« 【cafe】サボンカフェ | Main | RI Asia »

June 29, 2006

【映画】間宮兄弟

すべりこみで「間宮兄弟」に行ってきました。春に観たウディ・アレンの「僕のNYライフ」のときも「21世紀版『アニー・ホール』?」なんていわれて、原点回帰みたいなものを感じたのですが、この映画もパンフに「(森田監督の劇場デビュー作である)『の・ようなもの』を越えられるかもしれない」という撮影中の監督の言葉が紹介され、観ているこっちも、それらの映画が公開されていたときから社会的立場の変化や身体的衰えなどは著しいけれど、根っこの気持ちはずっと当時のままキープしているつもりで、同じ時代を経てきた後でのあのときの空気がうれしかったりしました。間宮弟のドランクドラゴン塚地は、「の・ようなもの」の主人公と重なるところが多いし、女性への対応もなんだか似ています。

パンフの中で監督は「'人はみんな面白いものだ’ということを一貫して言い続けて来たつもり」とおっしゃってましたが、ほんとこの映画や「の・ようなもの」や「バカヤロー」は、かわったおもしろい人たちの話でなく、人をじっくり描くことで浮かび上がるおもしろさを描いていて、好感が持てます。日常の細かいことを描くの、森田監督長けているのかも・・「阿修羅のごとく」も、どうしても偉大なテレビドラマと比較してしまうもので、関連商品、みたいに観てしまったけれど、生活のたたずまいの描き方はとてもよかったし、「(ハル)」でもでてくるお料理が心がこもっていてとてもよかった。そして、この映画でも誰かに時間をつくってもらうときに出すお料理、お母さんとのひととき、ふたりの仕事っぷりなどの描き方がとても美しい!すごく身近で、友人の顔をたくさん思い浮かべました。

原作と映画はどう違うのかわからないけれど、あの兄弟のすてきなところは「反省会」ができるところだなあ・・「反省会」なんてよっぽどいい関係じゃないと人と開催できるものではありません。逆に返り討ちにあったりしますから・・

主役二人、中島みゆき、大抜擢を受けたというスタイリストの人、みんなナチュラルで好演しているのですが、ほとんど「声の出演」って感じのおばあさん役の加藤治子さんのシーンがすごく引き締まっていたのがなぜだかとても心に残っています。あと塚地の「ドランクドラゴン」での相方、鈴木のシーンがおさえめなのも、よかったです。あの加減って難しいと思います。あるのが楽しいけれど、目立ちすぎても全体を損なうし・・

|

« 【cafe】サボンカフェ | Main | RI Asia »

Comments

えっ!ひょっとしてぽんさん木曜日に!?
お目にかかれませんでしたね。

あらためて、レスつけさせてください。
おかげさまで、映画、楽しみました!

Posted by: wind | June 30, 2006 at 05:49 PM

あ まとめるのに時間かかっただけで、
行ったのは火曜日でした!
windさんは木曜にいけたんですね!
ぜひぜひ語りましょう!
わたし、あの、ビデオ店員の妹の彼氏の
せりふがなんだか気に入っちゃって・・
なかなかマニアックでおもしろかった!

Posted by: ぽん | June 30, 2006 at 08:22 PM

ここんとこあらゆる映画を見損ねていて、これもその一つ。(T_T)
ぽんさんカンソウブンを読んだらますます後悔だわ。
ウディの新作「マッチポイント」もこちらでは8月公開で、
夏休みってのがちょっと…。
ん〜〜〜でもこれは絶対行くぞーっ!!

Posted by: はやしみちこ | July 01, 2006 at 11:45 PM

あ またウディ・アレンの新作 日本にくるんですか!うれしい情報です。(京都はいつかわからないけれど)
いつも映画館行くと「今度これ行きたいな」っていうのがみつかるんだけど、今回これといって思い浮かばなくて・・観たいものを支えにがんばるって結構大事かな~って思っていたところで・・

Posted by: ぽん | July 02, 2006 at 06:57 AM

ぽんさん、はやしみちこさんこんにちは。

ぽんさん
次ぎ見たい映画に、「ゆれる」があらわれました。
http://www.yureru.com/splash.html
京都シネマで15日からのようです。

で「間宮兄弟」ですが
私も、鈴木、出番は劇的に少なかったけれど
さりげなさ加減がすごく印象的で
いいなあと思いました。
それに、妹のカレシ、あのキャラクターで一本撮れるんじゃないかと思うぐらいで^^
でも脇だから光ったのかなあ。
その後の彼を知りたいものです。

塚地は前夜も、はねとびで、ツカジーコなんてのを見たり
結構馴染み深いのですが^^;
そして、本来役者さん志望だというのがうなづけましたが
佐々木さんの作品は実は始めてだったりします。
とてもよい感じの素敵な人で、役柄にもあっておられたような。
というか、きっと、上手く演じておられるということなのでしょうね。

大切な、仲のよい誰かと暮らすことの醍醐味と難しさ、やすらぎと気遣いの両立、何てことも感じました。

Posted by: wind | July 02, 2006 at 12:17 PM

あ「ゆれる」、香川さんなんですね。
宣伝で気になっていたことを思い出しました。
あとみにはいかないと思うけれど
「ハチミツとクローバー」
美大生のお部屋って感じの映像が
よかったな。なんかご近所で美大系の人が
やってる喫茶の雰囲気とか思い出したり・・
あとはぐちゃんやる蒼井さんすきなんです。

佐々木さんは映画出演少ないみたいですね。
ドラマでは最近だったら「白い巨塔」で
伊藤英明の友人みたいな感じをされていたのとか
あるかな・・(最近ドラマみてないもので
ちょっと古い話なんですが)
映画に戻ると去年観た
「サマータイムマシンブルース」で
なんかすごく魅力的でした。
間宮兄より いっちゃってる感じもあって・・
あれは、夏の日にこどもと一緒にみると
楽しい映画ですよ。

塚地さんは、保険のCMでの演技もほんとリアルで
うまいなーって思います。

間宮兄弟、仙人みたいかというとそうでもなくて
でもそこがまた健康的でよいですね。

Posted by: ぽん | July 02, 2006 at 08:59 PM

ぽんさん、windさん、はやしみちこさん、こんにちは。

「間宮兄弟」の感想拝見しました~♪
実は、森田監督作品は「(ハル)」しか観てませんで、それも内容はほとんど忘れてしまっててという状態です・・・
森田監督をデビュー作からご覧になってるぽんさんとは、やはり感想の深さが違いますね~

先週の水曜日には「嫌われ松子」そして雨林舎へ
行ってきました。「松子」よかったです。
ほんとうに、「オズの魔法使い」でしたね。
雨林舎は、windさんが召し上がったのと同じ「ナスと豆腐のグリーンカレー」でしたよ。
素敵な場所を教えていただいてありがとうございました。
今度は、「ゆれる」と「花よりもなほ」を観に行こうと思ってます。

Posted by: ゆうこ | July 03, 2006 at 01:14 PM

ゆうこさん こんにちは!
昨日ゆうこさんのところのブログで
雨林舎をはじめいろいろTBやコメントしたい記事を見つけていたのですが
TBがうまくいかなくてまたあとで・・と
思っていたところでした。

なんでか森田監督のたくさん見てる気がします。
「模倣犯」とか「黒い家」とかをみたときは
これはいったい・・っていう気にもなったのですが・・
ああいうのより、やっぱり日常をテーマにした作品の方がいいと思いました。
ゆうこさんもブログで、そしてwindさんもはてな日記の方で
(http://d.hatena.ne.jp/windship/20060701/p3)ボードゲームのこと書かれていますが、
ほんとボードゲームって、
ひとりではできないし、
ボードゲーム囲むような関係っていいな、と
思います。
モノポリーは決着つくまで時間かかるので
やるのが面倒になるのですが・・

Posted by: ぽん | July 03, 2006 at 02:50 PM

みなさんこんばんは!

>ゆうこさん
おかげさまで、入場前のチケット交換から特別な気分で楽しませていただきました♪
本当にありがとうございました。
そして、「雨林舎」「ナスと豆腐のグリーンカレー」体験をなさったのですね。うれしいなあ~~

森田監督経験、私など「家族ゲーム」だけだったのではないかしら?(頼りない)
「間宮兄弟」でも、みんなが横一列になるシーンを見て
「家族ゲーム」のあの有名な食卓の場面を連想したりしてしまったのですが
同時に、自分の森田監督知識も、乏しいな、なんて
関係ないこともチラッとついでに思っていました。

「間宮兄弟」の自転車
てっきり、かっこいい方が佐々木さんのだと思っていたのに、これもはずして、あ、修行が足りない(何の修行だか)、とも思ったりしたのでした。

Posted by: wind | July 04, 2006 at 11:38 PM

windさん わたし自転車のチェックしてませんでした!
そして、横並び、いろんなところに書いてあるのに
「そうだっけ?」って感じで・・

なんかずいぶんぼんやり観ていたような感じで・・

ビール工場で、「流れ作業のようにみえても
結局つくるのはひとなんだな・・」っていうところはすごくよかったです!
自分と重ね合わせちゃって・・

Posted by: ぽん | July 05, 2006 at 07:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/10724182

Listed below are links to weblogs that reference 【映画】間宮兄弟:

« 【cafe】サボンカフェ | Main | RI Asia »