« 安曇野へ  | Main | 北白川逍遥 »

July 21, 2013

上田へ

松本の息子の下宿から車で上田に行ってみました。
藤森照信さんの「信州の西洋館」(信濃毎日新聞社刊)という本に、よい感じの建物がいくつか紹介されていてみにいきたいなとかねがね思っていたので。

上田の駅前にはまちなかレンタサイクルというものがあり、台数は限られていますが、無料で自転車を貸し出してくれまして、これを利用して市内を回りました。

まずは信州大学繊維学部へ
Shindaimoneisho_2大正初期のものらしい門衛所も
Senikoudou昭和初期のものといわれている講堂も魅力があります。
日曜なので講堂は閉まっていましたが、「信州の西洋館」によると、演台の花置き台には桑葉と蛾と糸が刻まれ、入り口の天井には換気用に繭と蛾が透かし彫りされているらしいです。

次に行ったのは(実は偶然通りかかったのですが)
Uedasanshu上田蚕種協業組合

Sanshukanban_2風格の看板。

しかも、現在でも養蚕農家に種蚕を供給している現役の建物なのです。

Sanshushoumen建物正面の飾り 凝っています。

その後は川口葉子さんのカフェの本で読んでいってみたいと思っていたルヴァンを目指したのですが、ルヴァンにつく前に駅前の大通りに中規模の本屋さんが多いことに感激しました。自分が小さい時の京都の繁華街を思い出し、こういう街いいなあとつくづく思いました。
そのうちの一軒ブックカフェことばや
Bookcafe

開店時間前でしたが、いつかじっくり寄りたくなります。

ルヴァンは、
Revan2

周辺も古い街並みが残っていてよい環境ですし

Revan4あったかい空気が流れる店です。

Revanlunchスープランチ。いろんな意味でかわいらしく中身のつまったお店でした。

Iijimaお店の建物が登録有形文化財のみすゞ飴の飯島商店に寄ったあとはレンタサイクルを返し、車で駅舎のかわいい別所温泉駅に
Bessho

Bessho2

上田電鉄別所線は存続支援サイトもあり、なんだか朝の連続ドラマ「あまちゃん」の北鉄みたいな感じもありとても応援したくなる雰囲気です。


|

« 安曇野へ  | Main | 北白川逍遥 »

Comments

windさん、ご無沙汰しておりました。
盛岡まで若冲に会いにいかれたのですね!
ますます行きたくなりました。福島なら日帰りもできるので行ってこなければ。

ぽんさん、上田もぽんさんの目を通して見るとすごく魅力的に。いつも車で通過してしまうのですよ。なんだか勿体ない気持ちになりました。

ルヴァンには行きました。ベルべデーレが有名でたしかにおいしいのですが、ケチな私はこれなら自分で作れるかもと、ルヴァンの店主さんの本を参考に何回かチャレンジしたりしました。

最近、長野に行くと上諏訪の酒蔵に寄ることが多いです。小さな町に5つの酒蔵があって、商売っ気のない舞姫酒蔵が私のお気に入りです。下戸なのですけど。

また、ぽんさんのココログ日記、楽しみにしています。

Posted by: アルフ | July 22, 2013 at 09:05 AM

仕事でしか訪れたことがない街、上田。残念ながら飯島商店と上田城跡しか行っていません。飯島商店では、りんごジャムで作ったジュースをサービスでいただいたことがありますが美味でした。ジャムラベルがシンプルでその字体も結構好みです。上田城では真田一族を思い出したりしましたが、もっと街全体を堪能できたら良かったなあと思います。

ぽんさんがあげておられる藤森著作は未読なのですが「建築探偵東奔西走」とか好きでした。一番最近(といっても結構前)だと「日本の近代建築(上)」を読みました。新書だけど読み応えがあって(下)は只今積ん読状態。いつか読まなきゃ、です。

Posted by: かな | July 22, 2013 at 11:21 AM

>アルフさん
ベルベデーレ!今検索して、やっとちゃんと理解できました。アルフさん作のもいただいたことありましたね!おいしかった!自分も、おいしいものをマネしてみる段階にあがりたい!そうルヴァンのテイクアウト商品、値段はりますね。
そして上諏訪ですか!またいいところを教えてくださいました。実は昨日片倉館という場所のHPをたまたまみていてちょっと興味を持っていたのですよ。http://www.katakurakan.or.jp/index.php

また、信州のおすすめ教えてくださいね。息子のところいく時ちょっとずつ回れたらなと思います。

Posted by: ぽん | July 23, 2013 at 06:48 AM

>かなさん
飯島商店の接客、本当に行き届いてますよね。ゆっくり安心してお買いものできる感じ。プラスアルファーのものがすごくありますよね。
そうそうあのジャムとかの字体もとってもすてき。
藤森さんの「東奔西走」。持っているかなと思ったら、持っているのは「雨天決行」っていう方でした。でも調べていて、その周辺の図書についてほかの方のブログで刺激を受けたりしてます。新書の方も買った覚えがあって、みてみると、下巻が出てきました。いろいろなデザインの流れがきちんと説明してあるし、これちゃんと読んでおいたらいいんだ!と改めて思いました。ありがとうございます。

Posted by: ぽん | July 23, 2013 at 07:24 AM

今頃のコメント失礼いたします。

アルフさん
盛岡での若冲はぽんさんが教えてくださって
たまたま、盛岡に滞在予定のあった私は、
喜んで伺った次第なのです。
そして、またまた、たまたま
プライスさんご夫妻が美術館のイベントでいっらっしゃっていて
さすがに、それには参加できずにいたのですが
ミュージアムショップの出口にお二人が並んでいらっしゃるではないですか!
サインをいただいたのは、もちろんですが
なんと、お写真まで快く撮らせていただけました。
最後になりましたが、展覧会は若冲だけではなく、ずいぶん楽しめるものでした。。
ご覧になる機会がありますように♪

ぽんさん
上田の紹介ありがとうございました!
上田にはほんと、行ったことなかったです。
そして、知識もなかった。
ルヴァンもことばやも、魅力的。
自分が訪れている姿をイメージトレーニングしています^^
そうそう
別所温泉には行きましたよ。
寅さんの撮影の舞台にもなったとか。
それも、懐かしいですね^^;

信州に深くご縁のある間に
また、いろいろなところ、ご紹介くださいね。
楽しみにしています!

Posted by: wind | August 03, 2013 at 04:29 PM

>windさん プライスコレクション、ほんとによかったね。このあいだもクローズアップ現代にプライスさんでておられたけれど、もう最後になるかも・・という思いでされているみたいだね。
そして、以前は自分がいいと思ったものを一緒にいいと言ってくれる人がまるでいなかったけれどわかちあえる喜びっていうのを語っておられたわ。その気持ちわかるよねー。

別所温泉まで行かれたんだ!結構京都から道のりあるよね。寅さん、調べたら18集ね。またみてみます。
ここで紹介した「蚕種協業組合」も、犬神家のロケに使われたとかでもう一回みましょうか?と思ってます。

Posted by: ぽん | August 07, 2013 at 11:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/57831439

Listed below are links to weblogs that reference 上田へ:

« 安曇野へ  | Main | 北白川逍遥 »