« 長野へ その3 松本泊 | Main | 長野へ その5 松本おみやげめぐり »

December 13, 2009

長野へ その4 松本民芸館

ホテル花月に泊まった翌日は、まずは松本民芸館に。

Minngeikan2_2
Minngeikan1_2ついてすぐ広がる、自然を活かしたお庭に大層魅せられました。控え目なリンク先のHP紹介をみたときの印象をはるかに上回っています。

そして、写真ではうまく伝わらないのですが
Minngeikan3窓からみえるアルプスの風景。普段京都で慣れ親しんでいる山の姿とは規模が全く違い、清冽な印象があります。北杜夫さんの本で出てくる松本高校時代の登山の話、松本出身の友人の高校までの話などを思い出し、この山々を仰ぎ見、生活してきた人々の暮らしに思いを馳せました。

Mingekan3民芸館でも特に好きな場所がこの二階からの風景。椅子の配置がとてもあたたかく気持ちがいいです。

Mnngei5これをみたとき、柳宗悦の「手仕事の日本」に出てくる芹沢銈介の小間絵を思い出し、民芸館のお世話をされている方におたずねしたのですが、民芸運動で日本各地でさりげなく使っていた伝統的な日本のふとんなどの文様からすてきなものをきってもってきちんと飾っているものということでした。
Mingei6たとえばこのような文様などはデニム系のお店の商品のようです。そして、よいものをみることによってみたひとの日々の生活の目を磨いていけたら、という話をしてくださったのですが、それがまたとても謙虚なたたずまいでおはなしになって、とても心に残るものでした。

|

« 長野へ その3 松本泊 | Main | 長野へ その5 松本おみやげめぐり »

Comments

突然のコメント失礼致します。
長野のサイトを運営している者なのですが、失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
もしよろしければ、相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://ken.link-z.net/nagano/link/register

ご迷惑でしたら申し訳ございません。よろしくお願いします。
QkW

Posted by: 相互リンクのお願い | December 13, 2009 at 02:41 PM

こんばんは。

上高野の蓮華寺の情報ありがとうございます。

残念ながら今年は行けませんでしたが、来年ぜひ行ってみたいと思いました。

今月も京都に少し寄りました、その時カイラスレストランに行きました。オーガニックなメニューと雰囲気のいいお店でした。

民芸館の二階からの風景すばらしいですね。見てみたいです。

以前、休日と重なる日に東寺や北野天満宮の市に行っていましたが、売られている民芸の道具は味わい深いものが多かったです。あ~また行きたくなりました(^o^)

Posted by: woo | December 13, 2009 at 09:03 PM

wooさん 上高野、またぜひいってみてください。
どのシーズンもいいらしいですよ。

カイラスレストランいいですよね~。まず入り口の木の感じもいいし、いろいろ工夫して居心地のよいお店にされている感じがとても好きで、ゆったりできますよね~。

わたしは北野ばっかりで東寺はいったことないのですが、東寺はさらにごったまぜでおもしろいエネルギーがある・・ときいたこともあります。
一方、北野も最近いってなくて、オオヤコーヒーの屋台とかのぞいてみたいなと思っているところです。

今月や来月は終い弘法&天神、初弘法&天神でまた特別のいろどりがありそうですねー。

Posted by: ぽん | December 14, 2009 at 08:06 PM

松本民芸館行ったことなくて、ご紹介くださってありがとうございます!

そして、山のかたち、ほんとうにこちらと違いますね。
松本駅の構内通路の大きなガラス窓からは北アルプスの連なりが眺められ、運がよければ、槍ヶ岳がちょびっと見えたりもするようです。
あの尖がった鋭利な山々は憧れです。

北野の天神さんに、オオヤコーヒーの屋台がでているのですか!?
それは、興味津々!
東寺には行かれたことがないのですか?
これは、意外中の意外です^^
とはいえ、自分ももう何年も行っていないのですが、ごちゃごちゃ感は、奈かなかのものです。
でも、大昔^^;まだ子どもの頃に大人に連れられて一度行った思い出では、さらに怪しくごちゃごちゃしていました。。。

今年もあと2週間で終わるなんて、とても信じられません。。。

Posted by: wind | December 14, 2009 at 08:50 PM

松本、上に書いた友人の話ですが、ちょっと高校をサボって上高地に、とか、自分とはスケールの違う話がでてきて、雄大な山と一緒に育ってきたんだなぁと思ったりしていました。(o^-^o)
松本民芸館できいたのですが、クラフトフェアっていうのがさかんで、そのときにあわせていろんなことがあるらしいですね。

東寺は、ガラクタ市とかいう小規模な日にいったことあるだけなんですよ。

子供のころ大人に連れられて、というwindさんの書き込みをみて、子供のころでもなかったのですが、円山公園で花見のころ見世物小屋みたいなのがきてたことあったなぁ・・最近はきてないのかな~って思ってます。

Posted by: ぽん | December 15, 2009 at 12:47 PM

おお、円山公園の見世物小屋!
大学の頃、友人が行ったという話をしていて
ほんまにあんの?あるんやったら、ぜひ行きたいと思ったのですが、(おふくちゃんや~~、の思い出も喚起されていたかもしれません)機会のないままでした。
ほんまに、あったんですね~~
そうですねぇ、最近はきていないのか?ぜひ、知りたいところです。

そういえば、先週末、青蓮院の青不動を拝観して、円山を通ったら、池の前で若者がジャグリングの大道芸をしていました。公園内は、閑散としていましたが、まあまあの人だかりで、一生懸命さに少しグッときました。

Posted by: wind | December 15, 2009 at 03:28 PM

そうそう、開運堂さんのあのお菓子、勝手ながら、ぜひご紹介いただきたい気持ちです。
幸せのお菓子なんですってね。^^

Posted by: wind | December 15, 2009 at 03:32 PM

わたしが円山公園で見世物小屋をみかけたのも80年代だったと思います。2000年代はいってから北海道で一度みかけたと思います。寺山修司やフェリーニの世界ですね~。あ、おふくちゃんもですね。おふくちゃんは、ピノキオの世界と近い感じがします。

開運堂のことも紹介したいのにそこまでたどりつかなくて・・ほんと思ったことを実行に移すのに時間がかかるなぁ・・

Posted by: ぽん | December 15, 2009 at 08:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/46987832

Listed below are links to weblogs that reference 長野へ その4 松本民芸館:

« 長野へ その3 松本泊 | Main | 長野へ その5 松本おみやげめぐり »