« コトリカフェ | Main | 縁蛸あらためBROGLD »

May 29, 2014

倉敷へ

週末倉敷に行ってきました。
Rodanmonaka駅から美観地区に行くまでの大通りの「ロダン最中」の文字に早くも期待が高まります。好きな感じの和洋折衷のにおい。

午前中、ざっと街並みをみて歩いて
Machinami1

Machinami2

お昼は、

以前掲示板で教えてもらった 江戸切りそば 石泉へ。

Soba


Kamosobaそばの表面をみただけでちゃんとしていることがわかる輝くような冷やした鴨汁そばと

Sannsai山菜の天ぷら。

あたたかいちゃんとした接客と気取り過ぎない内装もとても感じがいいです。麺類にうるさい家人も大満足。いつも行き当たりばったりな行動をしがちで段取りが悪いのですが、この日は開店前からお店に並んだのでスムーズ。食事の終わるころは並んでいるお客さんがいらっしゃいました。

昼からは
やはり倉敷に住んでいた友人からきいていた全国のおいしいものを集めている平翆軒

Heisuiken尾道のえびせん、フィリピンの塩バナナ、山陰の生姜糖、と雑多な買い物をしましたが、どれもとてもおいしいし、ハレの日感を味わえるお店です。

平翆軒の近くは、新しくてユニークなお店もぽつりぽつりと建っていて、美観地区は昭和40年代頃アンノン族やディスカバージャパンなんて言葉がはやった頃にも特集されたであろう感じのお店と、平成の香りのお店がうまくまざっています。
後者に属するであろう二軒。

一軒は蟲文庫(ムシブンコ)という古本メインの書店
Mushibunnko
置いてあった「亀のヒミツ」という本がとてもおもしろかったのですが、家に帰ってからもう一度みると、こちらの店主の方の著書でした。第四章では私もなじみの京都のガケ書房のカメさんの話なども出てくるようで、ますます親近感。


Kamesanショーウィンドウにはカメさん(偶然うつりこんでいたため、本物かどうか確認できてないのですが、家に帰ってから著作を読むとひょっとすると本物だったのかも・・と思い始めています。)入口のサボテンや多肉植物もとてもいい感じです。

もう一軒気になったお店は
Kurashiko「店内で手紙が書けます」と書いてある倉敷クラシカ。通った時まだあいていませんでしたが、ショーウィンドウにあった古い写真はとても興味深かったです。それらに添えてお便りできるようです。

この日はかなり暑くこのあと喫茶。
Kohikanやはり倉敷の友人が昔すすめてくれていた珈琲館に。アイスカフェオレをいただきましたが、シロップを加えなくてもとろりとした甘みがあり素晴らしい。値打ちものです。落ち着いた店内と女性従業員の方の多いまろやかな接客。とてもよかったです。

そのあと、もともとの目的であった倉敷意匠の商品が集まっているアチブランチや、大原美術館へ。これらは私が伝えるより公式ホームページのほうが正確によさが伝わると思います。大原美術館では、特に芹沢銈介が設計したという工芸館がお目当てで、ウッドタイルや、芹沢さんの見本帳が心に残っています。

夕方、商店街を抜けて帰ろうとしたときおいしそうなお店発見。
Kappa3かっぱというとんかつのお店です。ショーウィンドウのこけしや

Kappakabeこぎれいな壁やテーブルの上の民藝っぽさ、また女性メインの清潔感あふれる応対に惹かれ早々に晩御飯。

Kapparyouriとんかつもハンバーグもデミグラスソース味。期待通りのやわらかさ。とても充実していました。あとで調べたらとても人気店のようです。晩御飯には早い時間に入っておいてよかったです。

|

« コトリカフェ | Main | 縁蛸あらためBROGLD »

Comments

魅力にあふれまくった旅紀行をありがとうございます!

どのお店も場所も、いちいちお話ししたい気持ちです。
で、蟲文庫!
最近、また、亀を飼おうか、という話を友人としていたこともあり
「亀のヒミツ」にひかれてクリックしてみると
著者は、田中美穂と。
苔好きな自分は同じ著者の『苔と歩く』を持っているのですが
浄土寺あたりの『田中美穂 植物店』のオーナーさんと同姓同名で、その話をしたことがあり、「よく言われるのですが、別人です」という会話をしたことがありました。
そういえば、その時、倉敷の古書店主とプロフィールにあったこと思い出しました。
またまた、亀とは。ぜひ読んでみたいです。

平翆軒も倉敷クラシカも珈琲館もアチブランチもかっぱもみんな行ってみたいです!
そして、おそばの石泉
掲示板最強ですね。

しかし、ハンバーグ美味しそう過ぎ。
ハンバーグ狂の私に見せてはいけません><

Posted by: wind | May 31, 2014 at 08:37 PM

そうそう田中美穂さん!私も「これは植物店の?」と思いながら手に取ってしまったのでした。windさんは苔の方でもうおなじみかと思いますが、語り口楽しいですね。
苔の方は浅生ハルミンさんがイラスト担当ですね。
ハルミンさんの本も何冊か読んでますが、確かに飄々としていて似た空気が漂っているなとます。
帰ってからカメの本しっかり読み始めていますが、ガケ書房のカメの話がでてきます。ガケ店内にいるって知らなかった!

あと、ブログには載せきれませんでしたが、帽子の専門店とかもいい感じでしたよ。http://www.eritate.com/

windさんも楽しまれると思う。
ハンバーグ、windさんは制限されてるかも・・ですが、卵もオプションでつけてもらえます。卵とハンバーグって組み合わせ、私は最強に好きなんですが、この日は食べだした時間がすごく早く、オプションまでこなす自信がなかったので自粛しました。

Posted by: ぽん | June 01, 2014 at 12:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/59724546

Listed below are links to weblogs that reference 倉敷へ:

« コトリカフェ | Main | 縁蛸あらためBROGLD »