« 羽うさぎ | Main | カフェ ハルディン »

October 03, 2006

白川通のお茶の味

カフェ・アノニマでのれんままさんのお父様の写真展については先日も書きましたが、拝見したあと、れんままさんとお話していたら、アノニマでのインドの写真展開催のきっかけは、アノニマのチャイがインドで飲まれたのと同じ味がする、ということでそれをお店の方にお話されたことからだったそうです。
で、わたしも、ぜひともチャイを味わってみたいと、先日いってまいりました。
A1頼んだのは、アボガドと海老のサンドカレー風味とチャイ。カレー風味のサンドはエスニックな味わいで、展示してあるインドの写真とすごく融合していました。そしてチャイ。はじめから甘みがあって、くつろげる・・以前もアノニマのノートについて書きましたが、展覧会用ではなく普段からおいてあるノートの方にも展覧会の感想、若い人たちからのお父様への尊敬の念などが綴られていて、時間は重ならないけれどこの同じ空間に居た人たちの息遣いが感じられとても楽しいひと時でした。すてきなイラストとともにいつも読んだ本の感想を書いている人もおり、その人の書き込みのファンにもなってしまいました。
A2帰りにはアノニマのある坂道をそのままのぼったところに、紅茶のお店ができているのを発見。Tea Holicというお店です。ちょうど家で飲む紅茶を切らしていたので寄ってみたら、メインはそこで飲むお店ではありましたが、定評のある堂島ムジカの紅茶を販売されていました。ランチやアフタヌーンティーもされているようです。今度は食事に行こうかな、と思います。お店のページはこちら

|

« 羽うさぎ | Main | カフェ ハルディン »

Comments

チャイのお味はいかがでしたか?
本場インドではヤギのミルクで作るそうです。
アノニマのチャイがインドと同じような味がする
のは〈ティー・マサーラ〉というお茶用の香辛料
を使っているからです。インドでも熱々のチャイ
をガラスのコップに入れてくれて、そのコップが
すごく汚いけれど熱いからお腹をこわすことは
ないんだ、と父が話してくれました。熱いチャイ
がグラスに入っているのも本場風なのですよ。

Posted by: れんまま | October 03, 2006 at 11:28 PM

れんままさん インドでの風景が目に浮かぶようなコメントありがとうございます。
そうか~なるほどインドですものね。
日本にずっといてたら
なかなか体感しないようなことも
いっぱいあるんでしょうね。
お父様の写真からも、人間の生活にはいろんなものがあるんだよ、って教えてくれる感じでした。

アノニマのチャイ、なんともまろやかな甘みで、気持ちまであっためてくれるって感じでした。

Posted by: ぽん | October 04, 2006 at 04:49 PM

アボガドと海老、美味しそうですな。
今の私のブームです。

Posted by: | October 07, 2006 at 05:40 PM

純さん こんにちは!
アノニマにはカレー味じゃないアボガドと海老も
あるんですよ!一度一乗寺散策ついでに
足をのばしてみてください。

アボガドわたしもだいすきで、
なんか衝動的に買ってしまうこと多いです。
わさびじょうゆでごはん+のりで食べるだけで
おいしいし・・
あとアボガドとしょうゆがけのいくらを
あわせても簡単海鮮丼って感じでおいしかったです。

Posted by: ぽん | October 08, 2006 at 12:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/12134423

Listed below are links to weblogs that reference 白川通のお茶の味:

« 羽うさぎ | Main | カフェ ハルディン »