« 長野へ その1 岡谷 | Main | 長野へ その3 松本泊 »

December 02, 2009

長野へ その2 善光寺周辺

Zenkouji善光寺という場所には以前一度くらいは行ったことがあったと思うのですが、よくきく、まっくらな中を歩く、というようなちゃんとしたお参りはしていなくて、臆病者の私は、祖母が近所の人と出かけて、頑丈そうな連れのおばあさんにしがみついたという逸話など思いだし、ひとり緊張していました。
しかし、お参りで出かけたのですからやはりそこはスルーできないだろうということで、そのお戒壇めぐりというものにあずかってみたところ、徹底したまっくらやみをひたすら歩いたあとに、

中程に懸かる「極楽の錠前」に触れることで、錠前の真上におられる秘仏の御本尊様と結縁を果たし、往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をいただく道場 (善光寺サイトより)
ということで、おまいりのあと「生きて還りし物語」というか、ひとつのイニシエーションというか、死と再生みたいなものを体感し、なにかとても清々しい心持ちになりました。

おまいりのあと、少しだけ散策。
Nagano2「信州の西洋館」という本でみかけてはじめ泊りたいと思ったのだけど、今はレストランになっているということであきらめた藤屋旅館もすぐそば。

町が土曜日の夕方というなにか余裕のある空気が漂っているのも気持ちがいいです。案内板をみていると、長野市の気になる場所としてチェックしていた夏至というお店が近くとわかりたずねていきました。

Nagano1中は記念撮影程度のもの以外撮影禁止だったのでご紹介できなく残念なのですが、そりゃあもう素敵なこと!アンティークの木の家具などをうまく使った木の落ち着いた店内に並べられた厳選された生活雑貨と、善光寺の参道をみわたす窓に面したカフェ。店内にはとってもいいお香の香りが漂っており、大切な人とゆっくりしたい空間です。東京カフェマニアさんのレポートに出ていたのでちょっとみてみてください。(こちら

わたしはそちらで、多治見のギャルリももぐさのサロンという、着物にヒントを得たような巻きスカートを購入してしまいました。サイズがかなり自在に調整できるというところに惹かれて。ぎゅっと帯のようなものでしばるので、着てみると、着物を着た時のようになんだか気持ちがしゃんとするのでした。この気持ちをできるだけ長いことキープできますように・・
ギャルリももぐさの方も今度ぜひ行ってみたくなったのですが、こういう風に好奇心がつながっていくのって楽しいな・・サロンを買う時の、夏至さんの接客はとても親身で、ただ売るのではなくちゃんと相手が活用できるように愛する品物を手渡す、という気概が感じられとても気持ち良かったです。

|

« 長野へ その1 岡谷 | Main | 長野へ その3 松本泊 »

Comments

昨年私も善光寺に立ち寄りました。
藤屋旅館、素敵ですよね。あいにくその日は結婚式で貸し切りとなっていて外から眺めただけでした。私は藤屋にくっついてるとなりの喫茶店に入りました。静かないい雰囲気でした。
サイズが調節できるスカートのようなサロン、よさそうですね。ももぐさは多治見なら我が家から近いです。時間ができたらふらっと行きたいな~。

Posted by: masako | December 03, 2009 at 01:40 PM

あ masakoさんも善光寺に!わたし、学生の時にちょこっと長野行ったことあったのですが、何もわかってなかったというか、こんなに味のある風景がいっぱいなんだ!って発見がとても多かったです。ももぐさ、すごくよさそうですよね。masakoさん、サロン似合うと思う。おしゃれ着っぽいのやら日常着っぽいのやら結構いろんな組み合わせのがありますもの。はだじゅばんみたいなのとあわせていろんな風に着こなせるようです。

Posted by: ぽん | December 03, 2009 at 07:52 PM

善光寺、父がまだ存命の頃、それでも最晩年で元気はなかったのですが、お戒壇巡りをした覚えがあります。
でも、ただくらい中を大勢の人と歩いたなあとぼんやり思い出したぐらいで、あとは、駐車場を探した事ぐらいで^^;

>ひとつのイニシエーションというか、死と再生みたいなものを体感し、なにかとても清々しい心持ちになりました。

と書いてくれて、過去の記憶が塗り替えられた思いです。
藤屋旅館、まったく知りませんでした。
よいですね~~
masakoさんもご覧になったのですね!
巻きスカート、楽しみにしています!

Posted by: wind | December 09, 2009 at 10:04 PM

お父様とのお戒壇巡りのこと書いて下さってとてもうれしいです。きっと車のことやら何やらwindさんが取り仕切っていかなきゃいけない感じでぼんやりと味わうって感じではないですよねー。八十八ヶ所の朱印、いくつかもらいに行ったのですが、善光寺はさすが集まる人の数が違うからシステマティックになっていて、普段マイナーなところばかりふらふらと行くから余計にか有名な日本の風景のひとつに参加している、っていう感じがとても新鮮でした。
長野ももっと時間割いたらまだまだ味わえそうな感じでした。

Posted by: ぽん | December 10, 2009 at 05:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/46915148

Listed below are links to weblogs that reference 長野へ その2 善光寺周辺:

« 長野へ その1 岡谷 | Main | 長野へ その3 松本泊 »