« グリグラカフェ | Main | 【喫茶】ELEPHANT FACTORY COFFEE »

May 03, 2008

関美穂子さんの展覧会めぐり

大好きな型染め作家の関美穂子さんから案内が来たので、南禅寺の関さんの先生堀江茉莉さんのところで開催されている手染めのみの市と、元田中のカフェザンパノに行ってきました。

南禅寺のアトリエは
Maturika2レトロモダンな雰囲気の漂う民家。
Maturika1お庭も開放的で居心地がいいです。よく晴れた空の下、お庭にも自然な感じで染物が並びます。

Maturika3反物もすごく魅力的。カードやバッグなどの小物もありました。売り物ではないのですが、書棚に並んでいるたくさんの染色関係の書物にもとてもひかれました。

場所はこのあたり。鹿ヶ谷通の泉屋博古館のあたりを東の方へ行き、光雲寺というお寺の近くのアトリエ茉莉花というところです。道すがら看板が出ています。のみの市は5日まで。関さん以外の作品も並んでいます。4日は11時から5時まで。5日は11時から3時までだそうです。

Zanpano3_2そのあと自転車で元田中のザンパノに移動。

Zanpano2

Zanpano4ザンパノは叡山電車元田中駅を見下ろす位置にあるカフェ。特に夕暮れ時は、傾きかけた日が窓からすーっと入ってきてなんともいえない郷愁を感じるのですが、それが関さんの絵のもつノスタルジックな雰囲気とぴったりあっていて、またかけてくれるいい音楽(わたしのいた時間はラプソディー・イン・ブルーやスティングのテーマがかかっていました。)とうまく溶け込んで、お店すべてがひとつの美の世界を形作っていました。

Zanpano5ちょっと前に別のお店でみかけて買っておけばよかった。。と思っていたにじゆらブランドの関さんの手ぬぐいも販売。そして同じ場所に置いてあった倉敷意匠の「職人仕事の日本3」もすごく魅力的だったなぁ。。(恵文社のサイトに詳しく載っています。)それと、このブログを書いてすぐは書くのを忘れていましたが、箱にはいったマッチの詰め合わせもとてもよかったです。

カフェ・ザンパノでの展覧会は11日まで。場所はこのあたり。電話075-721-2891 2時から12時までの営業。木曜、第四水曜定休。5日は6時からライブがあります。

|

« グリグラカフェ | Main | 【喫茶】ELEPHANT FACTORY COFFEE »

Comments

わ~~、南禅寺のアトリエ、素敵ですね~~!お庭の自然な感じがとてもよいです。関さんの先生は堀江茉莉さんとおっしゃるんですね、そして、こんなアトリエで創っておられるんだ。って、そのままですが、紹介してもらってとてもうれしいです。
ザンパノにすすまでに、すっかり心奪われてしまいました。
ザンパノ、いつも、あ、まだ健在なり!(失礼)と安心しながら見上げているのになかなか階段をあがれません。これはよいチャンスです。
時々されてる、ライブにも興味があるんですがね。

Posted by: wind | May 04, 2008 at 10:07 AM

関さんの先生のアトリエをみて、ほんと家の雰囲気は使っている人をほんとに反映するな~って思いました。
がちがちじゃなくて、でもケアしている感じで
ゆるやかにいろんなものが共生しているような庭っていいですよね。
のれんとか、クッションとかそれを部屋においただけでいい雰囲気になりそうなものがいろいろありました。

ザンパノ、2時からだったんですね。
わたしお昼ごろに通っては、「今日もしまってるけれど。。」とか思ってました。
東大路、最近またいろいろなものが
集結してきましたね。
windさんに教えていただいたベーグルのお店もだし、自然食品のDONGURIもあっちに引っ越してかわいい感じになって、なんかほんとひとつの町として発展してきているな~って気がします。

Posted by: ぽん | May 04, 2008 at 02:01 PM

今日の夕方、昨日入りそこなったZANPANOに行ってまいりました。
通りに臨んだ席に座ったのですが、窓から涼しい風がそよ~~っと入ってきて、ぼーっとしてしまいました。時々通る電車のおともうるさくはなく、ここは、ほんとによいお店だなあ~と改めて思いました。そして、関さんの作品、壁に飾られているの、椅子に掛かっているの、テーブルにあるものどれもこれもよいですね。単色の作品もいいし、色が重ねて使われているものもいい。昨日、お目にかかることができた関さんのお顔や雰囲気がつい浮かんで来て、見比べながら(?)の観覧になりました。迷いに迷って、私も(?)マッチのセットをいただきました。
そして、堀江さんのアトリエ、これもまた、本当によかったです。実をいうと、飾られている作品を上回って、お庭やおうちに心を奪われていたのです。あのお庭で、ゆっくりおしゃべりできたらいいなあ。。。

そういえば、東大路ではないですが、最近「たこなぐり」というたこ焼き屋さんが近所にできて、ネーミングにインパクトを受けると伴に、パリパリ系とは反対の感じですがおりこうなお値段で美味しかったです。界隈、たこ焼き屋さん密度が高い気がします。

Posted by: wind | May 06, 2008 at 10:43 PM

夕方 ザンパノで、通りに面したところに座るのはいいですねー。ザンパノはなんとなく男っぽい感じがするカフェに思えるのですが、窓際には花が並べられてなんだかかわいらしいんですよね。

関さんの作品、ほんと音楽性がありますね。いろんな情景が目の前に広がるところとか。。CDとのコラボにはぴったりな感じで。幼い頃の、なつかしくも影もちゃんとある夢みたいなものも感じます。

堀江さんのところ、センスがよくておおらかに生き生きしてましたね。NHKのガーデニングライフのテレビ見るのわりと好きなんですが
ほんと庭は人なり。。って思います。

たこなぐり 気になってました。
パリパリ系と反対の感じ、主人が大阪で好んでいたのがその系統なんです。
買ってみよう。

Posted by: ぽん | May 07, 2008 at 10:16 PM

本来は、こちらにコメントするのもおかしいのですが失礼して。
今日、初めて、念願の「アスタルテ書房」を訪ねてきました。
何とも、魅惑的な空間ですねぇ。

ビルの入り口を行ったり来たりしてなかなか見つけられず、近くの本屋さんで京都本を漁ったのですが、こんな私でもみつけられる様なしっかりとした場所の記載がなかなかみつけられず、でも、この通り名はあっているからと、再度挑戦。ぽんさんの「つながる読書空間」での紹介を読んでいましたのに、頼りない事です。で、やっと、ビルの入り口を覗き込み、見つけたポストの文字にバンザイでした。
なのになのに、例によって、あのシーンとした厳かな空間にお腹の音が鳴り出しそうで、気が気ではなく、早々に失礼する事になったのです。みた書棚も、店主から遠い入り口近くのものだけ。きっと、怪しいやっちゃなあ、と思われても仕方ない素振りで帰ってまいりました。ああ・・・
でもでも、もちろん再訪を期していますし、あの、貴重なお部屋はなんとしたことでしょうか。あそここそが、書物であり、絵画のようですね。

そして、まぬけとはいえ、どこかにコメントを残したくて、こちらでも書いておられた?と過去ログを辿らせていただきました。主に2004~5年あたりを。
そしたら、もう、ぽんさんの日記が、懐かしくて懐かしくて。あのお店や場所をこんなに早くから紹介してくださっていたんだ!という驚きや、ああ、あの時は、そうだったねぇ・・という切なさやら。こうして、残していただいている事のありがたさと必要性(えらそう^^;)を再認識しました。
2005年の関さんの北浜での展覧会も感激でしたし、「迷子」とのつながりもあらたに・・・

というわけで、ながながと、自分本位につぶやき失礼しました。

Posted by: wind | May 26, 2008 at 08:14 PM

windさんうれしい書き込みありがとうございます。いろいろな記事を関連付けてみられるようにしたほうがいいですねー。つい照れてしまって書きっぱなしって感じになっているのですが、せっかくですからちょっとでもみてくれた人が立体的に情報を得られるようにしたいですね。こうしておはなししているとやる気がでます。
関さん関連の記事もいくつもあるはずです。

アスタルテ、確か金子國義さんのものが多かったですねー。なんか直に関係もおありになる感じがしましたがどうだったかな・・なかなか行けないのですが、また行ってみたいなと思っていたので
windさんのご報告がうれしいです。前に行った時よりはまた金子さん周辺のことも知識が増えたので今度行ったらもっと楽しめそう・・とも思います。

Posted by: ぽん | May 27, 2008 at 11:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/41080121

Listed below are links to weblogs that reference 関美穂子さんの展覧会めぐり:

« グリグラカフェ | Main | 【喫茶】ELEPHANT FACTORY COFFEE »