« 銀閣寺 germer | Main | 大原 実光院 »

September 14, 2015

文の里から谷六へ

8月の頭に友人たちとあべのハルカス美術館へ。そのあとゆっくりしたかったので、京阪神エルマガジン社の「かわいい大阪さんぽ」を参考に阿倍野から一駅の文の里のカフェを目指しました。

Poster文の里をゆっくり歩くのははじめてでしたが、ふるい商店街に、えらくかっこいいポスターが商店街に貼られていたりします。電通の若手写真の人が商店街の人と協力してボランティアでされたそう・・地域密着でありながら笑えてセンスのいい作品を楽しめます。

目指したのは
Photomiss evansというお店。

Photo_2落ち着いたオーナーご夫妻による細部まで気持ちの行き届いたお店ですが、全然取り澄ましていなくて居心地がとてもいいのです。ランチに添えられた丁寧に作られた冷たいスープや、デザート好きでよく作る友人も絶賛するデザートづくりのおいしいこと。

Jazzcornerそして、ジャズの趣味。ジャズ系のお店にありがちなダークな雰囲気でなくて、ご夫婦で経営されるとこういう形のジャズもあり?というような新鮮な気持ちになります。

そのあと、四国から来た友人の帰りのバスが来るまで町歩きしましょうと、いろいろありそうな谷町六丁目に繰り出しました。

Tanimachirokuchoumeこの界隈は、古い町並に新しい感覚のお店がうまく溶け込んで歩いていて気持ちがいいです。育てておられる緑の多さもとてもうれしい。

Emoji2こちらの


Emojiエモジは紙ものをたくさん扱っておられるお店。たくさん買い物してしまいました。そして、紙のお便りとかちゃんとしていけるようになりたいなと思いました。


Renおやつに寄ったのはという複合ショップの中のエクチュアというチョコレートショップ。とてもゆっくりできました。チョコレートドリンク、想像していたよりずっとあっさりしていて夏でありがたい。

最後に行ったのは
Charenketu_2チャルカ。2013年11月から谷町六丁目に移転しているようです。東欧の珍しいボタンや文具。生活ちゃんとして衝動買いしたものたちにふさわしい暮らしをするよ!と決意した午後でした。


|

« 銀閣寺 germer | Main | 大原 実光院 »

Comments

天満橋から谷町線を利用することが時々あるこのごろ、「文の里」で一拍おいて「行き」と続く地下鉄のアナウンスが頭の中に流れました。
谷町六丁目は、高校時代の友人宅の最寄駅。
ここ数年、年に一度ですが京都で再会しているところ、今度は、大阪で、と言い合っていたのですが、谷六のステキを、たくさん紹介してくださって、お散歩したくなりました!
なにしおう空堀商店街も少し店舗が減って。。という淋しい話も聞いたのですが、勇気百倍!?
自転車散歩もいいけれど♪
街歩きって、やっぱりいいですね♪♪♪

Posted by: wind | September 14, 2015 at 10:34 PM

谷町六丁目、何年か前は入り口付近に何軒か好きなお店がある、って感じでいつもそこに行ってたのですが、今回は松屋町の方まで歩いて、またいろいろできているんだなあと思いました。夏真っ盛りだったので、松屋町の人形やおもちゃ街のところの花火セットとかも楽しく拝見できました。
記事に載せたLマガジンの雑誌もとてもよかったですよ。京都市の図書館にもあるのでぜひみてみてください!

Posted by: ぽん | September 15, 2015 at 08:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24713/62278850

Listed below are links to weblogs that reference 文の里から谷六へ:

« 銀閣寺 germer | Main | 大原 実光院 »