« スガマチ食堂 | Main | 河原町今出川でゆっくり »

February 04, 2008

2008年の節分

節分の時はよく大雪に見舞われたりするのだけど、今年は雪の方はうっすら。
Dai大文字山の大の字が白く浮き上がっています。
毎年古くなったお札やお正月の飾りを吉田神社の節分に持って行って焼いてもらうのですが、寒いのでまずあったまってから。。と、
Rouji_2鞠小路通の「Sunny Place」という自然食のお店の隣ににわたしが知らない間にできて、麺好きさんの間ではもう結構有名になっているらしい「ろおじ」というつけ麺の店にお参りの前に立ち寄りました。おいしいつけ麺を出す高倉二条というお店の支店ということです。(わたしはラーメンを食べたことがあるのですが、とてもおとなっぽいクオリティの高いもので満足しました。その日の日記はこちら。)

Rouji1スープと麺が別々の器にのってきて、つけていただくのですが、途中スープが冷えてきたらあっためなおせるようになっているのもありがたい配慮だし(でも冷めてもおいしかったですが)、わたしは麺200gとごはんにしたのですが、ごはんに載っていた自家製の昆布のつくだにもやわらかく、またおつゆにごはんも入れたりするとまた新しい味になっておいしい、という複合した楽しみ方ができました。最後、のこったおつゆにだしをたしてもらって飲むのですがこれがまたいける!皆さんおいしいものをよくご存じのようでひっきりなしにお客さんが入っていました。

つけ麺やろおじ [ ラーメン ] - Yahoo!グルメ

吉田神社で、古いお札の奉納をすませたあと、夕飯の買いものに熊野神社のスーパーにいくことにしたのですが、節分のとき熊野神社の近くの須賀神社でお守りを売っているという懸想文売りをみるチャンスだと気が付き、

Kesoubumiはじめてうわさの懸想文売りに遭遇しました。これは江戸時代、京の風俗行事の一つとして、烏帽子に水干姿で覆面をした人が梅の木の枝に文をつけ、良縁のお守りみたいな感じで売り歩いていたらしいです。いまさら自分に縁結びのお守り?って感じもしたのですが、懸想文を人知れず鏡台や箪笥の引出しに入れておくと顔、かたちが美しくなり着物が増え、良縁が有るというので古くより京の娘や嫁に買い求められたもの、との解説があり、娘のためにひとつ購入しました。

Kesou2箪笥にいれておいたらかわいらしい感じのパッケージに
Kesouゆわえた懸想文が。。違う年にかわれた方のブログをみていると、中身の手紙は毎年違うようです。買うまであの姿かたちに大変緊張していたのですが、実際接してみると「幸せになりますように」というかわいい言葉をかけてもらい、いつもは吉田神社から足をのばしたりはしないのですが、こういう節分もいいな、って感じでした。

須賀神社の向かいの聖護院でも
Shougoin2山伏の方々がなにやら節分の行事をとりおこなっておられるご様子でした。山伏の方の衣装もそれぞれ腰のあたりに毛皮がついていて楽しかったのですが、この写真に載っている結界?にも、いろとりどりの折り紙が飾ってあったり、
Shougoin入口のほら貝のデザインもチャーミングだったり、まったく異邦人的にのぞいているだけだったのですが、今後寺社デザインっていうのも追求すると楽しそうです。

Yata最後に寄った熊野神社もやたがらすのデザインもとってもキュート!たき火やら茶菓の接待やらのある寺社も多く、節分の日あてどなくぶらぶらするのも一興だななんてことも思いました。

|

« スガマチ食堂 | Main | 河原町今出川でゆっくり »

Comments

京都の神社、それぞれに伝統の行事が有るのですね。興味深いです。

Posted by: ましゅ | February 04, 2008 at 11:47 PM

結構長い期間京都に住んでいるのに
節分の案内とかみてると
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/setsubun/index.html
まだみたことのない節分も多いです。
吉田神社は長年いってるのですが、節分の前日の夜に鬼退治があるんです。前に節分の夜に行って鬼がでてこないしおかしいなーって思っていたことがあります。

Posted by: ぽん | February 05, 2008 at 11:20 AM

節分といえば、吉田神社一本槍だったのですが
今年は、体調を崩し(鬼の撹乱!?って?)、行けませんでした。
過ぎてからでもいいのかしら、と思っていたら、ちょっと寄ってくれた友人がお札を預かってくれました。吉田さんではない神社の名前を言ってはったのですが、忘れちゃいました^^;
というわけで、お札は無事納められたのですが、豆まきも、豆をいただくのも無しになってしまいました・・・大丈夫かな~~

自分の話ばっかりしてしまいましたが、吉田神社以外の風物を紹介してくださってありがとう!
懸想文売り、まったく知りませんでした!面白い装束ですねぇ・・びっくり。江戸時代ですって?粋な習慣。
熊野神社、昨年、ちょっとお参りしたのですが、綺麗になっていたような。ほんと、キュートな意匠です。

Posted by: wind | February 05, 2008 at 08:42 PM

わぁ大変だったんですね。またわたしにできることがあればいってくださいね!
豆、吉田山で福豆買ったのですが、ノリの悪い子供たちに「豆まきする?」ってきいたら、「やればいんでしょ」って感じで、食べる分残さずにまいてしまったんです。(もともと少量しか買わなかったのですが。。)で、食べてませんわ!
熊野神社、やたがらすのサッカー守りが売っていました。
http://www.kyoto-16sha.jp/j_kumano.html
オフィシャルサイトにたどり着く前に、こんなブログもみつけました。からす絵馬、かわいいけれどちょっとからす多すぎかな。。
http://blog.goo.ne.jp/corvus-corax-common-raven/e/f13c8684ab7cf0aac87a8c43d2aa27db

Posted by: ぽん | February 06, 2008 at 09:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/17956437

Listed below are links to weblogs that reference 2008年の節分:

« スガマチ食堂 | Main | 河原町今出川でゆっくり »