお野菜がおいしいし、パンにあいます。持って行った嶽本野ばらさんの「エミリー」を読みながらゆっくりとごはんを味わっていたら、なんかものすごく入り込んで、「特別の時間」という感じでした。「エミリー」には3つのはなしがおさめられているのだけど、3つとも出てくる人物がとってもチャーミングで、リアル。先刻女子校でふくらみかけてしぼんだガーリー礼賛の気持ちがまた燃え上がりました。この人がいるからわたしもがんばろう、って思えるような感じ。野ばらさんの本に出てくる人の潔さが私は大好き!アイデンティティとしてのブランドの話もすごくよくわかるし、とても骨太な文学だと思います。

kitone5もっと長居したくなった私は、ミルクコーヒーを追加注文。これが、先日も日記に書いたガウディの豆で、さらりとしゃきっとしていて心地いい。野ばらさんの本あとちょっとというところで帰路につき、うちに帰って最後を読んだのですが、家族の日常の声がどうもやかましく、まるで中高生のように自分だけの世界にいつまでも漂っていたくなったわたしでした。

エリア
京都府 > 五条通周辺
ジャンル
カフェ・スウィーツ
住所
京都府京都市下京区燈籠町589
説明
古い倉庫の1階でされている日常雑貨と小さい喫茶室のお店
クチコミ
繁華街からちょっとはいったそこは下町情緒も感じられるような古い町並み。お茶と食事をしているとじんわりゆっくりできます。大好きな場所。
もっと読む
kitone

|

« デルフィーヌ エ ソロンジュのカバン展@mizuca | Main | 【cafe】yugue »

Comments

ぽんさん、こんにちは。
kitoneさん、前にどこかのお店で(ほんとに、どこだったかすっかり忘れてしまってて情けないのですが。。)こちらのポストカードとショップカードをいただいてて、そのナチュラルな(といってもけしていやみのない)とても素敵だったので部屋にずっと飾ってあるのですが、まだお店には行ったことがないんです。
コーヒーもとても美味しそうですが、このスープが美味しそう!ポストカードのイメージととてもあってて、心温まりそうな感じですね。
ぽんさんものんびり愉しまれたようで、私もうれしくなりました。
今度行ってみますね!

Posted by: miya | October 17, 2005 at 10:23 PM

そうなんですよ。
ええ感じのナチュラルで。。
スープすごくあったまりました。

四条烏丸から近いのですが
あの辺あんまりうろうろしたことなくて。。
いい感じの路地ですよ。
そして最近がんばってる店もほかにも
ちらほらとあったのでお散歩楽しめると思いますよ~!

Posted by: ぽん | October 18, 2005 at 12:58 PM

ぽんさん、お久しぶりです!

嶽本野ばらさんは、私も一時期よく読んでいました。
登場人物が潔くて、私も彼の小説は大好きです。
もうどっぷりその世界にはまっちゃうんですよね。野ばらワールド!
ロリータとは何ぞや??なーんて思いながら、興味しんしん。野ばらさん自身にも興味があります。自分じゃ絶対ああいう格好は出来ないけれど、ああいう精神は見習いたいなぁ。

うちの大学にもロリータちゃんが数名いますが、以前野ばらさんの小説を持った可愛いロリータ女の子が同じ教室にいたので、思わず話しかけてしまいました。彼女たちはファッションの中にしっかりと自分のアイデンティティを持っていて、そういうところがとても好きです。
乙女強し!

私は中学から大学までずーっと女子校育ちですが、つくづく女子パワーって凄いなぁと思います。んじゃあそういう私はどうなんだ!と言われると・・・・まぁ私はそういうのを客観的に見てるようなタイプかもしれません(笑)

ところで、ぽんさんのブログ読んでるといつも感じるのですが、ぽんさんはお子様もいらっしゃるのに、食や音楽や映画や芸術や文学など、いろーんなことにアンテナがあって、とても素敵です。そういうの、すごくいいなぁと思います。とても生活が充実している感じがします。

Posted by: あい | October 23, 2005 at 11:39 AM

あいさん こんにちは!
ありがたすぎる書き込み恐縮です。。
野ばらさんの本いいですねー。
京都が舞台のものも多くて場所込みで入り込めて。。
このあいだ読んだ「鱗姫」
主人公が通っている学校が
京都のカトリック系女子高でなんだかもう身近すぎました。
でもすごく楽しかった!
どの本も主人公の思い切りようが潔くて
なんだかすかっとしたような気分になりますね。
今日も「ミシン」読みましたが、
まっすぐで正直な表現が好きです。
もっと読みたくなっているのですよ。

Posted by: ぽん | October 23, 2005 at 06:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/6299183

Listed below are links to weblogs that reference 秋!文化祭!:

« デルフィーヌ エ ソロンジュのカバン展@mizuca | Main | 【cafe】yugue »