« ご近所で一服 | Main | 大阪逍遥 »

September 14, 2009

夙川ぶらぶら

Nagakutuすてきな図柄の絵本のことをいつも教えてくれる友人が毎年行っている西宮市大谷記念美術館のイタリア・ボローニャ国際絵本原画展に9月頭におともさせてもらいました。美術館のトップページに載っている猫の作品も日本の方(Imai Ayanoさんというお名前)だと思うのですが、日本人作家の作品も多く、それが、ちょっと前に時々感じていた、日本の絵本デザインの限界みたいなものを全然感じさせない、ユニバーサルな感じ?に満ちていて、大変楽しめました。わたしが気にいってグッズを買ったのは、パッチワークを使った韓国のチョン・ジ・イェさんという方の作品、白、黒、赤のシンプルな色遣いで、コミックタッチのフランスのローラ・アカヴィヴァさんという方の作品などです。板橋区立美術館のサイトには、この展覧会の絵ハガキ紹介が載っているので、どんな感じかぜひみてみてください。

Ameen西宮に行ったらぜひいってみたいと思っていたお店、ameen's ovenにもお昼に連れて行ってもらいました。
Ameen3マンションの一部とは思えないような、自然が生きている感じに、お店の方が自らされており、愛情をこめてお店を運営しておられるのがすごくわかる雰囲気に満ちています。裏庭ではこどもたちの集い(絵を描いたり何かをつくったり)の企画などもあるようで、地域にすごくいい感じで溶け込み貢献しておられる感じで、お邪魔した日もイベントの日ではなかったのですが、子育て中の方がたくさん来店しておられ、気持ちのいい空気が流れていました。

Ameen2友人の頼んださまざまなパンが楽しめるプレートも
Ameen4わたしの頼んだセットも野菜の味がものすごく甘く、豊かなものを食しているなぁという喜びにみたされました。ゆっくりかんでゆっくり味わうことが自然にできます。

またおいてある本が深くて、とてもすてきで、ひとりで行ってゆっくり内面への旅をするのもいいし、友人とくつろぐのもいい、近かったらほんとにしょっちゅう行きたい場所、遠くてもまたぜひ行きたい場所だなあという気持ちで心が満たされました。

おみやげに、ハードなタイプのものから、べーグル、シナモンロールなどのやわらかいものなどいろいろとりまぜて買ったのですが、ちょっとずつ切って夕食のとき並べていたら家族みんなに好評ですぐになくなってしまいました。

夙川というのは詳しくないのですが、さわやかな空気が流れているところで、
Soramimi2大谷美術館近くのsoramimibuncoはじめ、緑を中心の洗練された庭づくりをされているところが多く、小さな旅行気分を満喫できました。

Soramimi こちらもなつかしくてかっこいい感じの絵本が販売や展示やらされていて、カフェになっています。

World最後に連れて行ってもらったのは、WORLD TIMESというカフェ。川沿いでのんびりゆっくり風景をみながら語り合えるような場所です。

河原町から阪急に乗っている時間は1時間以内の夙川。まだまだいろいろありそうです。また時間を作って探検してみたい場所となりました。

|

« ご近所で一服 | Main | 大阪逍遥 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/46209645

Listed below are links to weblogs that reference 夙川ぶらぶら:

« ご近所で一服 | Main | 大阪逍遥 »