グルメ・クッキング

March 12, 2017

下鴨 雲心月性

下鴨神社近くの「雲心月性」という家庭料理のお店。
Unshinsoto

その美しい佇まいに、「入ってみたいけれど勇気がいって・・」という声もきかれたり。私もその一員だったのですが、家族が同僚と行って、美味しくてまた行きたいとのことで去年の夏私も初来訪。人柄がしのばれるとてもあたたかい接客が心地よく、先日また東京から来た友人と出かけまして喜んでもらったので、写真は去年の夏撮ったものと今年の三月の頭にいったものが混ざりますが、この機に紹介したいと思います。

Unshinnakaしっかりした木の入り口を入ると落ち着く調度。


Unshinshodana大好きな川上澄夫氏の本なども並べられ、心の中で歓声が。

Unshinkcounter落ち着いたカウンターも私の好きな場所。


Counterhidari季節の花のあしらい方がまた良いです。

いつも複数で行くので、通してもらうその奥の個室がまたゆっくりできて心地よいです。(二名で行ったときも写真手前のテーブルにゆったり座らせてもらいました。)

Koshituunshin

メニューはおまかせコース。(お店のブログには1月のものが紹介されています。こちら。夜は3900円。昼は2900円とのこと。)

とても大切にされていると思うのは季節感あふれる素材。そして、もてなしの気持ち。予約の時苦手なものなどをきいてくださいます。自分たちのためのお料理を工夫して出して頂ける感じでうれしいです。

Harutukidashi先日行ったときは春野菜を湯葉で巻いたものなどで京都らしさを堅苦しくない形で友人に味わってもらえました。


Nikumaki夏にも3月にも出てきたレタス包み。(写真は夏。ブログによると豚とエビのすり身のごま揚げだったと思われます。)

その他、お店のブログに紹介してあるように何品も出てきて、ゆっくりいただけ、とても満足のいくコースで、先日は最後デザートに出てきた柚子のケーキと紅茶の、ケーキのしっとりさ加減に友人が大変喜んでくれました。

和風の民家を改装されているので、お手洗いの通り道から垣間見えるお庭から京都らしい情緒が漂います。

Shimogamojinjya下鴨神社ともほど近く、夏に行ったときは帰りに散歩がてら神社の夜の顔にも出会いました。


場所などはお店のブログのこちらに。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 02, 2015

銀閣寺 germer

Gaikanどこか出かけようとして出かけそびれてしまった7月の連休。景気づけにおいしいパンを頂戴し、よい評判をきいて前から行ってみたかった銀閣寺のgermerというお店で食事しました。

Tanaこちらは、パンのテイクアウトと、パンにあう食事&ワインが飲める場所で、パンがメインのお店。席に着いたら、まずどのパンをいただくか決めます。

すると、
Olive一番良い状態でパンを用意してくださる。調子に乗っていくつものパンを頼みました。オーブンを使って魔法のようにベストの状態でパンを出してくださいます。評判のよいクロワッサンも堪能。

Mooseそして、パンにあう食事たち!このパテのおいしかったこと!味わいながら、ふっと頭に浮かんだのは辰巳芳子さんのお仕事でした。食べる人のことを思って丁寧に作られるお料理。

どれも
Capperini_3色よし

Toumorokoshi飾り付け楽しのお皿の数々。お野菜は京都の名だたるお店にもおろしている和知の農家からのものだそうです。

メニューはこういう感じ。
Menu2


Tennaiお花など店内の飾り付けのセンスも店主さんをあらわしている感じで信頼おける雰囲気。素晴らしかったです。


お昼のランチは13時から予約のみ。値段は相談になっています。(2016年5月にたずねたところ、1800円から2000円くらいというお返事でした。)
夜も何日か前に予約していった方がそれ相応の準備がちゃんとできるのでありがたいとのこと。一人で手抜きなどせずちゃんとしたものを出そうという気持ちのあらわれだというのがしっかりわかって、予約していきたいという気持ちになります。

germerのページはこちら。facebookはこちら

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 19, 2014

縁蛸あらためBROGLD

先日四条烏丸に出かけたとき、お昼時間になってしまったので手軽に食べる場所を物色中


Endako1懐かしい看板を発見。左京区で、ものすごくふんわりとした蛸味焼き(グレードの高いたこ焼きという感じ。明石焼きとも近いけれどあんなに卵卵していない。)やたこの天ぷらなどがおいしくて、よく利用していた縁蛸さんの看板です。街のほうに移転されたことは知っていたけれど、ここだったのか!(綾小路烏丸西入る)


Endakonai一軒目のお店からのお付き合いになる私には、どんどんお店がグレードアップしているのがわかります。でも、丁寧な気持ちは決して失わず、無駄なものは排除してこぎれいにされているのがみてとれて、あたたかい気持ちになります。

ランチは火・水・木曜日の11時半~13時半に開いておられるようで、タイミングがあってよかった!

ランチメニュー
Lunch
セルフサービスのドリンク(コーヒー/紅茶/日本茶)がついています。

私は塩やきそばをいただきました。
Enlunch

前のお店でおいしかった自家製のジンジャービアなども健在。つくづく本物の味を手軽にと心がけておられるのが伝わる気持ちのよいお店です。

お店のページはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2013

北白川逍遥

2017年3月追記 こちらに紹介しました「スコップ&ホー」はオーナーの方がお店を貸されるようになり「ヒトテマ」というお店にかわっています。(食べログページはこちら

「小さな花」もミニコミ誌「ハンケイ500m」の編集部として使われていて喫茶としては使われていない模様です。

とても久しぶりに地元北白川でゆっくりとランチとお茶しましたのでご報告。

ランチに行ったのは
Schop
オーガニック八百屋カフェスコップ・アンド・ホー

Yasai
入り口に並べられたお野菜がとても新鮮で元気でわくわくします。


いただいたのは
Schoplunch
きびたまきつね丼プレート 850円
もちきびを卵代わりに使っているそうです。+200円でコーヒーがつきます。

ランチだけで帰ろうと思ったのですが、カウンターに並んでいるケーキがおいしそうで、デザートも
Schopdesert畑のにんじんケーキ300円。
+200円でケーキにアイスクリームがつくようです。

Schop2HPをみていると、気持ちの良い店内でお料理教室やお習字教室などいろいろなイベントをされているようです。あたたかくて前向きなよい空気を感じるお店でした。

ランチの後しゃべりたりなくてご近所をぶらぶら。。
Chiisana
営業日が割と少ないcafe小さな花の前に。火曜日のこの日は幸いにも営業されていました。(火曜日~金曜日の営業)

Chiisana2ほんとにおうちカフェという感じのゆったりした空気。たくさんの本に囲まれて、靴をぬいでゆっくりできる空間。友人とわたしをそっとしておいてくださる居心地の良さ。300円の紅茶でずいぶんゆったりさせてもらいました。

Chiisana3中からの風景もとてもいいです。秋から冬にかけての午後のゆっくりあったまりたくなるような空気でいっぱい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2010

上賀茂御料理秋山

Aki1行かれた方々から絶賛の声をきく盤石なお店、上賀茂秋山に家族の記念日に出かけました。古くしっかりした民家を改装され北山駅から大田神社方角に行く途中にたたずむお店は、本当に隠れ家的情緒に満ちています。(夜なので真っ暗)

時間になって門からお店に導かれ、囲炉裏のあるウェイティングルームに通されます。(写真は食事が終わってからもう一度、抹茶とデザートをいただきにはいった時のもの)
Aki2

ゆず茶をいただきながら奥のカウンターに通されるまでを待つのですが、常連のお客さんが挨拶しながらはいってこられ、少し談笑したりしました。珍しい雰囲気だなと思ったのですが、お店に通され食事が出されるとき、秋山さんが仕事へのきりっとしたものを残しながらも親しみやすい口調で解説され、お客さんを一品一品ちゃんと向き合いながらもてなしてくださっている感じがとてもして、こういう空気をもつお店だからお客さんたちもなごやかに語り合う流れができていくんだなと思いました。

Chicchainaまず一品目。写真にあの美しさが再現できないのが残念ですが、どの料理も細かい細工と色のコントラストが美しく、少量を丁寧に出される感じ、日々の中で見習いたくなりました。下の方には大原の「ちっちゃい菜」という、白菜の小型版のようなものが使われているそうで、実は白菜の大きさにいつも閉口している自分にはためしてみたくなるものでした。

Aki4目の前で次々と食材が炭火で調理されます。カウンターということでちょっと緊張したりもしたのですが、きびきびした料理人の方々の手さばきをみながら店の方や他のお客さんとも徐々に打ち解けていく雰囲気は普段めったに味わうことのできない楽しさがありました。

Aki5マネしてみたいと思ったのは、しめさばをすぐきでちょっとあえたもの(写真左)。夏にTVで、メンマとプチトマトを合えたお弁当の話を見て以来、いろいろなものをメンマとあえて割合家族の評判がよかったのですが、なるほど、メンマにかかわらず発酵食品をそれだけでとるのでなく、ちょこっと違うものとあえるとなんとも複雑な味になってよろしい!ととてもヒントになりました。

またおつくりの中にはさっとあぶって供されたものや、塩でいただくものなどもあり、味わうだけでなく教えてもらう、という感じが楽しかったです。

Kakiこちらの牡蠣はお味噌であえたような風味(ちゃんとメモとっていないものでこんな書き方・・)のグリーンのソースにつけていただくのですが、お皿がV字型にカットされていて、ソースがつけやすくなっています。家にいて料理していると同じ発想の中をぐるぐるまわっている感じですが、外にいく楽しさってこういうヒントの発見にあるなと思いました。

Sukiyaki他何品もあるのですが、割愛させてもらって、最後にこちらの名物の釜で炊いたごはんを載せておきます。まっしろにつやつやと炊けています。小さなすきやきと一緒にしめでいただくのですが、卵かけご飯のおかわりも可能で、軽くあぶったお煎餅のできたてを思わすような、絶妙な仕上がりの香ばしいおこげものせてもらったりもします。このおこげのために・・というお客さんもいらっしゃいました。

Aki3ウェイティングルームからカウンターに向かう通路に飾られた、クリスマスもお正月も思わすような和風のしつらいも、工夫でもてなす気配が感じられ、この日出会ったいろいろな人とともに一期一会という言葉を実感した夜でした。

関連ランキング:懐石・会席料理 | 北山駅

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2010

リンデンバーム

半年くらい前から熊野神社あたりを自転車で通るとき、気になっていたお店に先日入ってみました。
Lindenお菓子屋さん?それともおしゃれな御惣菜屋さん?と思って入ったら、自家製ハムとソーセージの店でして、居並ぶいろいろな種類のハムやソーセージ。そしてハムやソーセージにあう種々のサラダやシュクルート、小さなグラタンなども売られ、ほんとの意味でのデリカテッセンという感じ。

ソーセージの詰め合わせを買ったのですが、当たり前ですが、スーパーでパックで売られているソーセージとは全然風味が違い、中がもうまろやかでやわらかで驚くほどジュシ―。なんか家族がこっちに慣れてしまうと元にもどれないあやういおいしさでした。

そして他にはにんじんのサラダとシュクルートをテイクアウト。シュクルートの本格的な酸味と、人参のサラダにうまくあっている甘夏のような柑橘類の味で、文字通りしゃきっとしますし、一日の疲れが出てるところに雨にあたって風邪のひきかけ、みたいな状態のときだったのですが、食べた後回復してきたのです。酸味が人のからだにいいとはきいていたけれど、この日はくっきりと体感しました。

お店の名前はリンデンバウム。寺町今出川に以前あったレストランと同じ名前だなと思っていたら、あちらの店を閉店されこちらで営業されているようです。ブログによると、ランチパックも売られているよう・・私を元気にしてくれたにんじんのサラダも写っています。珍しい飲み物なども並べてあってこれからいろいろ試してみたいなと思っているところです。

お店のHPはこちら

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 16, 2009

cafe dining near

*2015年7月追記 こちらの記事のnearは閉店しました。

飛鳥井町周辺にこういうところができたらいいなぁ・・と思っていたようなお店が出現しました。
Near1cafe dining near.京ちゃばなというお好み焼き屋さんの横の階段を下がっていくとあります。

Near5私が各エリアに一つずつほしいな、と思っているのは、いい感じの本が並んでいてゆっくりできるお店。nearはまさにそういうお店で、京都関連の興味深い本や、寺山修司が訳した本、新宿ゴールデン街の本、自分の好みのタイプのコミックなど、いろいろ読んでいってみたいな~という気になるものでした。

Near3わたしが頼んだのはサラダとスープ、ドリンクつきで900円のランチ。鶏のかきあげが香ばしくてとてもおいしかったです。

Near2壁面展覧会みたいなことをされているのも好きな感じだし、

Near4なにより感激したのはお店のホスピタリティ。冷えたおしぼりを渡して下さる動作はとても心がこもっていて気持ちがよかったし、またお手洗いに揃ったアメニティグッズに、こまやかな心配りを感じ、とっても肩入れしたくなりました。

お店のブログはこちら。手づくりでいろいろされている雰囲気もすてきだし、ちょこちょこ利用してみたいなと思えるお店でした。半分くらい読んでとっても楽しかった南Q太さんの「地下鉄の風に吹かれて」は、あえて途中でとめ、また続きを読みに行こう、っていう気でいます。無理やり結論を出さない感じがとてもいい短編集です。


| | Comments (8) | TrackBack (0)

June 10, 2009

かぜのね

先日出町柳であったフリーマーケットのことを記事にしたとき、コメント欄で出町柳駅前がかわりつつあることを教えて頂いたのですが、その変化のひとつ、5月にカフェがオープンした「かぜのね」という場所に行ってみました。コメント欄でも話題になっていたのですが、柳月堂の東隣にあった珉珉がなくなって、これまた違うカフェになり、その東側の露地(ここに足を踏み入れるのもはじめてでした。)を南に少し下っていったところに、この「かぜのね」ができたのです。

Kazenone入口はこんな感じ。ネコの散歩道のようなほんとに狭い路地に面しているので、自転車は店の前にとめられません。近くにある駐輪場にとめると、50円キャッシュバックがあります。←いい考えだと思います。

Kaze3お店の中はこんな感じ。入口に向かってすわっていると、緑がたくさんみえてとても居心地がいいです。家具にも、きているお客さんにも、お店の方にも静かでゆったりした空気が流れていてすごく落ち着きます。

Kaze2この日のお昼の定食は、マーボー豆腐か蒸し鶏のサラダのどちらか一品とおそうざい2品、麦ごはんのセットで850円。
Kazenone4自分は、マーボー豆腐、友人は蒸し鶏のサラダを頼みわけっこ。

Kazenone3おそうざいも二人で4品、自由にわけてくださいと出てきました。学生さんのお客さんも割合いらっしゃましたが、不足しがちなお野菜がおいしくとれてよさそう!ごはんも普通盛り、大盛り、少なめ、などのリクエストができありがたいです。

友人と久しぶりにゆっくりゆっくり語り合って、珈琲も注文。これもとても香ばしくて飲みやすかったです。またお水がなぜかとてもマイルドでおいしくて・・今度なにか工夫があるのかきいてみたいです。

雰囲気、味ともに、とっても気にいって、出町柳にちょっと時間ができたときの拠点ができてとてもうれしい気分になったのでした。夜はお酒も出るみたいです。いただいた感じのおそうざいとちびちびやったら楽しそう・・HPはこちら

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 08, 2009

うれしい出会い

ふらふらっと今日家の近所の高原通を歩いておりましたら

200905081752000新店舗発見!

どうもお菓子とパンの店のよう。中から出てこられたオーナーシェフをみてびっくり。ご近所でパンやケーキの教室をされていて、かねてからその腕前に感心、ぜひ販売してほしい、と願っていた全 美乃さんが念願のお店を出され、今日がオープン日だったのです。

検索したらブログも作っておられ、今日明日は、コンテストで優勝されたガレットデロアを記念にカット売りされるそうです。(本来は新年のケーキで、ホールで味わうもの。)
普段の営業は土、日の11:00~17:00、平日は予約販売のみだそうですが、予約リストにあがっている食パン、生ケーキ、焼き菓子の名前をみていたらたくさん注文したくなっています。

オーナーの経歴などの書いてあるページはこちら。

ブログによると、百万遍手作り市にも抽選に当たった時は出しておられるようだし、銀閣寺交差点から今出川をちょっと西に行った南側にできたユニバースコーヒーにもお菓子をおいておられるらしいです。「La Pensee(ラ・パンセ)」という名前をみつけたらぜひ買ってみてください!本当においしいですよ!

あ・・そうそう本日できた高原通のお店は叡山電車茶山駅近くのローソンの向いあたりです。あのあたりもどんどんお店ができるとうれしいな・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 05, 2009

春の探偵

あったかくなってきました。かけもちで自分を圧迫していた仕事も古い方がやっと終わり、人間らしい暮らしがややできるようになってきました。で、ここをごぶさたしていた間に体験していたことをご報告します。

元田中で一見普通な感じでおばちゃんが営業されていた「三茶」という喫茶店、実は内装とかものすごく凝っていて、営業が終わった時はほんと残念に思っていたのですが、ちょっと前、林海象監督によって「探偵」という名前のバーになって復活しました。

Tantei2こんな感じ。

看板もインパクト強いし、バーだとなかなか利用できないな、と思っていたところ、今年になって喫茶部も開店。いちはやくいってこられたwindさんの報告に刺激され、私も2月にモーニング体験。

Tantei7500円という廉価でこの豪華さ。パンも厚くてふかふか。その日もう一度つきあってくださったwindさんの珈琲のみで400円を申し訳なく思うほどでした。

Tanntei6
Tantei4お店内部の凝った雰囲気はそのまま。windさんの最初の報告通り居心地のいい場所でした。

そして、時は過ぎ、「探偵」のブログをみていると、幻のメニューだったというホットドッグとカレーが復活したとのこと。だいたい喫茶店に行くのは昼食をからませがちな私に朗報です。

暮らしに余裕ができたうれしさをここで実感しようと、さっそく体験に。

Tantei1いつの間にやら若葉がとてもきれいな季節になっていました。

Tantei5ホットドッグは大判サイズで、なるほど探偵の食べ物って感じです。(わしわしと乱暴に食べる感じ。カレーも然りですね。)

Cha_3そして、探偵の食べ物が載っていたお皿にはwindさんの報告に載っている三本線の中に「茶」の字!

Tantei3遊び心は豊富で、林海象監督ならではの楽しい企画がいろいろあるけれど、それにおぼれていない、ごくごく地に足付いた喫茶店としての利用ができるいいお店であることを私はとってもうれしく思いました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧