« 滋賀の休日 | Main | 冬のカクカメ雑貨店 »

November 19, 2006

重森三玲邸

京都通のgさんの日記に重森三玲邸に行かれたときの写真が載っていて、とてもすてきだったので、HPで調べてみたら吉田にあることや、申し込み制で観覧することができることがわかり、他府県からの友人が来る日に申し込んでみた。

ほとんど知識もなく行ったのだけど、
Shige1すごくモダンで斬新な庭。
波のモチーフのじゃりも、茶色い敷石のあわせ方もすごくかっこいい!写真でみて、いいな、と思っていた東福寺方丈庭園の作者でもあることがわかったし、
東福寺と同じく格子模様のモチーフは、
Shige2ふすまにも生かされていたし、この色の組み合わせは、映像でみた桂離宮の部屋とも似ていると思った。解説してくださった方によると重森さんは作庭家として世に出たのでなく、もともと庭園研究家だったので、いろいろな庭と建物のことを知悉しておられ、その知識の引き出しの中からいいとこどりをして庭や部屋をつくっていかれたということだった。
Shige5イサム・ノグチとの交友も有名らしく、このお部屋のあかりはイサム・ノグチによるものだときいたのだけど、この辺の知識、本当に疎くて、でも、イサム・ノグチの美術館へいかれた方のまとめなどを読んでいると、すごく魅力を感じていたので、もっと知りたい気持ちになった。
Shige3二番目の写真の障子の下の意匠にもうっとりしたのだけど、専門的な言葉はわからないけれど、この桟の感じもすてきで、自分も自分の家にがさがさいろんなものをおいたりするのでなく、建築家の意向をくんで建物のよさを前面に押し出して住んでみる努力をしてみたい、と思いった。
最初の写真に少しうつっている石組みをたくさん使った庭は、松尾大社の庭を思い出したのだけど、あとで調べてみると松尾大社の方も重森三玲氏の代表作だったようで、初歩的な質問をせずにうちで調べてよかった・・なんて思ったり。。。でも初歩的な質問にも丁寧に解説してくださりつつの600円はとてもよいひととき。お茶代をだせば、茶室でお茶をいただくことも。しだれ桜が見事だそうですから、そのころにお茶をいただきつつ、お庭をながめるのもいいかもしれない。

|

« 滋賀の休日 | Main | 冬のカクカメ雑貨店 »

Comments

しだれ桜が咲いている頃、知人を連れて行ったのですが、とっても喜んでました。
あの庭園は、モダンだし、趣があって、ホント素敵ですよね。

Posted by: gardenia | December 01, 2006 at 10:09 PM

gardeniaさん よいところを紹介してくださって
ありがとうございました!

庭であんなに愉しんだのはじめてかもしれません。そう、モダンなんですよね。東福寺の重森さんの庭も写真でみただけなのでいってみたくなりました。

しだれ桜ってわたしだいすきなんですよ。
つぼみもかわいいし、ぱーっとさいたところも
絵のようですよね!たのしみです。

Posted by: ぽん | December 02, 2006 at 11:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/12749527

Listed below are links to weblogs that reference 重森三玲邸:

« 滋賀の休日 | Main | 冬のカクカメ雑貨店 »