京都

April 02, 2017

その後の白川通界隈

2017/6追記 記事に出てくる「りぃぼんはなれ」は、疏水べりのフレンチレストランリーボンの隣に引っ越しました。開店当初きいたところホットドッグはやってないとのこと。

今年は都をどりが私の地元白川通に面した京都造形芸術大学で開催され地元スーパーまで普段にない賑わいをみせています。

ずい分前にホームページで紹介したことのある駱駝おおきに屋はもちろん胸をはっておすすめできますが、その後もいつか紹介したいと思いながらまとめないままになっているお店もあるのでこの機に載せてみます。

まず白川通に面したお惣菜持ち帰りの店りいぼんはなれ
Reabonhanare

先日スーパーでも感じたのですが、どうも最近食事なしの宿でご飯を自己調達されている方々も多いように思います。こちらは、疏水べりのレストランリーボンの経営。

Reabonsalad
ハンバーグのお弁当なども評判がいいですし、私が特に好きなのはポテトサラダとホットドッグ。ジャガイモに一手間かけておられるポテトサラダの香ばしい事。そしてホットドッグのかりっとした風合い。

りいぼんはなれの看板を目印にすぐ南の路地を東にはいったところにあるのが
Ekubosotoエクボ食堂
こちらは長年地元に住んでいる人間でも教えてもらうまで見落としていたお店です。アパートの一室?のような入り口を入ると
Ekubonakaあたたかい店内。テーブル席もあります。

そして出てくるのは生姜焼き定食やとんかつ、ハンバーグの定食など気取らなくて安心していただけるメニュー。
Ekubosalad
それがこざっぱりした、でも実質的な雰囲気で出てきて価格的にも安心し(800円だとかだいたい1000円未満)ゆっくり食事がいただけます。

エクボ食堂の食べログのページはこちらです。

もう一軒、以前「スコップ&ホー」といってお野菜や食事を出していたお店が「ヒトテマ」というお店にかわりました。

Hitotemasoto

夙川の味、コンセプト共に素晴らしいパンのお店ameen's ovenで働いておられた方がこちらのお店をされているとのこと。

Hiottemaameen店内にはameen's ovenさんが記念に作られたパンも飾ってあります。(写真左下)(ただしお店で出されるパンはameen'sのではなく、これまた評判の京都のパン屋さんのものとのこと。←きいてから日にちがたっているのでぼやかしています。)

Hitotemanaka清潔な店内でいただくのは、

Hitotemamenu二つの定食のどちらかで、1100円でした。

Hitotemashokuji1ごはんは京都亀岡の無農薬米

Hitotema2

ほかにケーキセットやスープとパンのセットもあるそうです。テーブル席もあります。

食べログのページはこちら

そして、もう一つうれしいニュースが。
以前白川通のライフというスーパーのすぐそばにあり、ゆったりした環境で熟練した手際の定食が大変おいしかった万朶花というお店、気がついたら急に閉店していて寂しく思っていたのですが、白川通の北白川郵便局の隣で万朶花食堂という名前で再開されました。

Bandanohana


営業時間についてはこちらに。また行くのが楽しみです。


今回は紹介しそびれていた白川通のカジュアルなお店中心の話題となりましたが、都をどりに行かれるならしだれ桜の美しい銀月アパートメントやその向かいの、梅棹忠夫さんのお住まいをギャラリーにされているrondokreanto、そしてすぐそばの疏水べりの桜もぜひ一緒に味わっていただくといいと思います。そして、そこまで足を延ばすならその続きでお惣菜の時に名前を挙げたレストランリーボンやビストロ銀なども本当にゆっくりした時間を味わえる場所だと思いますのでそちらもどうぞ参考に。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 12, 2017

下鴨 雲心月性

下鴨神社近くの「雲心月性」という家庭料理のお店。
Unshinsoto

その美しい佇まいに、「入ってみたいけれど勇気がいって・・」という声もきかれたり。私もその一員だったのですが、家族が同僚と行って、美味しくてまた行きたいとのことで去年の夏私も初来訪。人柄がしのばれるとてもあたたかい接客が心地よく、先日また東京から来た友人と出かけまして喜んでもらったので、写真は去年の夏撮ったものと今年の三月の頭にいったものが混ざりますが、この機に紹介したいと思います。

Unshinnakaしっかりした木の入り口を入ると落ち着く調度。


Unshinshodana大好きな川上澄夫氏の本なども並べられ、心の中で歓声が。

Unshinkcounter落ち着いたカウンターも私の好きな場所。


Counterhidari季節の花のあしらい方がまた良いです。

いつも複数で行くので、通してもらうその奥の個室がまたゆっくりできて心地よいです。(二名で行ったときも写真手前のテーブルにゆったり座らせてもらいました。)

Koshituunshin

メニューはおまかせコース。(お店のブログには1月のものが紹介されています。こちら。夜は3900円。昼は2900円とのこと。)

とても大切にされていると思うのは季節感あふれる素材。そして、もてなしの気持ち。予約の時苦手なものなどをきいてくださいます。自分たちのためのお料理を工夫して出して頂ける感じでうれしいです。

Harutukidashi先日行ったときは春野菜を湯葉で巻いたものなどで京都らしさを堅苦しくない形で友人に味わってもらえました。


Nikumaki夏にも3月にも出てきたレタス包み。(写真は夏。ブログによると豚とエビのすり身のごま揚げだったと思われます。)

その他、お店のブログに紹介してあるように何品も出てきて、ゆっくりいただけ、とても満足のいくコースで、先日は最後デザートに出てきた柚子のケーキと紅茶の、ケーキのしっとりさ加減に友人が大変喜んでくれました。

和風の民家を改装されているので、お手洗いの通り道から垣間見えるお庭から京都らしい情緒が漂います。

Shimogamojinjya下鴨神社ともほど近く、夏に行ったときは帰りに散歩がてら神社の夜の顔にも出会いました。


場所などはお店のブログのこちらに。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 21, 2016

大原 実光院

大原の実光院というお寺の近くに住んで、季節季節の花の写真を撮ってきてはブログに載せておられる知人がいるのですが、毎週のように絶えることなく花が紹介されており、これは一度行ってみなければ・・と長年思っていたのを先週末実行しました。

Photo実光院は有名な三千院のすぐそば。京都バスの大原駅で降りて紫蘇畑やもみじに囲まれたお土産屋さんの通路をどんどん登っていくと静かに佇んでいます。

Photo_2今はちょうど「平家物語」の冒頭に出てくる沙羅双樹、ナツツバキが咲いています。ナツツバキは朝に開花して夕方には落花してしまうらしく無常の象徴とされているようですが、お釈迦様の入滅の時におられたのはサラソウジュという別の樹木の下だったようです。

Photo_6池にはコウホネという花

Photo_8ハンゲショウ

Photo_7モリアオガエルの巣

Photo_5そして、蛙の姿。

庭をぐるっと回ると、
Photo_9ホタルブクロや

Photo_11ニワアジサイ


Photo_12キイチゴのような実などがとてもさりげなく植わっていて手入れが行き届いているのだけど、造園造園した感じがなくてとても心地が良いです。

本堂にはお地蔵さまと不動明王、毘沙門天が安置されていますが、そのお姿、色彩なども美しく、(実光院略縁起のページ参照)拝見する時間が楽しく、来た時帰る時二度前に座らせてもらいました。

大原まで来たので
Photo_13三千院にも立ち寄りました。

Photo_14あじさい苑は花盛り

訪れた6月18日は市内の気温は30度を超えていましたが、標高の高い大原は日陰やお堂の中に入るととても涼しく、避暑にも適しているなと思いました。

実光院のページはこちらtwitterinstagramでもその時々の花が確認できます。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

August 02, 2015

銀閣寺 germer

Gaikanどこか出かけようとして出かけそびれてしまった7月の連休。景気づけにおいしいパンを頂戴し、よい評判をきいて前から行ってみたかった銀閣寺のgermerというお店で食事しました。

Tanaこちらは、パンのテイクアウトと、パンにあう食事&ワインが飲める場所で、パンがメインのお店。席に着いたら、まずどのパンをいただくか決めます。

すると、
Olive一番良い状態でパンを用意してくださる。調子に乗っていくつものパンを頼みました。オーブンを使って魔法のようにベストの状態でパンを出してくださいます。評判のよいクロワッサンも堪能。

Mooseそして、パンにあう食事たち!このパテのおいしかったこと!味わいながら、ふっと頭に浮かんだのは辰巳芳子さんのお仕事でした。食べる人のことを思って丁寧に作られるお料理。

どれも
Capperini_3色よし

Toumorokoshi飾り付け楽しのお皿の数々。お野菜は京都の名だたるお店にもおろしている和知の農家からのものだそうです。

メニューはこういう感じ。
Menu2


Tennaiお花など店内の飾り付けのセンスも店主さんをあらわしている感じで信頼おける雰囲気。素晴らしかったです。


お昼のランチは13時から予約のみ。値段は相談になっています。(2016年5月にたずねたところ、1800円から2000円くらいというお返事でした。)
夜も何日か前に予約していった方がそれ相応の準備がちゃんとできるのでありがたいとのこと。一人で手抜きなどせずちゃんとしたものを出そうという気持ちのあらわれだというのがしっかりわかって、予約していきたいという気持ちになります。

germerのページはこちら。facebookはこちら

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 19, 2015

出町でゆっくり

Rororogenkan_2今日は以前からよい評判をきいて行きたかったのですが、予約なしでは入れなかった出町ろろろを予約。やっと中に入れました。玄関で靴を脱いで入ります。外は寒い雨まじりでしたが、店主さんを囲む形の清潔なカウンターであたたかいおしぼりとお茶を出してもらい一気にぬくもります。

Rororoheya_2カウンター以外の席もくつろげる感じ。

いただいたのは、
Rororokondate_2お昼のろろろ弁当 1080円

Rororo1一段目は八品の野菜がさまざまな形で登場

名刺によると、大原の有機野菜を中心に使っておられるそう。
私が好きだったのは赤カブのおつけものとほうれんそうをのりで和えたもの。シンプルなお料理ほど実力が出そうです。

Rororo2二段目は釜で炊いたごはん(おこげ付き)とてんぷらとふっくらあたたかい出し巻き卵 そしてお味噌汁がつきます。

Rororomado_2窓からは出町の商店街に通じる道がみえ、落ち着くけれど活気のある感じが魅力です。

おいしそうなお酒も並んでいて、今度は夜の営業時間にも行ってみたいなと思いました。

食事のあとは、ろろろのお隣のビルのkitocafeへ。

Rororotonari2


Rororotonariあたたかくてゆっくりできるよい空間。京都のほかの場所でも感じるのですが、よいお店が有形無形の吸引力となって別のよいお店が集まってきて町を形成する・・というような好ましい流れを感じました。
いただいたジンジャーティー、からだがぬくもりました。

kitocafeのブログはこちら

| | Comments (16) | TrackBack (0)

September 27, 2014

【カフェ】ペチカ

古川町商店街をちょっと東に入った、移転前の六花や喫茶cafeっさがあった場所に


Kanbanまた素敵なお店ペチカができました。古川町商店街からの曲がり角にある看板。


Iriguchi


Counter

もともとあるあの建物の良いところをそのまま活かしているけれど、やっぱりペチカさんはペチカさんの、しゃんとした個性が感じられて気持ちがいいです。


Lunch850円のランチがものすごくおいしかった!味にキレがあるし、体にもよさそうな献立。

Bubun部屋のあちこちが今のオーナーのセンスになっていてとってもいい感じ。


Madonosoto窓からみえる景色の落ち着く感じは歴代そのまま。知恩院方面行った時は必ず寄って一服しよう!

お店のページはこちら

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 19, 2014

縁蛸あらためBROGLD

先日四条烏丸に出かけたとき、お昼時間になってしまったので手軽に食べる場所を物色中


Endako1懐かしい看板を発見。左京区で、ものすごくふんわりとした蛸味焼き(グレードの高いたこ焼きという感じ。明石焼きとも近いけれどあんなに卵卵していない。)やたこの天ぷらなどがおいしくて、よく利用していた縁蛸さんの看板です。街のほうに移転されたことは知っていたけれど、ここだったのか!(綾小路烏丸西入る)


Endakonai一軒目のお店からのお付き合いになる私には、どんどんお店がグレードアップしているのがわかります。でも、丁寧な気持ちは決して失わず、無駄なものは排除してこぎれいにされているのがみてとれて、あたたかい気持ちになります。

ランチは火・水・木曜日の11時半~13時半に開いておられるようで、タイミングがあってよかった!

ランチメニュー
Lunch
セルフサービスのドリンク(コーヒー/紅茶/日本茶)がついています。

私は塩やきそばをいただきました。
Enlunch

前のお店でおいしかった自家製のジンジャービアなども健在。つくづく本物の味を手軽にと心がけておられるのが伝わる気持ちのよいお店です。

お店のページはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2014

コトリカフェ

行ってから二か月もたってしまったのですが、すてきな場所をたくさん知っている京都の友人に教えてもらって御幸町御池上がるのコトリカフェというお店に行きました。

場所は

Bashoこんなかわいい目印のあるビルの5階

Misesaki_2おひるごはんは一種類。
からだにいい取り合わせの和食2~3品と土鍋でたいたご飯、みそしる、おつけもの、デザートがついて1000円。


Kotori名前のとおり小鳥さんもお迎え。


Naibu

Table


静かなおとなのゆっくりした時間、仕事をしている人も家事をしている人もここで一服現実を忘れて気持ち良くなって帰ってもらう、そういう気持ちが徹底しているお店でした。写真もほかのお客様のいらっしゃらないときにという添え書きがありましたし、お手洗いもアメニティグッズがきれいにそろっている様子から、来られる方へのもてなしの気持ちが感じられました。

朝ごはんにも定評があるようです。置いてある本や雑誌もとても趣味がよく、街中で時間があいてしまったときに積極的に行きたくなるお店でした。

詳しい情報はお店のブログでどうぞ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 05, 2013

北白川逍遥

2017年3月追記 こちらに紹介しました「スコップ&ホー」はオーナーの方がお店を貸されるようになり「ヒトテマ」というお店にかわっています。(食べログページはこちら

「小さな花」もミニコミ誌「ハンケイ500m」の編集部として使われていて喫茶としては使われていない模様です。

とても久しぶりに地元北白川でゆっくりとランチとお茶しましたのでご報告。

ランチに行ったのは
Schop
オーガニック八百屋カフェスコップ・アンド・ホー

Yasai
入り口に並べられたお野菜がとても新鮮で元気でわくわくします。


いただいたのは
Schoplunch
きびたまきつね丼プレート 850円
もちきびを卵代わりに使っているそうです。+200円でコーヒーがつきます。

ランチだけで帰ろうと思ったのですが、カウンターに並んでいるケーキがおいしそうで、デザートも
Schopdesert畑のにんじんケーキ300円。
+200円でケーキにアイスクリームがつくようです。

Schop2HPをみていると、気持ちの良い店内でお料理教室やお習字教室などいろいろなイベントをされているようです。あたたかくて前向きなよい空気を感じるお店でした。

ランチの後しゃべりたりなくてご近所をぶらぶら。。
Chiisana
営業日が割と少ないcafe小さな花の前に。火曜日のこの日は幸いにも営業されていました。(火曜日~金曜日の営業)

Chiisana2ほんとにおうちカフェという感じのゆったりした空気。たくさんの本に囲まれて、靴をぬいでゆっくりできる空間。友人とわたしをそっとしておいてくださる居心地の良さ。300円の紅茶でずいぶんゆったりさせてもらいました。

Chiisana3中からの風景もとてもいいです。秋から冬にかけての午後のゆっくりあったまりたくなるような空気でいっぱい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2013

下鴨

Shimogamojin下鴨神社は歴史のある大きな緑に囲まれ、いついっても涼しげで心の落ち着く場所。

周辺にはいい感じのお店もいろいろあります。以前記事にしたことのあるヴェルディもですし、最近ではナカガワ小麦店、そして、春に行ってとてもよかったのが下鴨デリ

Deli3良い素材を使ったおそうざいが並んでいて、テイクアウトもできれば

Deli2落ち着く店内でそれをいただくこともできます。(何品か選べる)

その日私が選んだのはこんな感じ。
Deli1
土曜のお昼前、ブランチ兼ねたお客さんでゆるやかな雰囲気でした。

帰り下鴨神社に寄ると、
Shimogamo森の手作り市というものが開催されていました。とにかく通路が広くて、大きな木の下なので、百万遍とは違ったゆっくりした空気が流れています。そして出展されているものがものすごく自分好みの、おとなも持てるガーリーといいますかそういう系列のものが多かったのです。とてもいいです。

森の手作り市、次回は7/6-7にかけて開催されるようです。公式サイトはこちら
下鴨、神社から北にずんと行った、洛北高校前にはとってもかわいらしく、そしてお若いのに熟練したお味の
Collettecoletteという焼き菓子のお店もあります。営業日が限られていますが、わざわざたずねていく価値あり。

下鴨は自転車でぶらぶらするのにとてもいい場所です。

*参考・・・・以前遭遇した下鴨神社のこいのぼり飾りの記事はこちらです。今回とほぼ同じような写真を載せていました。(^-^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧