« 二条サイクリング | Main | 土曜午後の遠征 »

January 29, 2007

さらに西へ、自転車で

*2010年5月追記 こちらに出てくるペンネンネネムは閉店したようです。(ココ参照)

自転車で行った高倉二条がなかなかよかったもので、家人が調子に乗り、さらに遠いところまで自転車で行くはめに。今度の行き先は太秦(嵐電常盤駅すぐそば。)左京区にずっと住んでいた自分からするとちょっと唐突な思い付きです。
めざしたのはラーメン太郎。ラーメンのはなしは、立派なサイトが多いので、写真を撮らずにいたのですが、味が「こってり」「あっさり」「ハーフ」の三段階になっており、天下一品のラーメンももちかえると、必ずこってりとあっさりをまぜて使ってちょうどいい、と思っている自分たちには、「ハーフ」の存在がものすごくありがたかったです。ラーメン太郎のサイトをみていてもこどもからお年寄りまで間口の広いラーメン屋さんをめざしておられるようで、そういう居心地のよさ、ラーメンの食べやすさ(スープがとてもおいしくてしつこくなくて最後まで飲み干せた。)などまたいってみたい店となりました。

ラーメン太郎 [ ラーメン ] - Yahoo!グルメ


行きは場所がわからないので迷わないように丸太町通を通っていたのですが、帰りはふらりふらりと横道にはいりました。
するとみえてきたのが
Hyaki2
Hyakki1町を挙げての文化祭的な装飾品群。どうやらふらりと通った一条通商店街は戻橋とも近いこともあり、「妖怪ストリート」というのを展開しているらしいのです。それが手作りっぽくてすごくかわいらしい!HPからも意気込みが感じられます。

ちらりと写真を撮った後、家路に向かおうとしたら、前からすすめられていて、行きたかったお店ペンネンネネムに偶然行き当たりました。
Pen1あとで調べてみたら、金・土・日・祝しかあいていないのですね。あいててよかった!

Pen2前にやっぱり西陣の、昭和時代の小学校時代の友人宅にたずねたような風情のあるお店、「ひだまり」にいったことを報告したブログでこのペンネンネネムもすすめてもらったのですが、なるほど、よくわかります。ペンネンネネムにもそういうかおりがありました。そして、絵本だけでなく、わたしの好きなウィリアム・クラインやアルモドヴァルのポスターなんかもはってあり、映画のエリアもあるんです。こどもとかいいひとだけを対象にしている感じでなくて、なんかかなり懐の広いお店とお見受けしました。それでいてかっこつけすぎるわけでなく居心地がいい。ギャル系ファッションの高校生の娘もおいてある絵本を一生懸命読んだりして、なんだか楽しいひとときを過ごせました。

|

« 二条サイクリング | Main | 土曜午後の遠征 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/13702563

Listed below are links to weblogs that reference さらに西へ、自転車で:

« 二条サイクリング | Main | 土曜午後の遠征 »