« 秋の探索 | Main | 一服。 »

December 11, 2008

町中の憩い

(2010年9月追記:文中に出てきます「食堂ハレトケ」は店名を「食堂キュロット」に変えられました。)

麩屋町二条を下がったところにある旧作ビデオの店、ふや町映画タウンにまた行き始めてから時間のある時はその近辺のスポットにも立ち寄るようになり、新鮮な気分になります。はてな日記に書いた京都国際マンガミュージアムもですし、
Haretoke1衣棚通夷川下ルの食堂ハレトケも立ち寄り場所です。

Haretoke5入口のかわいらしいのれんや、この文字から推測できるように、若くて健康的な女性が心をこめて働いておられるお店です。

Haetoke3中はいろいろな種類のちゃぶ台がおかれていて、自分でつくっておられるお店という感じがまた好もしいです。付近の仕事場の方などもそれぞれのちゃぶ台に集われ

Haretoke2だしてもらえるあったかいお茶と坪庭でほっと一息ついておられる雰囲気が伝わってきます。

Haretoke4わたしがいただいたお昼ごはんは、豆腐ハンバーグと大根と揚げの煮物、みそ汁、ごはん。ごはんは胚芽米と玄米とで選べます。豆腐バーグはすごくやわらかくて、ジューシー。
Haretoke6昭和の食卓風のなつかしい器にもられた大根の煮物もよくたけていました。
おみそ汁にも細かく大根のくきなどがはいっており、野菜を無駄にしない知恵・・自分もあそこにいってからちょっとマネしてます。
このお店で特に印象に残ったのはお店の方の姿勢。すばらしい笑顔でてきぱき働いておられ、雰囲気だけでないほんとにおいしくてからだにいいものを提供しておられる姿。最後に出してくださるあったかいお茶も、とてももてなしの気持ちがこめられていて、たびたび寄りたいなと思えたお店です。

お店のページはこちら

|

« 秋の探索 | Main | 一服。 »

Comments

私もハレトケ行ってきました〜。
「食堂」という響きが気になって。スガマチ食堂がだぶって…
ハレトケって名もどういう意味何でしょう?

私が伺ったときは、肉と野菜の炒めものとホウレンソウの和え物と五穀米ご飯とお味噌汁でした。
お母さんの献立っていう感じなのがグッと来ます。P-のりが独身やったら通いそうです。

町屋も変に作りこんでいなくて、そのまま使っててその素朴さが好きです。
町屋にチェック柄の暖簾や内装のカバーとか、一枚板の標札みたいな看板とか、メニューの黒板とか、ええなあ〜。

Posted by: P-のり | December 11, 2008 at 11:26 PM

お店の名前、ハレの日もケの日も等しく楽しく・・みたいな意味かな~って実際にはききもしてないのに、勝手に推測してました!今度きいてみないと・・

検索していたら、一乗寺のアイリッシュ喫茶ウッドノートのお客さんがされているお店とか・・
http://irishflute.exblog.jp/8960390/

スガマチ食堂、このあいだ新聞のおまけみたいな新聞にのっていたのですが、スガさんとマチさんという(おばあちゃんとかおかあさんとか)ご家族のお名前らしいですね。

ハレトケに戻ると、ほんと住居を本来の姿のまま使っている感じで、あのあたりの町のたたずまいとも溶け合っていていいですよね~。

Posted by: ぽん | December 12, 2008 at 08:58 AM

あけましておめでとうございます。
なかなか遊びに来れなかったのです。ごめんなさーい。そういえば、実際はがきをお送りできればよかったです。
それから、我が休みがちというか完全に休業していたブログに久々連絡事項をかきました。ちょっとしたトラブルで、最近メールくださってない方のアドレス失ってしまって困っており。メールで連絡先(pcのメールアドレス)送って下さると幸です。あ、携帯でご連絡すればよかったか。
ともあれ今年もよろしくお願いします。

Posted by: ましゅ | January 06, 2009 at 01:43 AM

ましゅさん 連絡ありがとうございます。
時々ブログのぞいていたのですが更新されていないのでどうされているのかな?と思っていました。メール送りますね!

Posted by: ぽん | January 06, 2009 at 08:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/43383739

Listed below are links to weblogs that reference 町中の憩い:

« 秋の探索 | Main | 一服。 »