« 初秋の白川通 | Main | 白川通のお茶の味 »

September 23, 2006

羽うさぎ

2009年2月追記*薄味なのに、決してみずくさくない信頼できるお惣菜を売っているお店だったのですが、2008年末閉店されました。また、最初に記事を載せた時に営業されていた北白川小学校前のケーキ屋さん美山の子守唄も閉店されています。

銀閣寺道の交差点の南西(白川通ぞい)に、わたしの幼馴染で小さなときから料理が大好きで、栄養学科に進み、そのあとお料理教室の先生やらお店のプロデュースやらしていた友人がお店をだしました。最近よくあるおしゃれ系カフェって方向ではなくて、こぎれいな定食屋さんという雰囲気のお店。名前は羽うさぎといいます。
Haneよく、自分の好きなおそうざいを選んで食べられる気取らない定食屋さんがありますが、あの形式で、ランチに好きなおそうざいを組み合わせられるし、持ち帰りもできます。100グラム130円~。

タイトルどおりテイクアウトだけしようと思っていたのですが、くつろげる感じだったのでランチも頼んでみました。
Usagi2写真はカウンターしかうつっていませんが、テーブル席もあります。
Usagi3この日の日替わりはあじの干物。つけるおそうざいは、ショーケースから選べるようでした。わたしは、はじめに、持ち帰り用として、ブロッコリーと肉団子とか、ひじきとか頼んでいたので、それ以外のものでお願いしたら、なすと豆腐の田楽と青菜とにんじんのごまあえに、お味噌汁がついて、780円。あじの干物ときいて、なんかもっと華のあるものにしようかな、って思ったりしたのですが、とても脂がのっていて、やわらかく、自分が時々うちで食べて味気ない思いをするあじの干物とはかなり違っていました。にんじんと青菜のあえものも、菊菜をつかっていたと思うのですが、なんともいえない甘みがあって、菊菜のえぐみがなく、ごはんに載ったちりめん山椒もちょうどいい頃合。彼女の今までのキャリアに思いを馳せました。

みていると、オムライスを頼んでいる人も多く、今度はそれもいいかな・・なんて思ったりしました。

|

« 初秋の白川通 | Main | 白川通のお茶の味 »

Comments

ぽんさんのお友だちのお店、素敵ですね。
「羽うさぎ」だなんて、名前もいいじゃありませんか!ぜひ、よらせていただきたいと思います!
そして、「美山の子守唄」どんなところだろうな?と気になっていました。こちらも伺いたいお店になりました。

Posted by: wind | September 27, 2006 at 08:53 PM

windさん かきこみありがとう!
羽うさぎの名前
多分わたしと同じうさぎ年生まれっていうのとも
関係あるのかな、と思いました。
お酒もおいてあって夜は小料理屋さんぽくも
なるのかな・・
ガラス張りのお店なんでいわゆる小料理屋さんっぽい風情はないのですが、
その友人は小料理屋さんのママっぽい貫禄というか風情が
昔からありまして、一本の道筋を感じました。
でもとてもまじめなところがある人で、
食材にも気を使ってるみたいなので
またご利用くださいね!
時間がうまくあえば一緒にもいきましょう!

美山の方も、いってみてすごい好印象になりました。美山のすぐ近くのガケ書房も久しぶりにいったら結構独自色出していて楽しかったです。

Posted by: ぽん | September 28, 2006 at 01:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/12007980

Listed below are links to weblogs that reference 羽うさぎ:

« 初秋の白川通 | Main | 白川通のお茶の味 »