« 関美穂子型染め展 | Main | 【cafe】toms »

August 01, 2006

enzo piattini@今出川(2011秋現在工事中)

*2011秋現在、工事中です。

夏休みまっさかりで、こまぎれしか時間のない日々ですが、こまぎれをうまくあわせて、友人wさんと京大付近の今出川通ぞいにたしか去年の暮くらいにできたenzoというイタリアンに行ってきました。この店は元田中のアンチョビカフェの兄弟店ということで、アンチョビファンの方から、すすめられたりもしたのでした。
Enzoお昼ごはんをたべに行ったのですが、外観写真を撮り忘れ、後日夕方に撮影。
En2いかにもつもる話がありそうな私たちをちゃんとゆっくりできる二階に通してくださるオーナー。おかげで、心置きなく、使える時間を目一杯ここで使うことができました。眺めもいいし、ゆったりしていてとてもいいです。どうやらわたしたちがゆったりしている間、一階は大学関係者などでごった返していたようでした。

いただいたのは、
En3ルッコラと上賀茂トマトの冷たいパスタ(ルッコラの軽い苦味がアクセントになっていてとてもさわやか)に
En4繊細でしゃきっとしたサラダ添え。これにパニーニがついて確か800円台だったと思います。(ドリンク込みで1000円ちょっとだったように思います。)
En5エスプレッソや珈琲系のドリンクにはビスコッティが添えられ、ビスコッティを浸しながら味わうという方法をはじめて試してみたのですが、すごくしゃっきりして、このやりかたでずっといきたくさえなったのでした。

〒606-8317 京都市左京区吉田本町27-6 今出川通の西行きの「農学部前」のバス停の少し東 電話075-752-3315 (8月からお休みがかわるようなことをおっしゃっていたので、おでかけはおたしかめの上) 営業時間 11時半~14時 17時半~22時半

enzo [ イタリア料理 ] - Yahoo!グルメ

|

« 関美穂子型染め展 | Main | 【cafe】toms »

Comments

お店のファサードの写真とても素敵ですね。
灯りの具合とか、オシャレにあたたかくて・・

夏だからと冷たいスープや冷たいパスタに特に関心が無かったのですが
このは、冷たさの美味しさにやっと気づいて
ご紹介のパスタも、ヒヤッとした感じがとても美味しいなあと思いました。
あのパンは、パニーニというのですね。
もっと欲しいぐらいでした。

お二階を案内してくださって本当によかったです。
昼休みの喧騒も耳にでき、活気のあるレストランの昼ごはんという感じが伝わって、それも心地よかったです。
新しくオープンされて、でもしっかり流行っているようでホッと安心したりもしてます。
でも、積もった話、いっぱいできたはずなのに、さあこれから本番だった、ともやもや気分が残っています。
久しぶりのお顔を見てのお話、ちょっとてれますね^^

Posted by: wind | August 02, 2006 at 11:35 AM

あ、これを書かなきゃ!
あの時ぽんさんが着てらしたワンピース。
とても素敵でした!
柄とか色とか。とてもモダンで。懐かしいのに新しい感じで。
ぽんさんをモデルに、とは申しませんので
あの柄いきが拝見できるといいなあ。
(て、この婉曲な押し付けがましさ^^;)
持ってらした関さんのバッグともお似合いでした!

Posted by: wind | August 02, 2006 at 01:53 PM

おしゃべりに夢中で実は「昼休みの喧騒」は
耳にはいってなかった!帰り際のオーナーの
「下はこんな感じでごったがえして」とかいう
言葉で、そうだったのか・・って思ってる始末でした。
ひどいマイペース・・いや、それだけゆっくりできた、ってことですよね。

冷たいスープやパスタってわたしは普段から
好む方なんだけど、冷たいものつくろうにも
一度は火をつかって、さらにそれを冷やすという
工程が面倒でなかなかしないんだよね。

あとね、ワンピース、母のおさがりなんやけど
なんかしらんけど
イヴ サンローランのマークがはいってて
サンローランって生地売りしてたこと
あるのかな?
サンローランの伝記、みたいなビデオを
このあいだみたんだけど、
ものすごく内気で、
サンローランブランドのイメージ
(いろんな製品にあのロゴのあの感じと
わたしはとらえてます。)とは違って
商業主義を嫌う人で、なんかとても
興味深かったです。

Posted by: ぽん | August 03, 2006 at 07:28 AM

モードの世界にまるで疎いですが
サンローランて、独特の存在だったようですね。
帝王とかよばれてはったみたいで。
内気な個性にしてなお帝王ですからその、すごさがしのばれます。

どういう過程でお母さんのワンピースになったのか
とても興味深いです。
お母さん、おちゃのこでお裁縫されそうなイメージです。

Posted by: wind | August 03, 2006 at 03:13 PM

ウィリアム・クラインの「イン&アウト オブ ファッション」って映画で若きサンローランが初々しくでてくるのですが、
(http://www.chelucy.com/nsw/cine/in_and_out_of_fashion/)引用したサイトみると
デビューの時の様子だったんですね。

昔って、やたら生地がうちになかったですか?
ちょっと縫える人に頼んだりとか
わりと多かったような気がするな~。。
っていうかちゃんと縫える人は
なんでも自分で縫ったりって感じなんだろうな・・
ふっと気がついたら縫うほうが贅沢な時代に
なってるような感じもします。

うちの母はほんと家事がきらいで、
台所の滞在時間も最短ですませたい、とか
いつもいってました。そんなところだけ
うけついでる・・

Posted by: ぽん | August 03, 2006 at 06:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/11185360

Listed below are links to weblogs that reference enzo piattini@今出川(2011秋現在工事中):

« 関美穂子型染め展 | Main | 【cafe】toms »