« 里の駅 大原 | Main | 越中八尾 »

July 19, 2010

金沢すこしばかり

急に話が持ち上がって、ばたばたと金沢に行ってきました。

午後3時ごろ京都を出発したもので、ついてすぐ夕ご飯処を探していたらもう日没。でも仕事をした後全然違う風景の場所で日暮れを迎えられる、ってとっても楽しいです。
Bizann尾山神社の神門。和漢洋の三様式を使用しているそう。ステンドグラス(公式サイトではギヤマンという表示)がとても異色で旅情を誘います。
着いた日は、夏なのに赤玉というおでんのお店に行き、終了。

翌日、前回金沢旅行で行ってなかった西茶屋街へ。
Nishichaya検番は、花街ものの書物などで親しみがあったのですぐそれとわかりました。

Kawamura甘納豆のかわむら。

Kawamura2

Midorimame2老舗の落ち着きに、今様のかわいらしさがプラスされていてとても気持ちのいい場所です。

Midorimameこういう風に盛り付けてあると甘納豆という、普段は落ち着きすぎ?と思われるような素材がとっても新しく感じられます。ヨーグルトなどにいれてみようか・・(帰ってからしてみたら実際おいしかったです。)とか、お弁当にいれてみようかとか想像が広がります。

Shinntateそのあとは、新竪町商店街というところが雰囲気がいいらしいときいていたのでいってみました。もともと骨董街だったところらしく、京都の寺町と似た感じの、古いものをバックにその精神を受け継いだ新しくて気持ちのいいものが映えるようないい空気が漂っています。
Sanguria友人と夜憩いたくなるような雰囲気のお店。"自家製サングリア"の文字が夏らしくてすてき。

本当は金沢、友人に教えてもらった古本カフェや21世紀美術館などいろいろ回りたいところがもっとあったのですが、タクシーに乗ったら思った場所に着かなかったり、行ったお店が開いていなかったり、えらい行列だったり、いろいろハプニングがありまして、とりあえず大和デパートで加賀料理を食べた後は、以前おみやげでいただいて本当に驚くほどもちもちとしておいしかった不室屋の加賀麩を地下で購入。(下のブログパーツ参照)あとで知ったのですが不室屋さんはカフェなどもあり食事もとれた様で、今度はこちらもちょっと行ってみたいなと思いました。


というわけで、金沢では次の課題を残しつつ、もうひとつの旅の目的である富山に向かいました。つづく

*あとからわかったことですが、不室屋さんは京都のデパートにも入ってました。

|

« 里の駅 大原 | Main | 越中八尾 »

Comments

おかえりなさい!
早速の日記、ありがとうございます!
どれも、可愛くてお洒落ですね。
明日、提出のレポートが、例によってぎりぎり。
また、ゆっくり書かせてください。
続きもとても楽しみです。

Posted by: wind | July 19, 2010 at 10:59 PM

はいレポートがんばって!またゆっくり書いてね!
windさんに教えていただいたあうん堂、
電話で問い合わせたらすごく雰囲気がよくてとても行きたかったのですが~・・・
21世紀美術館も混んでいてやめたのですが、あのあたりも大きな緑が多くてとても気持ちがいい場所ですね。金沢は多分3回目かなと思うのですが行くたびに新しい発見があります。

Posted by: ぽん | July 20, 2010 at 06:53 AM

美術館は混んでいたのですね。
そういえば、私が行った時も、館内は賑わっていました。子どもからカップル、お年寄りなど幅広いお客様で、それも、それぞれ楽しんでおられる感じがよかったのです。モダンですけれどね。
書いてくださっている、西茶屋街も新堅町もどのお店も知りません。そういえば、自分の知っている金沢は兼六園と近江町市場ぐらいだったかもしれません。アニーホールは見たのだけれど。。^^;

検番。。耳になじみはあるものの、あらためて考えると、なんやろ、と思ってちょっと検索してみました。わかったような気がしますが。
赤玉なんて、いい名前ですね。大和デパートも。
ゆっくり周りたくなりました。

Posted by: wind | July 21, 2010 at 03:26 PM

新竪町、関西でもムードのあるお店って11時とか12時スタートが多いけれど、あそこもそういう感じで、なかにはあいてるところもあったのだけど、通っただけになりました。
あほみたいに朝早くから武家屋敷跡逍遥とかしていて(悪くはなかったのですが。。)本来の目的であったはずの新竪町とか美術館についたあたりの時間はもうグロッキーって感じで、とるものもとりあえずあうん堂方面めざしてタクシー乗ったら、違うところに連れて行かれ、結局デパートにはいったのでした(。。ってこう書くと身も蓋もなく、ええ加減悲惨っぽいのに、windさんが書いてくれたコメントで読む同じ場所はほんとすてきだし、タクシーの一件とかの時はふくれっつらだったのに今思い出すと結構おかしい・・)
おいしいおいしい棒茶の丸八製茶がやっているカフェとかも興味あったし、http://www.kagaboucha.co.jp/
まだまだ行きたいところいっぱいの金沢なんでまた行くために帰ってから前に恵文社でみてほしかった「乙女の金沢」とか取り寄せたりしてやる気まんまんです。笑

10何年ぶりで金沢行ったと思いますが、近江町市場がすっかり近代的になっていてびっくりしました。

Posted by: ぽん | July 22, 2010 at 11:49 AM

金沢で暮らしていた頃、西茶屋街は知られてなかった
と思います。この甘納豆屋さんもそう…。
離れて15年以上経つから、いろいろ変わったんでしょう。

でも、懐かしいです。天狗ハム中田店には焼き肉ちょっと
張り込んで良いお肉をなんて時に買いに行きましたっけ。
でも、車で動くことが多かったので、路地裏はかなり
見落としているかも。

私も『乙女の金沢』を読んで行ってみたくなりました。

Posted by: アルフ | July 29, 2010 at 06:05 PM

アルフさん そうなんですか!
東の方は昔いったので今回西にいってみました。
アルフさんにはいきなりメールでご教示願ったりして、でも結局教えてもらったところ、お店のあくまえからそぞろ歩きとかしていてお店のあいたころには疲れて全然行けなくて・・かたじけない!

天狗ハム、そうでしか~。
乙女の金沢はみててとってもきれいで情報も多くて楽しいです。

アルフさんに以前教えていただいた加賀棒茶の丸八製茶がやってる一笑って茶房も紹介されているのですが、ここもいってみたいな~って思ってるんです。

金沢、官公庁街的なところも大きな緑があってかっこいいし、もっと見て歩きたくなりました。また行かなきゃ・・

Posted by: ぽん | July 30, 2010 at 08:17 PM

金沢は学生時代を過ごした縁で、年に二度ほど訪れます。行く度にいろんな発見があって楽しいです。
今も目の前にかわむらさんの袋がありますし。

Posted by: きゅう。 | November 10, 2010 at 10:59 PM

きゅう。さん コメントありがとうございました。
金沢、ほんとにおしゃれでかわいくて落ち着いていていい街ですね。まだまだみてないものがいっぱいで、年に二回行かれるのもわかります。(o^-^o)

Posted by: ぽん | November 14, 2010 at 03:29 PM

今さらのコメントなんですが、
あうん堂は楽しいお店でしたよ!
お店の方に、写真を撮ってもらったんですけど、
なぜか「その壁の穴から顔を出して下さい。」と指示つき。
ちなみに写真は生首的な仕上がりでした。
素敵なお店だし、
ぽんさんの感想もお聞きしたいので、次回はぜひぜひ。

Posted by: 探偵G | July 26, 2011 at 10:43 AM

探偵Gさま、返信が遅れました!
あうん堂そうでしたか!HPからも何やら楽しげな雰囲気が漂っておりますね。
現在一箱古本市のことなど載っていますが、京都も今 かたくるしくなくてセンスのいい小さな古本屋さん増えてますね。

Posted by: ぽん | July 31, 2011 at 08:36 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/48916002

Listed below are links to weblogs that reference 金沢すこしばかり:

« 里の駅 大原 | Main | 越中八尾 »