« カフェ コチ | Main | 玄米食堂すかびおさ »

November 23, 2007

秋の特別公開

秋の後半の三連休、どこも混むだろうなと思い、紅葉の穴場ときいていた蹴上の日向大神宮めざし、哲学の道を南下しました。
Sosuiaki今日の銀閣寺近くの疏水べり。真赤や真黄色になっているわけではなく、色づきかけた感じの葉っぱもさわやかできれいです。

Nakao出発が遅かったので、少し歩いたらもうお昼になってしまい、以前行ってとてもおいしかった浄土寺のキッチンなかおに寄りました。
Nakao2はじめにでてくるスープからしてすごく丁寧につくられていてコクがあってとってもおいしい!連れは、つけあわせのスパゲッティまで丁寧に作られていることに感動していました。細部のことばかり書きましたが、メインもいろんなものがたくさん盛られていましたが、どれもとってもおいしくお得な感じです。接客も料理もとても心がこもっている感じがします。

関連ランキング:洋食 | 元田中駅蹴上駅茶山駅


。。と、なかおでゆっくりしたあと、哲学の道に戻るとずいぶん人が多かったので、もうひとつ山沿いの、法然院などに面した道を歩いて南下することにしました。
そこでいきあたったのが安楽寺
Anrakuかやぶき屋根ともみじのコンビネーションがとてもきれいで、ひきこまれる人々が大勢です。
ここは公開の日が決まっているのですが、ちょうど12/2までと、12/8,9は公開の日にあたっており、中にはいらせてもらいました。

こちらのお寺で心に残ったのは
Anrakuappアプローチの石畳の美しさと
Anraku3書院などの凛とした風景。

Anraku4

30分おきに由来などをきっちりとおはなしくださって、丁寧な感じのするお寺です。

そこからさらに南下すると、霊鑑寺も特別公開中。(26日まで)
Reikan光のあたり方によって神々しくさえある大きなもみじの美しさにも惹かれたのですが、なんといってもわたしがすてきだと思ったのは、
Reikan2その木の種類の多さ。
Reikan3それぞれにちゃんと丁寧に名札がつけてあるのも植物園のようで楽しいし、それぞれの木のもついろいろな色目が複雑にまざりあう感じがとてもすてき。皇女たちのかわいがってきたお人形なども展示されていましたがこれも見事なもので、さすが皇室ゆかりの尼寺。心をなぐさめるゆたかなものを感じました。霊鑑寺は、高校生の時行ったことがあるはずなのですが、こんなにすてきにたのしめる場所とは認識していませんでした。広々としていて、お庭を散歩するだけで楽しいこと楽しいこと。

春の椿もすばらしいという評判をきいていたのですが、いただいた春の公開のちらしに載っている日光椿がまたあまりみないカタチの美しい花で、ぜひこれは春の特別公開も行きたいものだと思いました。(来年は3/29から4/6までとのこと。参観料500円。)
結局日向大神宮まではたどりつきませんでしたが、十分満足できる秋の特別公開観覧でした。

|

« カフェ コチ | Main | 玄米食堂すかびおさ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/17166366

Listed below are links to weblogs that reference 秋の特別公開:

« カフェ コチ | Main | 玄米食堂すかびおさ »