« 町中の憩い | Main | 黒谷 な屋 »

January 22, 2009

一服。

なんとか慣れてやっと快適になってきた職場がこの春閉鎖になることになって、今月から新しい仕事をかけもちではじめました。もう疲れる疲れる。不得手な新しい状況への適合という意味でも自由時間の減少でも。
やっとこさ日曜になって町での用事を兼ねてまずおとずれたのは

Ele2009河原町蛸薬師東のElephant Factory Coffee.ここは古本販売も兼ねられていて、たくさんの本に触れながら珈琲がいただけるのがうれしい場所。このところ職場の資料ばかりでからからに乾いていた自分の気持ちに文字通り水がしみこむよう。販売対象ではなかったかと思うのだけど、読んだのは雑誌BRUTUS。映画の特集とそれぞれの分野の人が知識を伝えるような特集。後者には、白洲正子のことを辛酸なめ子が描いているのがあいかわらずの観察眼でなかなかおもしろかったし、映画の特集では、思いきり重厚なつくりの中でのナンセンスな展開にすごい衝撃を受け、誰かとこの思いを共有したくて仕方なかったチェコのオルドリッチ・リプスキーの映画についてふれられていて、こころの故郷にかえったようなうれしさを。さらにその系統のものとして「マジック・クリスチャン」というシュールでおかしそうな映画が紹介されおり、うちに帰ってから休業中?のふや町映画タウンの在庫検索をかけたら、でてきて、ふや町復活の際は絶対に借りようと、なんか展望みたいなものが生まれてきてかなり元気に。

そうはいってもパート主婦の自分には翌日からまたはじまったかけもち=正社員なみの拘束時間はまたまたキツく、平日の休みを首を長くして待つこと2週間。やっとやってきた平日の休み、朝は耐えられないくらい混沌としてしまった部屋を整頓、昼から街に買い物に。近所のスーパーよりはちょっとおしゃれな部屋着を買って、そのあとは、繁華街は避けて、
Kamo前から行きたかったかもがわカフェのランチを食べに。

Stove入るなり石油ストーブのぬくもりがとってもあったかく、

Kamo5部屋のなかの緑が気持ちを落ち着かせてくれ、

Kamo6鴨川がのぞめる窓際には、落ちついた感じのお客さんがゆったりと読書しながらお食事中。自分にとってやっとたどり着いたこの時間~という感じでした。

ランチについてくる中国茶を飲みながら私が読んだのはこの雑誌。
Zasshi前述のElephantFactoryCoffeeをはじめ自分の好きなお店がたくさん、かなりお店の人に密着してきっちりと紹介されていて楽しい読み物。

ランチは
Soup玄米もちと畑菜ときのこのスープと

Kamo4蓮根と山芋つくねの韓国風照り焼きに、蒸し豚と大根のサラダ+ごはん(+中国茶)で780円。特にスープはほんとにからだがあったまって、うちでもつくりたくなりました。

かもがわカフェのサイトをみていても自家焙煎の珈琲の話がでてくるのですが、いい香りに惹かれて、食後にはコーヒーを。落ちついたお客さんたちにあわせたのか、アイリッシュっぽい音楽やクラシックがかかり、その幅広くて適切な音楽選びも心地よく、かねがね、ここでのランチをすすめられてはいたけれど、いい時間を過ごせる場所だなぁ、このエリアの基地にしようと心の中で決意したのでした。

Stockかもがわカフェの一階には、その日は製作準備でしまっていた確かアトリエと、奥には写真に撮ったStockRoomという古書とアンティーク家具のお店があります。前にいったとき、高山なおみさんの本を買って、それ以来我が家の食事はかなりおいしくなったのですが、この日は家具の方をチェック。あめ色をした収納家具が多く、この家具と一緒にシンプルに過ごしたい思いに。(結構手が届くお値段だったのです。)生活のクオリティーにも刺激を受け実り多き午後でした。

|

« 町中の憩い | Main | 黒谷 な屋 »

Comments

>なんか展望みたいなものが生まれてきてかなり元気に。

ああ。。。この感じ、すごくわかります。
その展望で自分の居場所が確認できるというか、逆に、在る場所に辿りついたから、その展望がもてるというか。なんか、ホッとしますよね。
と、いきなり、お茶の間に上がり込んじゃったようで、すみません^^;
ぽんさんが、お仕事、とてもがんばっておられて、まさに一服に充電された様子がとてもうかがえてうれしいです。
「高山なおみ」さんの本、なんでしょう?自分が高山さんを、とても有名な方で周りでもお好きな方が多いことに気付いたのはつい最近のことでした^^;
かもがわカフェの1階、自分が知っていた雰囲気と変わってそうで、また行ってみます!

Posted by: wind | January 22, 2009 at 10:26 PM

windさん そうなんです。windさんが仕事まみれの後、やっと映画とかご覧になられる時間ができたときおっしゃってた、その心地を今ものすごく実感してまして。お茶の間トークとってもうれしいです。StockRoomで買った初高山さんは「のんびりつくるおいしい料理」っていうタイトルのもので、季節感あふれるすてきな本です。作りやすいし。その次に買った「うちの玄米ごはん」っていうのも別に我が家は玄米ごはんにしているわけではないのですがごはんにあうおかずがいっぱい載っていて重宝してます。
かもがわカフェの1階、雑貨屋さんだったところが、かわっています。

Posted by: ぽん | January 23, 2009 at 07:46 PM

「のんびりつくるおいしい料理」検索してみました!そのタイトルにふさわしい表紙の写真が美味しそう~~
自分の一冊は「じゃがいも料理」というやつで、写真眺めて楽しんで入るのですが、まだ料理していないていたらくです。見てるだけで幸せ^^;

そうそう「ふや町映画タウン」のこと。
HPをみても、今後の手がかりがなくてわっ、どうしよう・・・とあらためて思ってしまったのですが、復活、しますよね!

Posted by: wind | January 23, 2009 at 09:39 PM

高山なおみさんの本ってみているだけでもすごく楽しいですよね!
「のんびりつくるおいしい料理」では、半熟煮卵っていうのがこどもの評判がよくて、よくお弁当にいれたり、ビビンバに添えたりします。
あと風邪の民間薬とかも載っているし、なんか作りたくなる気分になるものが多いです。塩豚のスープとかもおいしかったなぁ。

ふや町、休業してとりあえず、アメリカの古い映画とロマンポルノとドキュメンタリーを一通りみておきたい、とおっしゃってました。春ごろみおわる予定ときいているので、そのころには自分も少々生活が落ち着いて、またレンタルできたらなぁと思います。ほんと不確定な感じですが、随時お知らせはHPときいているので、時々チェックにいってます。

Posted by: ぽん | January 24, 2009 at 09:02 PM

ぽんさん、寒い中毎日お疲れ様です~
ほっと一息つかれたようすを細かくおしえてもらって私もホッとしました。
風邪ひかないように気を付けてくださいね。

石油ストーブがいいですね。
以前、義父母のお下がり(?)のアラジンのストーブを使っていましたが、こどもが生まれて危ないからとしばらく使っていない間に処分してしまったのです。

新しいのを買い直したいくらいあの温かさが恋しいわー

Posted by: ゆっけ | January 24, 2009 at 10:50 PM

ゆっけさん あたたかいコメントをありがとうございます!

そしてアラジンのストーブ!わたしも新婚当初使っていましたよ!あのほんわりしたあたたかさって独特ですよね。小さい子がいると確かにあぶないのと、(柵つくったなー。。)給油がちょっと大変で、京都では二階に住むことになってからやめてしまいましたが。。わたしもまた復活させたくなったりしてます。お店に灯油のストーブがおいてあるだけでわたしの評価はぐんとあがります。

Posted by: ぽん | January 25, 2009 at 10:26 PM

こんばんはー。おひさしぶりです。
ああ、ストックルーム、いきたいなあ。おとづれたときは何気なく目に留まっただけなのに、しばらくして、ああ、欲しいものがあったのにと、あとから気づいて。壊れ物だったので諦めたのです。最近は旅行中の壊れ物もあまり気にしなくなりました。
ところで、こちらの手前のテナントは何になったのでしたっけ、むかし、「はじかみ」だったところかな。

またブログ久々更新しました。今回は、ぽんさん、読んで下さる、最近お気に入りのものレビュです。なるべく使って気に入ったものに限定しています。

Posted by: ましゅり | January 28, 2009 at 06:52 PM

ましゅりさん なんかまた今週は今日まで一服できなくて自分のブログにきたのが久しぶりになってしまいました。そしたらコメントを寄せて下さっていて。。うれしいです!

ストックルームの前の店舗、そうです、「はじかみ」だったところです。帽子か何かのアトリエになってたような感じなのですが、また時間ができたらチェックしますね。

ましゅりさんのブログ、今年になってたくさん更新されているのですね!またおはなしさせてください!

Posted by: ぽん | January 31, 2009 at 08:01 PM

ぽんさん、こんばんは。
いつも素敵なスポットのご紹介、楽しませてもらっています。
ちょうど友達と京都に行くことになり、ぜひ「エレファントファクトリー」と「かかもがわカフェ」にいってみたいと思っています。でも、日曜日なので混んでいるかなーとちょっと心配です。
 それからお仕事、かけもちなのですね。大変でしょう。くれぐれもお体大切になさってね。

Posted by: 点子 | February 01, 2009 at 12:06 AM

ぽんさん

お久しぶりです。丸バナナ改め、まるです。

昨年、京都へ行った時に、かもがわカフェに友人に連れられて行ってきましたよ。
しかし、私はぽんさんのリポートとは逆で、カフェは寄らずに一階部分だけ。
そしてそのアトリエに連れて行ってもらったんですが、(友人が少し前からそこのオーナーさんと知り合いだったらしく紹介してもらいました)
Montauk(アトリエ モントーク)
というオーダーバッグのアトリエでした。
北欧のデットストックのテキスタイル柄生地や、リネンなんかを使った使いやすそうで可愛いバッグを作られていました。
いつも扉は閉まっているようなんですが、
作品を見たい場合はドアから声を掛ければオーナーさんが開けてくれると思います。
今のところHPなどでの注文は出来ないようでお客さんには、生地を実際に見て、納得してからオーダーしてもらいたい・・・とおっしゃっていたと思います。
私も二回くらいお邪魔して、お話を聞いて作品を見せてもらいましたよー。気さくでステキな女性のオーナーさんでした。

京都は昨年から急にご縁が出来て、
今月も行ってきました。

冬の京都の底冷えは本当に寒いけど、きりっとした空気が気持ちよかったです♪

ぽんさん、お忙しいんですね。お疲れ様です。体調崩されないようにしてください。

Posted by: まる(丸バナナ) | February 01, 2009 at 10:08 AM

こんにちは!

ぽんさんの写真は、いつみても雰囲気が出てますよねー。
自分がお店に足を踏み入れているかのような錯覚に陥るのです。
私もこんな風に撮れたらいいのに。

はじかみの跡地は、まるさんのおっしゃる通り、
オーダーバッグのお店です。
オーナーは確か、北山にあるボタン屋さん『ドログリー』の
元店長さんだったはず。

Posted by: gardenia | February 01, 2009 at 11:05 AM

みなさんコメントありがとうございます!
>点子さん
本のお好きな点子さんならエレファントファクトリーも、かもがわカフェも落ち着かれると思います。たしかにエレファントファクトリー、日曜にいったときはちょっと混んでました。でも、隠れ家っぽい場所にあるからタイミングがよければそうこんでないかもしれません。

仕事のかけもち・・想像してましたがやはり大変です。特に新しい方の研修期間、やたら出勤が多くてくたくたでした。いよいよ今日で研修がおわりました。担当の日、ひとりでまかされることに・・前日緊張で寝られなくなりそうです。。

Posted by: ぽん | February 02, 2009 at 07:44 PM

>まるさん
詳しいおはなしありがとうございます。
一階のアトリエ、扉が閉まっていたので、それ以上接近できなかったのですが、なんかとてもいい感じですね~。
誕生日とかに自分用につくってもらおうかな~。

まるさん京都によく来られるようになって、
こうして地元民でさえもきっちりとは知らないところにいっておられるのだなぁ。。またいろいろきかせてくださいね!

京都、実は冬がいい!って特集を今朝はなまるマーケットでしてましたよ。

http://www.tbs.co.jp/hanamaru/tokumaru/index-j.html

Posted by: ぽん | February 02, 2009 at 08:21 PM

gardeniaさん gardeniaさんはさすがお詳しいな~。ドログリー、最近いってませんが、ほんといいボタンおいてますよね。あとはシンプルでもあそこのボタンだけでとってもすてきな服になるような・・ボタンって結構大切だと最近気が付きました。なんかボタンが安っぽい服は不器用なわたしでもつけかえたくなります。

あのね、gardeniaさんから以前教えてもらった元田中のバー探偵、喫茶もはじめたようですね。
http://bartantei.blogspot.com/
近所の友人といこうといいながら新しい仕事のせいでいけてません。今これを書いているこの時間、あがた森魚がきてるんだ~!
すごい!

Posted by: ぽん | February 02, 2009 at 08:33 PM

お久です~ 喫茶探偵のご近所の住人です(笑
この前仕事帰りに前通ったら、中から歌が聞こえてきて~。。。
カラオケ?なんて相方と言ってたのですが、あがたさんが来てたのですね 知らなかった。。。(^^ゞ

いつか行かねば、と思いながらなかなか行けませぬ 行くときは是非声かけてやってくださいませ(^^)
あ、店の前に本箱出して ミステリー関係の本を 100円 300円で売ってますよ

Posted by: ふろ | February 05, 2009 at 02:29 PM

おお おひざもとならではの情報ありがとうございます!いろいろおもしろいことがありそうな予感に満ちた場所ですね。
リンク先のちゃありぃさんが美しくレポートされてます。
http://brownscafe.exblog.jp/9520004/

ちゃありぃさんよりずっと近くに住みながらなかなかいけないわ~。。

Posted by: ぽん | February 05, 2009 at 08:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/43818471

Listed below are links to weblogs that reference 一服。:

« 町中の憩い | Main | 黒谷 な屋 »