« インド料理RAJU  | Main | スガマチ食堂 »

January 18, 2008

北白川ちせ

ちょっとしんどめの用事をした後、「あそこに寄って帰ろう」というこころのなかのおうち、みたいな場所が何軒かあるのですが、(下鴨のyugue→恵文社の紹介がおもしろいです!四条烏丸のkitone→しばらく土、日のみの営業になるらしい。。1/19は休み。大阪のひなたなど)いずれも遠かったり、営業時間がきまぐれな感じだったり、そっち方面に行った時あいていたら。。というハードル付きの感じでした。そんな自分に週半ばからだったら(月、火休みのため)いつでも立ち寄れれる場所ができました。それが、タイトルにも書いた白川通の北白川校前バス停近くのちせです。実際ちせというのはアイヌ語でおうちという意味らしい。。ほんと名前の通り落ち着ける場所です。
Chise2前に掲示板で話題になっていた時には自分は一階しか行ってなく、パンしかみてなかったのですが、

Chise5今年になってはじめて2階まであがってみて、そのあったかさにうっとり。古いおうちと一体型のお店をすごくかわいく改装しておられます。手前にみえているのは、みつろうのキャンドル。ねこやうさぎのかわいい形のもあり、誰かにプレゼントしたくなります。
Chise3机の上なんかの掃除に便利そうなかわいいちりとりやほうきのセット、アクセサリー
Chise4そして、ちょうどましゅさんのブログで気になっていた野田琺瑯の保存容器などなどが売っているではありませんか!そこにおいてある「野田琺瑯の本。」を読んでいたらなんか自分もこれで冷蔵庫内に物品をきれいにおいしく保存して家族に喜ばれる生活がしたくなってしまいました。
Chise前に行った時はゆっくりみられなかったのですが、ジャムのたぐいもバナナとドライフルーツやキウィなど濃厚なもの、毛色のかわったものがが大好きなわたしをぐいぐい刺激します。すごく楽しい気分になるお店ちせ。パンも小腹がすいたときにちょうどいいんです。きどったタイプでなく、なんか北海道の平原でストーブにあたりながらいただくような味わいがあって!すっかりあの店のファンになってしまいました。ちなみに、野田琺瑯のものは一階にも並べられています。

ちせのホームページはこちらです。

|

« インド料理RAJU  | Main | スガマチ食堂 »

Comments

素晴らしいお店!ぜひいきたいわー。
そして我がブログのご紹介も有り難うございます。
自分がかいたことを心に留めていて下さり
共感して下さり、じーんときています。
更新ものろのろですが、また遊びにきて下さいね。
どのエントリにでもいいので言葉のこして下さったら嬉しいです。
でもぽんさんに読んでもらえる様なエントリを
少しでも増やさないとね。

Posted by: ましゅ | January 29, 2008 at 06:21 PM

琺瑯容器ひとつだけ買ったのですが、たくさんそろえたくなってます。いいものを教えてくださってありがとうございます。いまは保存容器として使っているのですが調理してそのまま保存したり、保存したものをあっためなおしたりしたりしたらまたよさそうですねー。琺瑯鍋で蒸し煮した野菜はほんとにやわらかくてでも琺瑯鍋ひとつしかないから、使い回しが大変なんですが、鍋の代理もすこしできたらいいだろうなー。

Posted by: ぽん | January 29, 2008 at 11:37 PM

私の拙い商品レビューも見て下さる方のアンテナ次第ですがたまには役に立ちますね。いつもするときに自己満かななんて自信がなかったのですが、ぽんさんのような感受性と包容力のある方だったら受け入れてくれるんだなと、嬉しくなりました。またレビューしてみますね。
熱いものを冷ましながら容れる事が出来るのがとても便利です。プラなら不安ですし。耐熱ガラスもいいですね。側面に文字を書けるのもなかなかいいなと思いました。油性ペン消せるというのがいいですね。

Posted by: ましゅ | January 30, 2008 at 01:58 PM

そうそう油性ペンのことがすごい驚異的で!まだためしていないのですが、布か何かでこすればいいのかしら?

Posted by: ぽん | January 31, 2008 at 09:03 PM

どう消すかそういえば覚えてません。
ごめんなさい。まだ勇気がなくて試していませんが、以前、ガラスに赤、青の油性ペンで字を書いて、洗剤で消えたりしたので、目立たないところで実験してみましょうか。

Posted by: ましゅ | February 04, 2008 at 11:42 PM

わたしも実験してみますね。お客様の声
http://www.furaipan.com/kikaku/hyouban/hyoban160.htmlみたいなのをよんでると
魚焼きグリルでグラタン作ったり。。とかも載っていていろいろためしてみたくなっています。

Posted by: ぽん | February 05, 2008 at 11:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/17739956

Listed below are links to weblogs that reference 北白川ちせ:

« インド料理RAJU  | Main | スガマチ食堂 »