趣味

June 03, 2004

全国和紙展

大阪、近鉄上本町店9階催会場で今日から9日(水)まで開催される全国和紙展にでかけてみました。(最終日は5時閉場。)

もともとは、阿波和紙のAwagami Factory というところから案内をいただき、前から好きな黒谷和紙なども出るのでみにいったのですが、それらの展示もよかったのですが、やはりはじめて出会う和紙の数々に目を奪われました。

一番はじめにひかれたのは、掲示板で、民藝の話をしていた時に教えてもらった芹沢銈介さんの型染めカレンダーをつくっている富山の八尾和紙。2005年の芹沢さんのカレンダーも出ていました。手刷りのカレンダーは確かに値段もはるけれど、額に飾ったらいいだろうな、と思わせますし、あこがれの品です。2004年のものがこちらの、銀座のたくみというお店のサイトに載っていました。(トップページはこちらです。)
芹沢さんのカレンダーはちょっと衝動買いできなかったのですが、かわりに買ったのが
Little一筆箋よりはひとまわり大きな「リトル・レター 一言箋」という品。ネーミングと、デザインにぐっときてしまいました。

次に心ひかれたのは
Yokono岡山の横野和紙。美しい光沢と野性味のある素材が特色とパンフレットにも書かれていたのですが、ちょっとあらけずりな感じが魅力の和紙です。ベンガラという渋い赤をした紙もとってもかっこいい!(ベンガラはこちら。)

美濃和紙のコーナーも、手漉き和紙に植物をはさみこんだような奥ゆかしいものもあれば、こんなモダンデザインのものもありました。
Mino古川紙工さんというところの品だったようです。

あと、海草をおりこんだ伊勢和紙も珍しくもかわいらしく、今日だけでもずいぶんたくさんの和紙に出会いました。ネットでいろいろ物色するのも楽しいですが、やっぱり現物に接してみてそれぞれの手触りの違いを体感できるのもこういう展覧会のありがたさですね。。知らなかったところばかりでなく、すでに今までに買い物をしたこともある東京の菊寿堂いせ辰なども、何度みても新鮮ですし、今日もちょこちょこ買い物してしまいました。買いはしなかったのですが、和風モビールなどもとってもひかれるものがありました。かわいらしいんですもの!

そうそう余談ですが、今日この日記を書くために芹沢銈介さんのことを調べていたら、お弟子さんとして柚木沙弥郎さんのお名前がヒットしました。前にデザインにひかれて衝動買いした海月書林のhtml">「いろは」という雑誌でとりあげられていた方だったことも判明。ばらばらに気になっていた方がつながっていくのって楽しいですね!柚木さんのオフィシャルサイトはこちら

| | Comments (8) | TrackBack (1)