« 百万遍手作り市 2011 | Main | 春の足音 »

February 01, 2011

一年ぶりの鳥取

ちょこっと時間ができたので鳥取の、民藝調度がすばらしいと評判をきいている岩井屋に日帰り入浴しにいこうと計画しました。

鳥取市に入る前に高速がいったん途切れている智頭という町を散策。
Chizu3ここは宿場町として栄えたところで古い街並みが残っているのですが、ちょうど2/5~6にかけて雪まつりが開催されるようで(過去の写真はこちら)、その日に灯がともされる手作り提灯などが家々に準備され(写真奥)いい雰囲気でした。また杉がたくさんとれるこのあたりでは、写真手前の(ちょっとみえにくいですが)杉の間伐材で作った手作り風鈴や、写真には写っていないですが杉の飾りなどもそれぞれ飾られ、一体感の感じられる町でした。

Ishitanisoto重要文化財である石谷家住宅でもあちらこちらのおうちから出てきた古いお雛様が想い出とともに展示されていたり、そこにもこの町に住んでいる人たちの息遣いが感じられます。
石谷家は広く地主、山林経営をされてきたおうちということで大変広大な古い作りのお屋敷なのですが、
Yoshida鳥取民藝館ゆかりの吉田璋也さんがデザイン、改装したというフローリングの部屋などモダンな部分もありましたし

Ishitaniこの椅子にも民藝とのかかわりを感じます。

お風呂に入る前に鳥取市内で食事しようと思っていたのですが、ちょっと調べていたお目当てのところはいっぱい。
去年行ったたくみ割烹店を再訪。去年と同じ牛すじ煮込み定食を注文。店内も落ち着く上に、やわらかい牛すじも添えられたうしお汁もとってもおいしく、ここは間違いのない場所だなとつくづく実感。
Takumitobira扉こんなにかわいかったんだ、などと改めて写真撮影。

いつでも戻ってきたい場所、という感じを大いに持ったのですが、去年と違っていたのは
Mingeikanこの積雪。
あとは去年訪れてよかったところをなぞっていけました。

今年再訪できてとてもうれしかったのは庭の林の森のというお店。
ここは「緑の暮しをつくる店」ということで木や花やそれに関するものが集められているのですが、

Kappou去年こちらにかかっていた手作りの割烹着が気になって気になって。。(この写真のものです。)大阪の作家の方だということで、去年の時点ではまた関西で出会えるかなと思っていたのですが、結局一年間出会えず。今年はついに買ってしまいました。いきなり着ていますが日常がなんか楽しくなる感じ。いいです。

この割烹着は日々譚というところでつくられているのですが、古着シャツでつくられた一点一点違う作品はみていてとても楽しいです。

ちょうど2/6までは大阪玉造の22家(にこにこや)というところでイベントをされているようで(オープン曜日は金・土・日・祝)、またうまく時間がつくれたらこちらにも行ってみたいものだなぁと思っています。

鳥取市での楽しい時間を終え、いよいよ目的の岩井温泉に向かったのですが、
Bus途中は映画「ファーゴ」なみの一面の雪。とりあえず到着するも、雪で駐車場の手配がつかなく、季節の良い時にまた来よう、ということで帰路についたのでした。

|

« 百万遍手作り市 2011 | Main | 春の足音 »

Comments

22家さんは家から徒歩5分くらいのご近所なんですが、まだお店の中に入ったことがなくて…もし玉造界隈に来られるなら、kotikaze、モハキハ、bayer、そして赤い実コーヒーさんなどがオススメです(あとは空堀商店街のこんぶ土居さんとか)。こちらのガイドマップhttp://bit.ly/ac9NST もよければ参考にしてみてください。

Posted by: おはる | February 02, 2011 at 09:34 AM

おはるさん!おはるさんのコメントすばらしく魅力に満ちてます。とってもいきたくなりました。。が、よくみたら22家さん、あいてるの金~日なんですね。(ブログの記事にも今頃そのこと載せました。)明日しか空き時間がなく、明日行こうかと思って心拍数あげてました。でも、今度の大阪行きのおともに絶対活用します。
なんか買った割烹着はシリアルナンバーいりのはがきがはいっていてそれ送ったらイベント紹介してもらえるみたいだったので、大阪行く機会も増えるかも。。です。

Posted by: ぽん | February 02, 2011 at 08:28 PM

それはとても残念です…!でも、もし空堀・玉造界隈にまたお越しの際は、よければご連絡ください。おすすめご紹介したり、よかったらご案内しますので。。。
それから日々譚さん、ぽんさんに教えていただいてサイトを拝見したら、ちょうど佐渡に関するイベントをされておられてて、コメントを書き込みさせていただいたところ、じつは佐渡在住の知り合い(3月に出る写真集『未来ちゃん』のご一家)とも会われていたことがわかりました。ぽんさんのお陰でいろいろご縁が広がっていきそうです~!

Posted by: おはる | February 02, 2011 at 10:07 PM

日本海側は大雪と聞いていましたがこんなに雪が積もってたのですね。

日々譚の割烹着、前にも紹介されて私も気になって何度もHPを見たりしていました。いい感じ~。ぽんさんに似合いそうですね。

Posted by: masako | February 03, 2011 at 07:41 AM

>おはるさん
教えていただいて「日々譚」さんのコメント欄みにいきました。いい感じですね~。
佐渡のものの紹介もとてもすてきで、私も手に取ってみたりしたいな~と思っていたんです。
からほり、何年か前にアートフェスタされたときに行ってみて、古い町にモダンでかわいいお店がうまく混ざり合ってすてきなところだなと思っていたんです。谷町六丁目の「ひなた」さんとかはその後もリピートして行ったりしたんですが、ほかもいろいろ知りたいんです。また教えてくださいね。

Posted by: ぽん | February 03, 2011 at 10:28 AM

>masakoさん

うんうんmasakoさんが公務の名古屋行きで気を揉んでおられた週末、山陰はやはりすごかったです。行楽中にすべって骨折なんてなったら同情の余地なしなんで気を引き締めてました。
日々譚さんの割烹着、いいですよ。ほんといろいろなのがあって。着やすくて。家にあるシャツとかでも作ってもらえるみたいですよね~。それにも惹かれてます。

Posted by: ぽん | February 03, 2011 at 10:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/50748296

Listed below are links to weblogs that reference 一年ぶりの鳥取:

« 百万遍手作り市 2011 | Main | 春の足音 »