« さらに西へ、自転車で | Main | モダンの香りの七条通 »

January 29, 2007

土曜午後の遠征

土曜日は半ドンで仕事ってことが多いのですが、その状況が大好きなわたし。「仕事したのにまだ半分使える!」ってなんて充実しているのでしょう!週休二日制が今ほど徹底してなかった高校時代に戻ったような気分も味わえてとても楽しいです。
このあいだの土曜日は麺好きさんと一緒に仕事の後に四条千本の坦坦というお店を訪ねました。職場から離れているので今回は車で。場所がよくわからなかったもので、四条通を必要以上に西(葛野大路あたりまで行ってしまった)から東進して、地図に表示してある場所の近くで100円パーキングを探すもなかなかみつからず、四条より南の、店より西のエリアに車を停めました。
Nishiそうするとわたしの大好きな土曜日の昼下がりの雰囲気が充満する路地。向こうのほうにかすかにみえるのは西新道錦商店街というところです。そういえば以前今はもうない四条大宮の映画館に行く時、時間調整で足をのばしてぶらぶらしたことがあったっけ・・
しかし四条通の千本あたりというのはあまり歩いたことがなく、小さな旅気分でぶらぶらと。日本写真印刷の建物が一企業のものとは思えないスケールでものすごく立派で、でも門衛さんの視線が鋭かったもので撮影できなかったのですが、幸いこちらのサイトに紹介されていたのでぜひごらんください。(こちらのサイトの方も門衛さんの仕事っぷりについて書かれておられます。)
さて、いよいよたどりついた坦坦。
Tan3なんかカナダでみかけた中国料理のファーストフードみたいな明るい雰囲気が店の外に漂っています。(英語表記ゆえにそう思ったか?)
Tan中もなんだかものすごくかわいらしい。きているお客さんも若々しく、「履修」とかいう学生っぽい言葉に、先日読んだばかりの京都を舞台にした小説「鴨川ホルモー」の世界に迷い込んだような楽しさをおぼえます。(あの小説の感じよりさらにかわいらしいまるでホットドッグとか出すお店みたいな雰囲気でしたが・・)
Tan4写真の坦々麺と、レタスチャーハンの小をセットで頼みましたが、坦々麺に時々あるゴマ部分が濃厚すぎるということもなく、よそよそしくさらっとしすぎるということもなく、あっさりしているのにまろやかで大変おいしかったです。はじめにリンクをはったLeafのページに載っていましたが、山田製油の油というのは評判はきいていましたが、本当にすばらしいものですね。レタスチャーハンもいい按配にさらっと仕上がっています。お店に入るとき、2時をまわっていたのに少し並んだのですが、並んでも行きたいお店です。

担担 [ ラーメン ] - Yahoo!グルメ

|

« さらに西へ、自転車で | Main | モダンの香りの七条通 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/13704179

Listed below are links to weblogs that reference 土曜午後の遠征:

« さらに西へ、自転車で | Main | モダンの香りの七条通 »