« 堀川通に沿って | Main | 仙台へ »

May 10, 2013

上京日記

GW芝居見物に上京しました。

よく「おうちに帰るまでが遠足です」っていう言葉を使いますが、
20130503_111044
駅弁をあけた時点でもう旅!いつもお気に入りの京都駅南北中央通路で買いました。

Marunouchi東京についた!ってうれしくなる風景
Marunouchi2みなさんの写真で既視感もあれど、やっぱり素晴らしい丸の内

Iwasaki無料ガイドツアーはありがたかったけれど、混んでいた旧岩崎邸。こんでなきゃもっとゆっくり解説がきけたらしい。「あれが天皇陛下が入院されていた東大病院」などおのぼりさん向けの解説に、「中央に来た~」という気分になる。ヨーロッパの宮殿の革の上に金箔という壁紙(金唐革)をまねしたという和紙の技術(金唐紙)に京都出身の先生(上田尚氏)が関係しているとの言葉に京都出身者としてちょっとにんまり。

Toudai京大とはまた趣きの違う東京大学 格式のある雰囲気の建物多し
Yasuda予備校の広告で使っている風景をみたいとこどもにせがまれ・・

Sanshirou三四郎池そばで猫とあいさつ。樹木が大きくてどっしりしている印象。

Manhole赤瀬川原平さん系の本で言及されているのをみたような・・戦前のマンホール 東大

Nedu根津 いい感じの路地
Tubame根津 ツバメブックス フリーマーケット開催中 biscuitというお店がしているらしい
Tubame2ツバメブックス店内 ガーリィ!!東京、楽しすぎます。

|

« 堀川通に沿って | Main | 仙台へ »

Comments

やはり休日は旧岩崎邸、混んでいるんですね。いつか行こうと思いつつ未踏の地。ぽんさんも文中でふれておられる「金唐紙」は超有名。以前この製作実演企画がどこかであったような・・・岩崎邸内だったかな?東大にもいらしたのですね。確か月1ペースで学内ガイドツアーがあった気がします、でもここも未踏地なのです。行きたい地は数あれど、なかなか手、いや足が回りませんbearing

Posted by: かな | May 11, 2013 at 11:47 AM

かなさん 古いガイドだと公開の日が限定されていたり、公開していなかったりするお屋敷も近年みる機会が増えたり、東京はどんどん進化してみどころがいっぱいで、追いきれませんね。金唐紙講座は岩崎邸でやってる情報を私もみました。
東大もガイドツアーあるんですね。詳しい話ききながら回りたいな~私も。

Posted by: ぽん | May 11, 2013 at 10:58 PM

丸の内の写真、ありがとうございます!
私には、初めてでしたので、すごい!と感嘆しました^^

東大、なんか、以外にも、とても自由な校風を感じました。歩いただけですが^^;
ただ、学校の極周辺は、京大の方が充実した感じがしました。
これも、一度歩いただけですが^^;

根津のあたり、一度も行ったことがありません。
谷根千ですか?その辺を
ゆっくり散歩してみたいです。

Posted by: wind | May 15, 2013 at 10:00 PM

丸の内、はじめてでしたか!そりゃよかった。
このすぐそばに kitteという商業施設もできていて、はやしみちこさんもほめておられたのでみにいったのですが、時間的に早すぎてお店があいていませんでした。
http://jptower-kitte.jp/

windさん上京の折にはよかったらのぞいてみてください。

何年か前に上京したとき、いせ辰に行ったのですが、かなり時間をかけてみてしまいました。
http://www.isetatsu.com/

東大近くでは近江屋洋菓子店に行こうかと思ったのですが、まわりきれませんでした。
こちら↓にいい感じで紹介されています。
http://wakimichi2sorete.blog90.fc2.com/blog-entry-220.html

Posted by: ぽん | May 16, 2013 at 10:53 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/57349133

Listed below are links to weblogs that reference 上京日記:

« 堀川通に沿って | Main | 仙台へ »